Monthly Archives: 11月 2009

2009
11/29

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

北区で布芝居

北区で布芝居
今日はポカポカいいお天気、野外公演日和!
北区プレーパークのミニイベント
会場は中央図書館の目の前のひろば
プラス図書館の中での催し物もある
当初私は図書館の中のホールで30分やる予定でしたが
主催者さんと話しているうちに「せっかくだから野外でもやっちゃおう」となり午前野外
午後図書館の2回やりました
野外公演で気をつけることといえば
客席の向き
目線の先に気になる背景があるよりは、木々が見えたりシンプルな方がいいです
後で興味を持った人が覗きに来られるよう、後ろは広めに
今日の客席はバッチリだと思ったら、いざお客さん、得に子どもたちが座ると、「眩し〜い☆」
あっしまった
太陽を背にしてしまった
大人の背で座った時は気にならなかったけれど…いやぁ…失敗(>_<)
「すみません、始まる前に、一回立ってくださーい」と一回脱いだ靴を履いて大移動してもらいました
野外ならではのハプニングにご協力ありがとうございました
やっているうちにたくさんの人が集まってくれて、色々な反応があって面白かったです
終わった後はちょうど12時みな昼ご飯
(写真)
そして私は荷物を持って図書館3階ホールに移動
一通り準備をして時間があったので、また野外会場にお昼を食べに。
すると「ねぇねぇお芝居の人!うちの母ちゃん、見なかった?」
「えっ」
「さっき一緒に見てたんだけど」
いやいやいや
大概の場合、一人一人のお顔ってのは覚えてられない…と
思いつつ記憶をたどり…あぁいたいた
この子!
上手のシート横に!(これも大概位置で覚えてます)
っっでも、母ちゃんまでは、しかもどこ行ったか?(笑)は
わかりませんでした
2時半からのホールでのバージョンは布芝居の前にハンカチだけで遊んじゃうコーナーをやりました。四角いもので「食パン」と声が出たあと「あんパンも作って」の声が。アドリブで作りましたが。客席の反応がよくって楽しい公演でした。
終わって、片付けて外に出るとまたあの子が!
ちゃんと「母ちゃん」には会えたそうです(笑)

2009
11/28

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

六本木で布芝居!

六本木で布芝居!
布でつくった紙芝居の「なにぬの屋」を始めたのは2006年ですから今は4年目になります

今日は2年前に、違う場所で呼んで下さった個人の方にまた呼んで頂いたのですo(^-^)oそれが六本木でした

六本木というとなんか都会に行った気がする私、間違えてとなりのオフィスビルに入ってしまったり、一丁目の駅直結だからすぐわかるはずのところを迷子になりそうになりました(汗)

その2年前というのは2年目ですから…(舞台出演を、年に3本くらいしていた関係もあって)…「なにぬの屋」としては年に10ヶ所もやっていないくらいでした
あれから少しずつ口コミで広がってきました!!

そこへ「2年前にお願いした○○ですけど覚えてますか」というお電話

「覚えてますとも(*^o^*)是非行きます!」

こちらの方が覚えていてもらえる事が嬉しい。2年前小さかったお嬢さんはもう3歳、しかも第二子ご子息も誕生!1歳のお祝いパーティー☆!だという事です

会場はマンションの中にあるラウンジ
会場を飾り付けるふうせんの隙間からパチリ(写真)

床に座ってもらおうと思ったら床の素材が座るには冷たいし、靴で過ごすところなので・・・、ブルーシートをひいたものの…やっぱり座りにくかったですね。でも、皆さんしゃがんだりしながら約30分の時間をよく見てくれました

始まる前ふうせんで一緒に遊んでいた時はオシャマな女の子たち、床に座ったら、めちゃめちゃかしこまって緊張させちゃった?みたいでしたが。

カメのおはなしの布芝居が終わり、最後に皆さんと一緒に「HAPPY BIRTHDAY」の歌を歌いました。私、拍子木しか持ってなかったんで、リズムは拍子木で(笑)なんか和洋折衷

その日主役の1歳の男の子はパパがどっかりと座って抱っこして見たからだと思うのだけど、よぉく見てくれてました

誕生日っていいなぁと微笑ましい気持ちになりました

この日、朝は板橋で下見&打ち合わせ、板橋から六本木へ移動、六本木の後は明日やる北区へ。すべて電車移動、カートで大荷物を運ぶ私はホームレスのよう(^-^;、エスカレーターで落ちそうになったり、電車に乗り遅れそうになったり、各所で見ず知らずの人が荷物を押さえてくれたり、電車のドアを押さえておいてくれたり、親切な人にたくさん会えた日でもありました

とにかく歩いた歩いた、帰ったらものすごくお腹がすいてました

2009
11/22

Category:
未分類

COMMENTS:
1 Comment »

羽音ロック!というイベント

世田谷区のプレーパークは、私が役者になる前からの付き合い
(って働いていた訳ですが)、
色々な意味で影響を受けた野外の「遊び場」です。幼児から中高生、社会人、犬の散歩の人も(笑)行き交い、ベーゴマ、くぎさし、木登りする子、焚火を囲む人、様々な過ごし方が存在する場所。

今日はそのひとつの羽根木プレーパークの「音楽やりたい!」という主に高校生が中心になって企画したイベントの日でした

会場はもちろん羽根木プレーパーク、ステージもめちゃめちゃ手作り。雨対策のブルーシートも見事に(雨が降らなくて本当によかった(^-^)/)

近隣の住民の方に騒音にならないよう、ボリュームを調整したりは大変だけれど、でもアコースティックあり、エレキあり、なぜか今回はメガホンで歌うバンド(笑)あり、で楽しい時間でしたo(^-^)o

劇団そらの子どもたちの宣伝&発表の場として、休憩コーナーに出演させてもらいました

そらの資金づくりの出店も出させてもらいました

と書きたい事は一杯あるけど、今日はこのへんで

「羽音ロック」と書いて「はねロック」と読むというのがいいよねぇ

2009
11/21

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

自転車パンクとなにぬの屋

自転車パンクとなにぬの屋
自転車パンクとなにぬの屋
今日は世田谷の中でも、陸の孤島!?と言われる(言っているのは私だけかも知れませんが)鎌田、喜多見などの地名の当たりの次大夫掘公園東公園広場

日本冒険遊び場づくり協会のプレーカーのイベントに(呼ばれたというより)「私も入れて!」とお邪魔してきました

とにかく最寄り駅から遠く…バスに頼るしかない場所、トレードマークの自転車で行こうと思っていたのですが、朝自宅から出発してすぐパンク(>_<)

しょうがなく自宅に戻り、荷物をガラガラとひきづる奴に載せてバスを乗り継ぎ乗り継ぎ行きました(^-^;

会場の広場にはティピが立ち(写真)いい雰囲気

お昼は暑いくらいのいいお天気o(^-^)o

自転車がないので、その辺の椅子を借りたり、持ってきたガラガラっとひきづる奴(何て言うんだろう笑)に幟をつけて始まり始まり!(写真)

前の方に幼児たぶん2歳〜3歳がかぶりつきで、口を開けて微動だにせず(汗)見てくれました。

布芝居が終わったあとは、大なわとびで遊んだり、世田谷おはなしネットのバナナの皮さんの読み聞かせを聞いたり

そもそも、私がなぜ、ここまで野外にこだわるのか、子どもたちが遊んでいる場所へ出かけていく事にこだわるのか…

そうこんな活動がしたかったのよね
という一日になりました

陸の孤島なんて言って失礼しました
野川や木々、畑なんかもある、ものすごくいい地域ですよ

さて、私はこんなプレーカーの活動に今後も仲間に入れてもらいたく…早く自転車のパンクを直さねば(^-^)/です

来週は28日六本木、29日北区中央図書館14時半〜
で呼ばれています

再来週は12月5日12時半頃〜のざわテットーひろばでやります。お近くの方!どうぞ見に来てください

6日は、三軒茶屋キャロットタワーで11時〜(要予約、問い合わせ、世田谷区立男女共同参画センター らぷらすTEL 03-5478-8021 )

やります!!

2009
11/15

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

劇団そら…といえば「子どもビールo(^-^)o」

劇団そら…といえば「子どもビールo(^-^)o」
劇団そらというのは私が一昨年から、引き受けている演劇ワークショップ(わかりやすい言い方かどうかわかりませんが)の名前です
…「子どもビール」ってただのお茶ですが(^-^;、ペットボトルを何十回も振ると(笑)こうなります
一昨年はオリジナルストーリーを発表したのですが、その時登場したのがこの「子どもビール」
みんなで宴会をするシーンを練習している時に出てきたアイデア…というより休み時間にしていた事がそのまま…お芝居の中に入ったという事です
劇団そらは
世田谷区のプレーパークに集まる子の中の「演劇やりたい」という子が集まって、去年までは助成金を頂いて活動、公演をしました。
今年は助成申請していなかったので、活躍資金がピーンチ(>_<)
参加者の保護者ほかの方たちが「そら応援団」となって、バザーで費用を集めてくれています
今日はそうやって今年もできる事になったんだよ
という大事な話をしたあと、「久しぶりにあれやろう」と冷蔵庫ごっこ、おでん、野菜室、野菜炒め、勉強机、とありとあらゆるところの「もの」になりきる…遊び(演劇?)をしました。
「子どもビール」で盛り上がるところからわかるように、小学生パワーが元気ですが、中学生、高校生もいます。この冷蔵庫は、クイズ形式にしたりするので、中学生高校生(今日は大人のお客さんがいた)もけっこう楽しくやってます
今度発表するならどんなのがいい?と聞くと、中学生のKがシリアスな話を持ってきました
一昨年は小5で子どもビールを飲んで泡のひげがついた!と喜んでいた(笑)Kが…
さて、今年は、どんな話を発表する事になるのやら
まずは、劇団員募集も兼ねて、来週22日の羽根木プレーパークのイベント「羽根ロック」に出演!
バザーもしていますコーヒーとポンデケージョを売るんだったかな
「子どもビール」は置いていません(注)

2009
11/13

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

なにぬの屋・・ユーチューブに

布でつくった紙芝居「なにぬの屋」です。

2005年ごろから試行しながら2006年から本格的に活動を始めました。

チリンチリン!自転車で!やってきた紙芝居屋さん

あんなふうに、子どもが普段から遊んでいる場所へ出前するお芝居がしたい・・・

おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん、通りがかりの人も!とにかく地域の中にワクワクドキドキをみんなで共有する「空間」を届けたい・・・

紙芝居をやっている人は数あれど、役者の私ができることはなんだろう・・

紙・・じゃなくて・・布にしたら?

平面じゃなく立体的に、私も画面から飛び出してみよう

身近なものを使ってみよう

そんな「なにぬの屋」

ひとりでやっていますが、

実に多くの人の手を借り応援してもらいながら、公演しています。今回、友人のmanntanorioさんがユーチューブに画像をあげてくれました。ぜひぜひのぞいてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=SpPGd69ptIA

2009
11/09

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

にわかお遍路さん

にわかお遍路さん
にわかお遍路さん
「花いちもんめ」という一人芝居をやりませんか…と言われたのは、もう2年以上前。宮本研さんの作品は読んでいたものの「花いちもんめ」は全く知らず、当然内容も知らないまま…やってみたいです…と答えてから、実現は先送りになっていたのですが、9月から、稽古に入りました。
母である女性が一人称で淡々と語っていく、私にはちょっと難しいかなという作品。その女性はお遍路姿で現れます。
そこで私も、機会を見つけてお遍路に行きたいと思っていました。
ちょうど別の仕事で関西まで来たので、たった2日間だけど徳島に渡りました
さて一番札所
手水のところに、手を乾燥させる、よくトイレに付いてるヤツがある(笑)
日曜日なので人出も多かった
演出の福島さんが、遍路用品一式揃えてくれたうち、白衣と菅傘と輪袈裟を持ってきた私でしたが。とにかく恥ずかしくて(´Д`;)
とうとうかばんの中から出さずにお参りしました
ただの観光客ですよ!的雰囲気を出すため、人が来ると、わざと携帯電話を見ちゃったりして(>_<)小細工!?
なんて、自意識過剰な、なんて、小さな奴なんだろう…私。
だって、3番までの歩き遍路道、誰も歩いてお参りしてないんだもの。皆、バスかマイカー。
それに、私は何を隠そう、星が5つつくくらいの「人見知り」。とくに初めての土地では貝のようになりますからね(>_<)
心和む出会いや地元の方とのふれあいなんてないまま一日目終了(^-^)/劇団で旅慣れているのでビジネスホテルで缶ビール(笑)
2日目は阿波の人形浄瑠璃を見て(これも作品に出てくる)、母と子の人形と記念撮影。やっと地元の方と口を聞く…。「徳島に住んでてもお遍路には行った事はないんですよ。」と言っていた。
戯曲に出てくる、どうやら海が見える遍路道ってどこだろう?
ここらへんかなと行ってみた19番立江寺。…は、違ったみたい。小高くないから海見えず(>_<)
でも、お参り。ちゃんと白衣を来てお参りしよう…そうそうお経の本を買おうとやっと気持ちが落ち着いてきた
お店の人に、お経は覚えて言うのか尋ねると、全部はとても無理だから、これとこれとできたらこれ、としるしをつけてくれ、「誰か読んでるの聞いて、ついて言ったらいいわ」(笑)
(真言宗のではない)家から持って来た数珠でいいのか 聞くと「いいんですo(^-^)oいいんです。普段拝んでいるもので」
「それにこの白衣着るのはなんやら勇気がいるでしょう?私もそうですわ。お寺の中ならまだしも、一般の道は得にね」と、まるで私の心が読めたのか?
でも、私だけじゃないんだぁ(^-^)という事を教えてくれてほっとした
「そのうち自然と白衣着ても恥ずかしくなくなったり、静かにお祈りしたい気持ちになりますよ」とも言ってくれました
芝居で取り組む事になったから行っただけの「にわか遍路」
でも、普段拝んだりしない私が、手を合わせてみると、こんな気持ちになるんだ…とか、自分の心の変化が見える、自意識やら小さな自分も手に取るように見える、さすが修業の場。
「今度時間を作ってちゃんと来ようかな」とつぶやく私に
最後にお店の方が
「なら、来年あたりなぁ(笑)」
行っちゃうかもo(^-^)o