Monthly Archives: 1月 2010

2010
01/27

Category:
未分類

COMMENTS:
4 Comments »

「花いちもんめ」早くも追加公演!?

タイトルはちょっと大袈裟でした…
追加公演でなく、2/7(日)14時と18時の二回公演だけだと、「どうしても行けないよ」という方がいるので前日の2/6(土)19時からのゲネプロを公開するのです
ゲネプロは基本は本番と同じですが、舞台写真を撮ったりするので、フラッシュが気になるかも知れません。料金は受付では頂かず、見終わったあと、お気持ちで頂ければ(投げ銭制)という風にします
また、今回、中学生、高校生は得に料金は頂かない事にしたので、投げ銭又はなるべくアンケートを書いてもらう事にしたいと思います。
ところで
ひとり芝居って、こんなに稽古が心細いもんだとは、今、びっくりしながらかみしめている
今日は夕方から演出がいない稽古場で稽古していたのだけど。いやぁ、寂しい。
なにぬの屋の時はテーマが明るいからかな
寂しいとは思わなかったけどな。
あっでも、稽古を始めるまでが「よっこいしょ」となっちゃうところはあるな
追加公演じゃなくて、今度は大勢出る芝居がやりたいなぁ
あれあれ、まだ初日も開けてないのに失礼しました
本当に、追加…公演の話があります。まだ、決まりではないけど、赤羽方面で6月頃やるかも知れません
2/7の初日次第なのです
「気負わずに頑張って」と先輩がメッセージをくれました。…そうですね。私、今かなり焦り、緊張しているので、そのことばありがたいです。
ゲネプロは立ち会い出産的初日(>_<)になりそうですが、どうぞよろしくお願いします。
もちろん、7日本番に来て頂ければ幸いです

2010
01/24

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

青葉区小中高生ミュージカル見てきました!

土曜日の夜なんですが、横浜市青葉区の青葉公会堂にミュージカルを観に行ってきました!!
私の研究生時代の同期金子忍さん(劇団の研究所に通っていた時から小学校の先生で今も現役の先生)が音楽を担当しているのです
すごくよかった!!
区民ミュージカルということで、公会堂と共催で、舞台美術も照明も衣装も大掛かりで…というのは、もちろん圧巻でしたが。見た感じが立派だからすごい!というのではないんです。
歌に、芝居に、ダンスに、小学生から高校生それぞれの役がそれぞれに、そして何より作品に対する想いすべてに、熱く、丁寧で、誠実なものを感じました
もうべた褒めですが、本当によかった。
いい芝居って、(真心のこもったカメハメ波)みたいなのが来るんですよ(笑)客席に。
同期の金(かね)さん!いい仕事してるなぁ。終演後紹介して頂いた、演出の井上さんの笑顔を見て少しお話して、なるほどこの人ならなぁという空気を感じました。
まぁ、私も劇団そらをやって、子どもたちと劇を作って、毎回、外から見たらわからない喜びや苦労を分かち合っている訳で…
ほかの区民ミュージカルもほかの子どもと一緒につくる劇作りも皆それぞれ頑張っているので比べるものじゃないけれど
「子どもたちの発想で作りました」と言いながら、大人でまとめあげてしまったり(いや、私もやります)ひとりひとり頑張るのに精一杯でまとまったパワーが伝わらなかったり…やっぱり、そういうのは、ステージに表れるものだなぁとすごく感じた
帰りの田園都市線の中で読んだSLUSという冊子に女優の戸田恵子さんの記事が載っていたのでのせちゃいます
「私は、役柄や話し方からさばさばした印象を持たれますが、実は「人生くよくよ女」(笑)。だから、落ち込んだりしたときは、他の人のすばらしいもの―芝居やスポーツや何でも―を観て、感動し続けることで自分を鼓舞します。人が頑張っているのを見て、自分も頑張ろうという気持ちを盛り上げるんです。」
私、前にも戸田恵子さんが、「生(ライブ)だから伝わるものって―必ずある」と書いてあったのを見て、何回も読み直したっけ
今回もたぶん又何回も読み直して、私も、モチベーションをあげるのだ
人は人でつながってるなぁo(^-^)o

2010
01/20

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

プレーカー野毛町公園「まさかの筋肉痛!!」

プレーカー野毛町公園「まさかの筋肉痛!!」
今日はNPO法人プレーパークせたがやのプレーカー事業で野毛町公園に出前のプレーカーが行く日でした
先月私はちょっと様子を見に行くつもりがどっぷり遊んできたのですが、その時天気がよかったので、1月ももしお天気がよかったら「なにぬの屋やれたら楽しいよねぇ」という話になりました。
「来月(1月)プレーカーの日に布の紙芝居なにぬの屋もやってくるよ」と予告して回ったりして(*^o^*)
そして今日、なんと暖かな「プレーカー日和」「なにぬの屋日和」ではありませんか(^-^)/
そして今日、外でなにぬの屋をやっているところを撮りたいとテレビ東京の番組「すなっぷ」の取材が入りました
12月20日にたっぷり撮ってくれたにも関わらず、今日もたっぷり撮ってくれました
毎週水曜日の夜7:55〜8:00にやっている番組でスタッフさんもとても素敵だし、番組もとても素敵であれから気をつけて見るようにしています
ちなみに今日の放送は「ベーゴマ道場」の方達が紹介されていました
だから…?という訳ではないと思いますが、プレーカーでも大人気のベーゴマを撮影スタッフの方達が楽しそうにやっていました(笑)撮影的に時間が待ちだった間ですが、子ども達そしてお母さん達も、「カメラも置いちゃって(笑)遊ぶおじさん達(すみません)」に興味津々。
おかげで、なにぬの屋の公演にカメラが入ろうが、おじさん(あっ何回もすみません)がたくさんいようが、雰囲気の溶け合ったいい公演になりました
もうひとつの要因は気持ちのいいお天気!そして、さぁ楽しもうという大人の方々の雰囲気!
布芝居が終わった後は、ちょうど小学生たちがわんさか来たので、私は大縄飛びに専念(笑)好きなんです。外遊びは「入れて」と言って色々な子が交じって遊べるのが面白い
結構飛びました。縄、回しました。
プレーカーのメンバーと終わりのミーティングをして帰りは6時半、真っ暗になっちゃいました
帰り道、自転車にまたがった時に太もものうしろにまさかの痛みが…筋肉痛!?
元プレーリーダーだったの私も…もう若くはないです(>_<)立派な…おば…
でも、日を置かずに筋肉痛が出るならまだ平気かなぁo(^-^)o

2010
01/15

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

プカプカ音話「しゃべれどもしゃべれども」

プカプカ音話「しゃべれどもしゃべれども」
北区の子育て応援隊でんでんルームにて、毎月やっている絵本を題材にしたリトミック講座の日
この講座の対象は未就園児(3歳以下)抱っこ、ハイハイの赤ちゃんと歩ける(しかも興味津々な時期)子は世界が全然違います
赤ちゃんも満足できて歩ける子も満足できるように…と思いながら今日もすすめました。
でも「この満足できてるかな?」という心配は、心がけて良い時と悪い時がありますね
子どもの満足は目に見えている反応だけではなく目に見えないものがあるし、それは大人だって同じですもんね
事前にプログラムを考える時とやってみての反省の時は、心配やら推測もしますし、「満足」できたかなと振り返ったりもします
松波りかさんと組んで音話をやるようになって3年くらい、一回一回、何をしようか相談し、リハーサルを重ねて。これ楽しいよねと思って予想した事が、予想意外のところで楽しめたり、意外に乗らないねぇ(^-^;という事を発見して大人(お母さんたち)同士で苦笑いしたり、色々でした。
そうそう、やっている途中にあまり心配しすぎもいけないです
結果、今日も楽しく終わったのですが…
ワークショップのファシリテーターの研修などでは、その場の雰囲気を敏感に察知し、参加者から出た空気を楽しんで臨機応変に進めること…とだいたい言われます
これ、簡単なようで簡単じゃないし、考えすぎる事じゃないし、なかなかできない…私はですが
今日は、「だるまさんが」の絵本とその後にやった、りか氏が作った♪おもちがふくらんだ♪の歌が、殊の外、楽しめたように感じました(*^o^*)
でもつくづく、その場の雰囲気を感じとって、即興で音にのせる
りか氏はすごいです
私は、しゃべれどもしゃべれども、それが説明しすぎだったり、心配でつなげたりしたことばだったりすると、(まだまだだなぁ)と思います
逆に、そんな遊び方や感じ方があったかぁ(*^o^*)とひっくり返される時は楽しく参ります(笑)
意外と静かな時に何を感じられるかなのかなぁ
今日は愚痴のような記事(日記)になってしまった
ちょっと昨日、これからやる一人芝居の事で激論!したもので、その余韻が残ってしまった…
本当に役者ってしゃべれどもしゃべれどもわからなくなる職業です

2010
01/12

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

今年最初の劇団そら

今年最初の劇団そら
1/11(祝)さぁ、今年最初にあの子どもたちに会うぞ!
さてどうなることやら(^-^;のやんちゃな子どもたちですが
今日は会場がいつもの会議室ではなく和室しかとれなかったので、ちょっと心配。(>_<)思い切り身体を動かしにくいし、狭いと皆、閉塞感を持っちゃうかなぁ…
そんな心配をよそに、和室で余計にくつろいでいる子どもたち。だからと言ってまったりする訳でもなく、親戚同士の新年会のような雰囲気o(^-^)o差し入れの羊羹の奪い合い(笑)
今年何の劇やりたい?と聞くと「ごくせん」!?と答えた子が…(^-^;多くいたので…それなら「乱闘シーンを作る」というワークを先にやりました。
「なんちゃって殺陣」ですが、皆せりふを入れたり、回し蹴り?を入れたり迫力ありました。
続いて、既製の台本を読んでみる
そして、それにたいする批評や感想、「この状況って実際学校である?」「やるならどの役がいい?」「それはどんなところが気に入ってるの?」などなど質問しながら方向性をさぐります
去年4月に小劇場の仲間と「凡凡凡」を作った時の集団創作の経験は、そらの活動とリンクしていて、大事なのは「その時そのメンバーだからこそ表現できるもの!」
それはとてつもなく力強い!だから皆の意見を聞く今日はとても大切(^-^)/
今日は会場が和室でちょうどよかったのかも。話すにはちょうどいい空間でしたo(^-^)o
さて、話変わって、夜は私の習い事。仙川で殺陣でした。生徒に5歳の子がひとりいるのですが、師匠(女性、私のマイミクさんです)は、決して子ども扱いとか幼稚な言葉を使う事はありません
一貫してひとりの人格として扱う。感服します
私は子どもと関わる事が多いので、一見子どもに慣れているよう感じられますが、実は知らず知らずのうちに「子どもはこんなもの」という観念を持ってしまう危険性はあります
でも、いつもこの殺陣の時間は5歳の子もピリッとして、ものを教わる本来の空間の緊張感が流れます
大人にも分け隔てなく指導してくれる師匠の人柄も表れているでしょう
私はそらの子に甘いんじゃないかな…といつも迷いながら、今日もゆる〜くやっていました
ゆるくていいところもあるにせよ、「自分はこう思うあなたはどう思う?」としっかり、誠実に言える大人になりたいと思います
あっ殺陣は木刀で習っていますが、「なんちゃって殺陣」とは一切関係ありません(笑)有り余る体力を使ってもらう為?のノリでやったら子どもたちも楽しかったみたいでo(^-^)o次回は「スローモーション殺陣」をやろうと思います(笑)

2010
01/11

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

全児演総会!

全児演総会!
全児演総会!
1/9、10は全児演という子どもへ向かい演劇をしている又は見ている劇団や劇場 のつながりを大切にした連絡会的な組織、「全児演」の総会でした。
全国7ブロックに分けた地域、持ちまわりで総会開催されます。
今年は関東ブロック担当で代々木オリンピックセンターを会場に全国から150人集まりました!
私は関東ブロックの月1度の集まりに参加するようになって1年半くらいですが、総会に向けての実行委員的コアメンバーになっていて、いつのまにやら、頑張ってやるぞ!と意欲満々に取り組みました
これが不思議なのが1年前の関西総会から火が付き(その前の東海からとも言えますが)ながらも、飲み屋で話すだけだった関東メンバー。でもその雰囲気がとてもよく、気が付けば、実行委員長もたてず実行委員会発足もなく(・o・)ノ総会ができたのは奇跡的!ですね
でも、それには横山さん、多田さん、水野さんのリーダーシップがあったからです。決して引っ張りすぎずによく若者たちをやる気にさせてくれました
ちなみに私は若者よりは…年上o(^-^)oですが、「なにぬの屋」としては4年目ですから、若手と言い張りました(笑)
発言と上演の場では
その「なにぬの屋」の「へたれよめご」を皆さんの前でやらせて頂き、又、自分がなぜ「児童青少年演劇」に関わっているかを「語る」場も設けられました
そんな風に8人の若手とベテランが自分の事を語り、次の日は分散会でそれぞれ語り合うという場になりました
講演会をお願いした鈴木さんのお話もめちゃくちゃ面白く
とにかく、とにかくたくさんの人の話を聞いて、ややお腹一杯かなと思いきや、一日たっても一人一人の言葉覚えています
正直な言葉は深く心に刻まれるものですね
私は正直な気持ちで話はしたけど、せりふではない事を150人の前で話すのはかなりの緊張で…しかもトップバッター、「緊張してたね〜」と口々に言われました。お恥ずかしい。
本当は内容についてもっと書く事はあるのですが…
わかりやすいのは、今年の総会のテーマが「倍にする」だったので、皆思い思いに倍にしたいもの(できたらいいもの)を書いたボードを紹介して終わりにしちゃいます(^-^)

2010
01/07

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

「花いちもんめ」詳細

「花いちもんめ」詳細
今日のちょうど1ヶ月後
ひとり芝居「花いちもんめ」公演のお知らせです
作 宮本研 演出 福島康 音響 笠井玲子 出演 渋沢やこ
2010年2月7日(日)
14時
18時
料金2000円
会場は下北沢の劇団風の子稽古場をお借りしてやります
どんな形で取り組むか、だいぶ迷ったのですが、地域の集会所やお寺の本堂などでも、どこでも呼ばれた所で公演できるようなシンプルな作品にしようと決め、今回50人から60人くらい入れるかという広さの稽古場公演という形にさせて頂きました
「花いちもんめ」は戦後、満州から引き揚げてきた女性がひとり、自らを語るひとり芝居です
1982年に書かれた戯曲です
去年9月に出演した「からゆきさん」と同じ宮本研さんの作品
固い内容と言えばそうですが、教訓的なものではありません
私も、母である女性をやる歳になりました…いや、母になった事はなくても、ひとりの女性像をひたすら追う事をとにかくしたい…
そんな気持ちです
夏の蝉がミンミン泣いている頃の作品を真冬にやります(^-^;
稽古場公演ではありますがどうぞ見においでください
問い合わせ
sivyakko@nifty.com渋沢やこ

2010
01/04

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

稽古初め

稽古初め
あけましておめでとうございます
2009年はお世話になりました
2010年もどうぞよろしくお願いします
1日2日は実家相模原で過ごしました。若い頃、登山家の父親ですが今は車椅子なので山の見えるところまで連れて行こうと車で5分くらいの高台まで行きました。そう、相模原は田舎です…逆光で暗いですが畑です(^-^;
そして、神奈川県の山と言えば大山。と相模川。に向かってぱちぱち綦
そして今日はひとり芝居「花いちもんめ」の稽古
2010年の仕事初め、稽古初め!でした。
「花いちもんめ」は紆余曲折を経て、どうしても世田谷区でやりたい
布芝居などでお近づきになった方も見に来られるような場所(近場)でやりたいとの私のわがままで長い間会場が決まらず、結局、下北沢の劇団風の子さんの稽古場をお借りしてやる事になりました
詳細は後日…
お伝えします
とにかく本日はご挨拶
布芝居「なにぬの屋」ともども
未熟な役者ではありますが、これからもたくさん吸収できる人、ほわほわっと豊かな人になりたいなぁ。
色々ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願いします