Monthly Archives: 1月 2009

2009
01/27

Category:
文化・芸術

COMMENTS:
3 Comments »

「昨日函館から帰ってきたんだぁ」・・・今日はリトミック「プカプカ音話」講座本番

前の日の最終飛行機で帰京し、午前中、リトミック講座の本番。って、こんなスケジュール本当は入れちゃいけませんね^^;。中身については一週間前にち合わせをして、シュミレーションしているものの、ちょっと天候が悪かったりハプニングがあったら帰って来られませんものね。

・・・で、あったんですよ。ハプニング^^;

私は今回仙台~函館公演はスタッフとしていきましたが、一応舞監と制作を兼ねた責任ある立場で、みんなの帰りの飛行機チケットを持っていたのに、それを函館からフェリーに乗って帰るトラックの荷物の中に入れていた[E:coldsweats02]

幸い照明さんがすぐ「あれ?渋沢チケットは?」と聞いてくれて気がついたので、トラックの運転手さんと携帯で連絡を取ったのですが、17時半のフェリーに乗るというのに、連絡取れた時間が16時55分。私はパニックっているので、もう1人がタクシーに乗ってフェリー乗り場まで追いかけてくれて、トラックはもう乗船していたので、乗り場の受付に預けられたチケットを無事受け取り、戻ってきてくれたという・・・

本当ここにエピソードとして載せるのもおこがましいくらい・・・[E:sad]本当に「信じられない!」ハプニングでした。本当にごめんなさい。

という事で、肝心のリトミック講座はどうだったのか。が、すっとんでしまいましたが、

間に合ってよかった。チケットが海を渡らなくてよかった!携帯がある時代でよかった^^;

尚、北区十条で行われる、でんでん子ども応援隊子連れOK講座 プカプカ音話(0~1歳対象)は、2月は24日の 11時からも行います。ご興味ある方是非お問い合わせ下さい。

http://tokyo.l-ma.jp/tokyo/hiroba/circle200801/19puka/index.htmlプカプカ音話リトミック  

2009
01/20

Category:
文化・芸術

COMMENTS:
2 Comments »

今日は仙台にきています

今日は京楽座(私が現在所属する劇団)の仕事で仙台にきています。先々月も中学校で演劇ワークショップをするために来たのですが、今回はその中学校で公演をします。

旅公演中は、ブログは携帯から更新するしかなくなってしまう私ですが、今日の仙台の宿には1部屋に一台パソコンがある!のでゆっくりと・・・。

そこで「なにぬの屋」で普段お世話になっている方々を紹介いたします。一人で始めた布の紙芝居ですが、私は何をするのにもそんなに器用じゃなく、色んな方の手を借りているんです・・*^^*

まずMちゃん。2004年に布芝居の試作品を作った頃からずっと応援してくれている。縫い物が得意で「へたれよめご」を徹夜で作っていた私を見かねて、手伝ってくれた。しかも、周りの輪郭を縫うとか、最後の合わせとか面倒なところばかり(涙)
2作目の「かめのこうらはひびだらけ」では、デザインと布の位置の図を渡しただけで全部仕上げてくれました。それから、いい記録写真をとってくれたのもこの方。

デザインは実は私ではなく・・毎回作品に合わせて発注しています。布選びやレイアウトは私ですが。(私の絵コンテはそれはそれは絵心のない恐ろしいものです・・)

という訳でデザインの
さん子ちゃん
私の細かい注文(もっとお人よしにとかもっと胡散臭く?とか)に答えてくれる。ほんわかキャラクター
前田海帆ちゃん
版画、切り絵と独特の味わいを持つ人。実は役者さん。

それから散歩おじさん
野津田の写真を撮って下さったりブログにリンクして下さったり。でも、それだけじゃなく・・歩いて色々なところへ出かけいい景色を見て・・という時間の過ごし方が私にとってとても刺激になってます。「なにぬの屋」をやるようになってから、夕焼けを見たり、木々を眺めたり、そんな時間がとてもたいせつだなぁと思うからです。

ビン笛合奏団ラマーズのみなさん
ビンを運ぶのに所有していた古い昔ながらの自転車を快く譲ってくれました。今や「なにぬの屋」のトレードマークです。

舞台監督のIさん
12月7日に初お目見えした布紙芝居の枠、簡単に組み立てられるけれど強度もばっちり、長さも高さも変えられる優れものを作ってくれ、材料代まで出世払いでいいよと言ってくださった。(出世もうちょっとお待ちください・・)さすが舞監さん!

劇団で一緒のまんたのりおさん 「なにぬの屋」の宣伝資料としてビデオ撮影、DVDに編集してくれました。15分の見やすいものです。野外でやっている雰囲気が分かってもらえる資料です。

その他にも、和布のはぎれをたくさん頂いたり、二人羽織に使う羽織を頂いたり、頂いてばっかり。。。

それからそれから今まで見に来てくれたお客さん、「もっとこうしたら」とか「ブログとか始めたら」と言ってくれたのもお客様。劇団の仲間も新作を見る一番最初のお客さんになってくれます。
色々な方に支えられている「なにぬの屋」です

2009
01/19

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

来週は「プカプカ音話っていうのやるよ」

今日は
来週の27日に北区十条の商店街にある子育て応援隊でんでんルームで行われる「プカプカ音話」の打ち合わせでした。
「音話」というのは造語で、これまた私の活動のひとつ。

国立音大のリトミック科卒業の音楽家松波りかさんとのユニットで、絵本を読んでその世界を身体を使って立体的に楽しんで、音と言葉を十分味わうリトミック=表現遊びです。乳幼児対象ですが、もちろん親御さん含めて会場全体参加型!のコンサートみたいなもの

これは11月北区の滝野川図書館で行われた様子。(黄色いボール持ってます。)この日は0・1歳対象。赤ちゃんがボールを見る力ってすごい!!

来週27日(火)11:00から45分くらいの内容(プラスアフタートークお茶タイムあり)でやります

詳しくはhttp://www.cafeblo.com/pukapuka/archive/27

絵本を読んでいる間に即興でピアノや色々な楽器の音が鳴り出し、世界がぱーっと広がります。音ってすごいなぁ・・・私は、役者として主に「ことば」を楽しむってどんなだろう!という意見を出し、毎回出し物を変えて不定期で公演(講座)をしています。

eccrsd

2009
01/12

Category:
未分類

COMMENTS:
3 Comments »

「新年最初の劇団そら」「楽しみにしてるんだからぁ〜」

新年最初の仕事です
(この前10、11日に「なにぬの屋」として全児演というプロアマ問わず、児童演劇に関わる人たちの集まった組織の年に一回の総会で滋賀県に行ってきましたが)
今年は稼がないと…と思いながらずいぶんスロースターターな新年です。f^_^;

劇団そらと言うのは
私が今年度引き受けている世田谷区の子ども達との劇作りワークショップのチーム名です
12日は新年最初にみんなが集まる日でした

とにかく12月以来楽しみにしていたようで、ひとりの女の子は年賀状に「今年一番楽しみにしてるんだからぁ」と書いてきました!

責任重大!!私みんなに何を伝えられるだろう?

今の時点では3月に向けて発表するべく既成の作品に私が脚色するという形で話を進めています

以前、活動の中身として「冷蔵庫の中」や「おでんのなべ」ごっこをしているという、ゆる〜い演劇ワークショップだと書きましたが、まぁ新年明けてもその調子です

私が大事にしているのは、キャラクター(人格…物だったとしても物格?)を想像する面白がる、不思議がる…事
とにかく会話をさせます。落ちなんかなくっていいからダラダラと(笑)。台本があっても同じように、その人物になりきって「休み時間の教室」だったり「キャンプに行った」ごっことか台本にないシーンのごっこ遊び。
時にはそれぞれのキャラクターについてみんなで話したり質問しあったりします(これはワークショップのスキルとしてホットシーティングなどの名前があるんですが例によって子ども達には定着しないので、「雑談」って読んでます(^_^;)
また絵に書いてきてもいいよなんていうと、絵を書く事でイメージがふくらむ子もいたりします

さてさてそんな訳で今年何やるんだろう?と楽しみにしてきた彼らは昨日は結局「雑談」だったりしました

3月までにこの進め方で発表できるのかっ!という時間配分ですが

私はぜひ私と関わった子ども達は演劇がうまく!なるのではなく、人間って面白い(自分も他の人も)と思えるような力を演劇を通して見つけてほしい!と思っています

なんて実はこれ言い尽くされた言い方ではあるんですが(*^_^*)今の時代や決して器用ではない私自身と演劇との出会いを考え合わせると本当本当ににそう願ってやっています

今年もいい出会いがいっぱいできますように!

expiration of domains English to Armenian