Category Archive: プレーパーク

あらかわ遊園でなにぬの屋してきました!

毎年、10月1日に行っていた とうきょうプレイデー

子どもの遊び環境を考えよう!子どもの 遊ぶ を祝おう!というキャンペーンなので

今年は、10月1日~7日までの期間、何かしらアクションする。という事になりました!

 

とはいっても、私が毎年出きることは、布芝居をする事

そして、投げ銭の代わりに、プレイデーの趣旨をちょっと紹介する事

(ヘブンアーティストなので、投げ銭は頂けばよかったのですが、まぁ、説明が長くなってしまうので)

 

最初は、数人集まったら、短いお話をやる。それを何回かやったのですが。

西陽が強すぎない場所へ移動してからは、皿回しやらお手玉を出して、遊び場にしてしまいました!思った以上に人が集まり、そこで紙芝居(布芝居)をやりました。それが終わっても、ほとんどが、残って遊んで行きました。

 

だいたいは、あらかわ遊園帰りの親子でしたが、中には子ども一人で来た、近所の子どもも。また来る?次いつ来る?

こんな聞かれ方をすると、必ずまた来たくなってしまうので、(今その派生で福島県在住になったとも言える。)あやふやにしか答えられなかったけど、

1年後もあらかわ遊園に行こう、そう思っています。次いつ来る?と聞いてくれた子どもとまた会えるかはわからないけど。

 

 

2018
04/30

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

駒沢はらっぱプレーパーク30周年!

昨日は、駒沢はらっぱプレーパークの30周年!

私はたった2年間のプレーリーダーとしての関わりでしたが、それでももちろんいち参加者として、また
歴代プレーワーカーや世話人さんなどと30年分振り返るリレートークの司会として参加してきました。その場に来てくれた人も、来られなかった人にも!思いを込められるように、と意気込んだけど。年表の読み込みが真っ白になり1時間パニクった(>_<)
でも、はらっぱという土地を貸して頂く交渉をした話から、今現在のプレーワーカーまでつながって嬉しい!そして自分が生まれてない頃の話とかまったくピンと来てない今の子どもがきゃっきゃと遊んでる声がよかった!
今日、通りかかったら、片付けと世話人会議している姿お疲れ様です。そしてやっぱり泥々になってきゃっきゃと遊ぶ声!がいいね~‼日本全国、子どもの遊ぶ声が響きますように!
ほんと、これからもよろしくね、私の古巣!

2018
04/12

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

家に 桜の木…

東京での仕事の時は、神奈川の実家から通い、

他は旅公演の時もあるが、自宅の郡山のアパートで、なにぬの屋の作り物や稽古をする。そんな過ごし方の、私は。得するのは

 

東北道を北上するため、満開の桜を二度楽しめちゃう!こと。

 

それが。今年は

劇団そらで使った、桜の木!の作り物をすぐにバラすのは勿体無いと

車に乗せて運んで来たので、

 

家で、三度目のお花見!(笑)

 

近所の子どもが、家に遊びに来て、変わったものがあると、何かしらチャチャをいれるのですが、今回は漠然と大きいので(笑)、バカにしたり突っ込みをいれる気にならないらしく

時計見えない!と言っていました。

 

新学期、また友達関係が変わり、久しぶりに来た女の子と男の子が看板作ってくれました‼私が家にいるかどうかが、わかる看板!

OPENって(笑)

 

 

2018
04/11

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

劇団そら2018

「毎年、1年かけてオリジナルストーリーを作って発表している」と説明している劇団そらです。今年は、4月7日に無事発表を終えました!

が、忘れちゃいけない大事な事は発表は結果的な事で、そこに「やりたい気持ち」や「楽しい!」思いが詰まっていたか、なのかだと思う。それも1年を通じてのプロセスとして。

毎年楽しくやってきたけど、だからといって毎回やる気満々だった訳じゃない、何をやりたいか見つけるまでが大変だし、発表をするかしないかを本人に聞いて「今年はやらない」と決めるときもあったし、

そんなプロセスに…

待てよ。 プロセスに色々詰まっているかどうかは…もちろん私の提示の仕方もあるけど本人達が感じる事で。

劇団そら=遊び! やらされているものでないもの で、ありたい!

プレーパークに遊びに来ている子ども達の中から出た声「演劇やりたい」は、「技術を磨きたい」とか「お客さんに絶賛されたい」ではない気がする。

みんな、やりたいことに向かってるかな?

私が迷った時にいつも指針なるのは、11年前に劇団そらを、始めたいと言った5人の子どもの「見終わった後に一人一人の顔が印象に残るような劇がしたい」という言葉

 

↑↑今年は↑↑こんな事をつらつらと考えながら。

結果的に‼小学生のストーリーと

中高生は中高生だけで18ページ書いたストーリーの

2作品を発表しました。本当に、子ども達の色々な面を見せてもらいました‼

見に来てくれたお客さま。お手伝い頂いた皆さん本当にありがとうございました!

渋沢やこ

 

 

 

 

2016
09/21

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

10月1日は!プレーデー‼

さて、9月の報告や10月の細かい予定を飛ばしていますが‼

10月1日土曜日はとうきょうプレーデー‼

 

なにぬの屋‼今年も自転車で都内縦断!か!?

 

よく見ると!と?マークが語尾についていますが(^^;

 

おこれは大雨が降ったら、車を使っちゃうかも?というちょっと弱っちぃ

宣言です。でもなるべくなら、自転車で行きます‼\(^^)/

2016
04/07

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

劇団そら2016発表

1年に1回、子どもたちとゼロからつくったお話を発表する劇団そら。

世田谷区に4つあるプレーパークに集まる子の中で「演劇やりたい!」という子

この指とまれで9年前に始まった劇団です。

元プレーワーカーから演劇の道に入った私は「指導」してといわれたものの・・・

子どもたちにとっては、メンバーのひとり^^。一緒に作るという感じです。

今年の劇のタイトルは?「※△ς§Φ※?ホテルへようこそ!」

読めないですよね^^。一体何のホテルだろうと訪ねていくと・・・何やら好きなキャラクターになれる?

コスプレホテル?・・・・・・かと思いきや。

子どもがふとした瞬間に「自由になりたい」「ゆっくりしたい」「家出したい」と思った瞬間に、心だけ飛んできて休んでいく

「家出ホテル」だったのです^^

 

去年からメンバーが増えて、今年は発表参加が16名、練習のみ参加も2名、小2から高1までいます!

今年はいつにもましてバラバラな個性の子どもたち。振り返ると

今回は本当にキツかった。
みんなで同じ話をやるのもイヤだと練習中にゲームを始める子にひっぱられ(^^;
暗礁に乗り上げた1ヶ月前。

台本を書き直し、
毎年の事だけどラストは中高生と相談しながら決める…はずが、台本の始めがブレてたから、なかなかラストにたどり着かず公演中止も考えた7日前

自分達が生み出したキャラ=友達はどんな事を言うか、どうしてあげたいか。役になったままエチュード(即興会話)してラストが決まった!発表の前々日。

3人の場面の練習でケンカ発生(^^;
じゃ、次の通し稽古で芝居の台詞を言い合う事で(ケンカの)続きして!と荒療治したら見事に乗り越えた…前日。

びっくりさせるの自分で考えて!と私の無茶ぶりに答えてくれたおばけちゃん役

台詞言いたくないという子、これだけは言ってみてと追加した本番当日。

 

前日の大道具作りには、たくさんの助っ人。そして、差し入れにお米。またそれを炊いて握りに来てくれる^^助っ人も!!

そして当日保護者の皆様によるカレー作りがあり、今回特に助成金が得られず、私が立て替えていた練習場所代などをカレーの売りあげで工面してくれました。また、なんといっても、保護者の方にプロの音響さんがいて、5日間付きっきり。ありがとうございました。

 

何より、当日見届けてくれたお客様に本当に感謝です。本当にありがとうございました!

そしてそして劇団そらの子と私だけの付き合いではこうはならない。私は本来脚本&演出の才能はないです。

1年間、違う時間に重ねた成長を持ち寄ってぶつけてくれる。そして、演劇の原点かもというものに出会わせてくれるみんなに教えてもらっってる。

9年前に、私に声をかけてくれた当時の子どもと当時のプレーワーカーのりたけに感謝。

 

 

 

 

 

2016
02/04

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

「子どものいのちとこころの話in品川」報告

1月31日(日)六行会ホール8階
「子どものいのちとこころの話in品川」報告
「被災地で起きていることは被災地だけのものではなく、震災後に現れた問題は決して震災後だけの問題ではない」・・そんな想いでタイトルを変えながら2012年から続けてきた企画。こどもING(あいえぬじ~)主催(要するに自主企画)で4月に開催したのは下北沢でした。

今回は「品川でもやりたい!」の一言から実行委員会が出来て・・準備も進行もばっちり、ポスターや背景もばっちり^^
本当にいい会でした。言い出しっぺ若者えみちゃんの挨拶から始まり三人の話を聞いた1部、2部は実行委員の幾島さんの司会でおむすびを食べながら、参加者とパネリストのトーク。参加者最年少の高校生からの質問も飛び出た!

生きづらさを抱える 子ども、ワカモノ、地域の親子に最前線で寄り添う三人からの話はどの話も熱があり会場釘づけ。私は打ち合わせで教えてもらえなかった話^^;が熱く交わされてるのをただ聞くばかりで、コーディネーターというより、いち参加者でした。
あまり報告になっていませんが、以下写真とともに↓

・東北各地での活動と2011年から今まで出会った子どもの様子、声、回りの大人の様子を話してくれ、さらに波及して自分の少年時代の話もしてくれた
神林俊一さん(一般社団法人プレーワーカーズ)

 

・羽根木プレーパークで積み重ねてきた実践と目の前の子どもの声から社会を見つめる話、そして現在、若者の居場所づくりを模索しながら取り組んでいる話を熱く語ってくれた
吉田貴文さん(せたがや子ども・ワカモノネット)

・無料学習支援、子ども食堂、子どもの貧困の状況を資料の提示や、実際に出会った母子の様子などを話してくれ、プレーパークも含めた「居場所」の大切さ「地域」の役割を、希望を持ってにこやかに話してくれた
栗林知子さん(豊島 WAKUWAKU ネットワーク)

 

・70名近くの参加者の方々 実行委員会の皆さん 4時間強の時間をありがとうございました。

この会が成功したのは、パネリスト3人の熱い話と参加者、実行委員会の皆さんの真剣さの相乗効果でした。
同じく4月に聞きにいらして、自分の仲間にも伝えたいと3月に企画してくれた私の仲間(舞台の先輩)がいます。

被災地に生の舞台芸術を届ける活動のチャリティのイベントです。釜石在住の劇団の公演や劇団関係者のお話もあり盛りだくさん。

参加券(チケット)が必要ですが、私にお問合せ下さっても構いません

2015
12/30

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

仕事納めは劇団そら

仕事納めは、世田谷で劇団そらの子と活動。世田谷のプレーパーク(冒険遊び場)に遊びに来る子どもとこの指とまれ方式でやっている劇団(*^^*)小2~高1までいる…かれこれ10年目

相変わらず
自由?‼(*^^*)( ´△`)(^_^)(^-^)v

ゼロからお話を作る劇団そら

お話は「書きやすいところで書いてね」「は~い」・・・・・・^^;

互いの話を聞くのに「ちゃんと座って聞いてね」「は~い」・・・・・・・・^^;

1年の終わりの3月には、オリジナルストーリーを発表・・・今年度はどうでしょうね(笑)
ゆるい集まりなので、発表しない年もあります^^

この珍獣たちを、見事に調教して輝かせるか。むしろこの空間感覚を生かした他にないお芝居をやるか。・・・

 

では、皆さまよいお年をお迎えください。

渋沢やこ

2015
11/16

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

ビオキッズ2015楽しみました‼

2015年11月15日

3回目の開催となるビオキッズ‼in羽根木公園

 

午前中の小雨…もはや定番ではないか(*^^*)と。外遊びの楽しさを分かち合おう‼というビオキッズなら、これもいい味付け!

そして、昼から日が射して!まさかの半袖でもよい気温

 

写真撮れなかったけど

今年はステージの前に

段ボールがわさわさあって、幼児親子や小学生がわらわら遊んでて

中学生や高校生が相手になってたゴザちゃんばらやままごとコーナー

ただただ歩いている幼児も可愛かった。名前がつく遊びだけを「遊んでる」ととらえてな~い。そんな空気が溢れてた!

トークもステージのパフォーマンスもゆるりとしてよかったなぁ

 

なにぬの屋はもっとゆるりとして(笑)

午前中はずっとお店覗いたり、久々の方とおしゃべりしたり。

ステージとは、離れた場所で

気が向いてきた?午後からやりはじめた

 

最初は少なめの人数からだんだん人が集まってきて、いつもいい雰囲気だなぁ。ビオキッズ‼このロケーションに助けられてるのだな。色づいた落ち葉と木々に気持ちが優しくなる日曜日(*^^*)

 

なにぬの屋は実は

終わった直後に見ていた子どもが喋りにくるのが好き‼

いつまでも喋ってる。

 

なにぬの屋の芸は、自己紹介みたいなもので、私はこんな人!と先にはだかになること

「圧倒的な芸術の力」で心震わす芸もあるけど、

なにぬの屋はそっちじゃない(^^)・・・・(もちろん芸は磨き続けなければいけません)

なので、私の自己紹介は済んでるからか?

見た直後に話に来る子どもたちはいきなり 自分の話(笑)

しかも芝居の話じゃなくて、その子のプライベート!オチも何もない(笑)

今日おばあちゃんと来たの‼おばあちゃんの名前は「ともこ!」  とか

 

昨日のどが渇いて起きちゃって、冷蔵庫のお水飲んじゃったぁ~

 

とか(^_^) なんじゃらほい

 

私は小さい時 恥ずかしがり屋で(笑うとこじゃないですよ)
自分の話なんてつまらない・・と心を閉ざしていた子ども時代だった。今でもプライベートでの話には自信はないけど。聴くことはできる。

聴くこと。聴いていることが及ぼす安心感。

私は 閉ざしていた自分の「表現」をなんとか探しつつここまで来た。

だから子どもが何かしら「表現する」ことを応援したい。話すことも 遊ぶことも  その子の表現だと思うから  まるごと応援しちゃう。これからも!

 

 

 

 

 

 

2015
04/26

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
3 Comments »

さて、今日は福島大学で(*^^*)

いいお天気の今日。子ども環境学会の大会の中の分科会を聞きに福島大学へ。

分科会は午前中に4つあったのだけど、「子どもの遊び場とその充実に向けて」に参加。天野秀昭さんの話(何回聞いても私の原点)カービー…星野さんの石巻の話、きびはらさん(は始めてお会いした)の釜石の話、こっぺ…佐藤さんの飯坂の話、前半の皆さんそれぞれの話もよかったけど、その後の会場との質疑応答の時間もすごく充実。天野さんのコーディネートもさすがだな。

 

冒険遊び場つながりの仲間のりえもんにも久しぶりに会い、山形大学の佐藤慎哉さんにも会えて、天気がいいから、おにぎり買ってベンチで食べようとしてたら始まった楽しげな歌!

やらーめんちゃん…\(^_^)/えっ!?もしや‼

 

私の先輩が、「ラーメンちゃんとあきらちゃんはすごいんだよ、会場にいるすべての人を楽しませてる感じ」と言っていて、確か仙台の人、という情報と先輩が印象的だったという「にしきへび」?の部分だけリピートして歌ってくれるふざけた(笑)歌。

 

 

それが、、、会えた~。佐藤さんとお知り合い~。そうね、佐藤さん仙台在住だもんね。これは写真撮って先輩に報告しなくては!パチリ。

今日は、冒険遊び場つながりの私の勉強として行ったので私のなにぬの屋の資料は一切なし(と言うのは言い訳、いつもうっかりな私)で、というか楽しい一日だった❗でという感じです。

 

帰りにパソコンを見ると、仙台の友人から、なにぬの屋に依頼が!しかし、「あきらちゃん」という人も候補なの。とメールに書いてあった(笑)めちゃ同業者ライバルみたいになってますが(^^;

その友人には、あきらちゃん楽しいよ!とメールを返しつつ、両方呼んでもらえたらいいよねぇと妄想(*^^*)私にはあの全員を楽しませる技も爆笑につぐ爆笑にも出来ないけど、子どもやその回りに対するまなざしは同志だなぁと思いました。

いつかまた会えるかな