Monthly Archives: 4月 2010

2010
04/30

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

こどもあきんど応援隊!「なにぬの屋」

こどもあきんど応援隊!「なにぬの屋」
こどもあきんど応援隊!「なにぬの屋」
こどもあきんど応援隊!「なにぬの屋」
行ってきました下高井戸のお寺の「浄土のひびき展」
コンサートありパフォーマンスあり…出店や展示、物販ありの文化祭のようなイベントです。
「こどもあきんど」はブルーシートの上に机を並べてこんな感じ(写真)そして、私の布紙芝居に使う自転車と共に下高井戸駅に宣伝に行ってきました!宣伝隊(写真)
子ども達が子どもの力(大人の手は借りず)だけで、品物を手作りし、「金儲けをする」一角です。プレーパークでは「子ども商店街」と銘打ち毎年やっていて、その時は、店を作る(柱を立て屋根と机を作る)ところからやる子ども達。今回は「楽だ!!」(笑)と言っていました。でも、遠くは長野から参加した子ども初めて店を出す子ども含め9店舗。カレー、焼きそば、ホットケーキ、アクセサリー、「買って買って!!」とやみくもに言うだけでは売れない(-.-;)ので色々工夫していました。食べ物はかなり美味しいですよ(^-^)/
今日嬉しかった事3つ。
3月のテレビ放映を見てブログにコメントしてくれた方が見に来て下さり、直接話ができた事。
お昼過ぎに野外でやった「なにぬの屋」を見てくれた親子が投げ銭の代わりにこどもあきんどの店のみかんゼリーを買って私に下さった事。(要するに、こどもあきんど応援隊の意味が成就したという事ですな(*^o^*)そして写真の笑顔になりました)
そして、私ではなく、東野さんという男性の紙芝居屋さん(絵巻物師)の公演を見た事。これ必見!です。明日もやってます。大人も子どもも楽しめます。15時半から!お近くの方ぜひどうぞ!!
子ども達の店はまた5/1も出しています。そちらにも是非!!
今日起こった奇跡的な事ひとつ
布紙芝居の出し物「へたれよめご」で「への風が起こりはじめ…」という台詞の時に本当に!本当の風がゴーッと吹いてきた事。(*^o^*)野外ならではのハプニング!?いえ劇的効果音!でした。
明日(30日)も私はいますよぉ!下高井戸、本應寺、栖岸院ですよぉ!明日も効果音がつくかどうかわかりませんが(笑)、遊びに来て下さいね。

2010
04/28

Category:
未分類

COMMENTS:
1 Comment »

ゴールデンウイーク出没予定

ゴールデンウイーク出没予定
ゴールデンウイーク出没予定
今年のなにぬの屋のゴールデンウイークは
4/29、30、京王線下高井戸駅から歩いて5分くらいの本應寺、栖岸院というお寺が主催する「浄土のひびき展」と(いうイベント)に出没します。
朝の9時半から、下高井戸駅商店街で、トレードマークの自転車と共に、ビラを配る「宣伝隊」でもあります。
また、期間中、子ども達が子どもだけの力で出店を出す「子どもあきんど」の応援隊長でもあります。
なので布紙芝居の上演は、子ども達のお店を宣伝するためにやるので栖岸院の入口近くでやっているはず!時間未定(^-^;ですが、お近くの方どうぞいらして下さい。
お寺の出店の名物は酵素玄米のおにぎりとか手打ちそばで500円くらい、子どもあきんどの店はホットケーキやクッキー、手作りアクセサリーなどを子どもが買える50円くらいの値段から売っています。
(ちなみにイベントは5/1までやっています)
そして5/1から所属劇団京楽座の仕事で、私は出演はしないですが、ひとり芝居の衣装スタッフやってます(もう5〜6年目になります。色々勉強しています)
東京公演としては久しぶり!
5/3(祝)
京楽座公演
中西和久ひとり芝居
「しのだづま考」
作、演出、ふじたあさや
14時開演、新百合ヶ丘昭和音楽大学にて
詳細、京楽座http://www.kyorakuza.com
とても見応えがあるひとり芝居です。いくつかの信太の狐の物語を検証しながら、一人何役も演じるひとり芝居です。
ぜひ詳細覗いて見てください。
5/4は実家の相模原に出没します!
が、営業のようなご挨拶な感じで回るのでご案内できず(^-^;すみません。
5/5(祝)11時〜15時まで
品川区役所前の中央公園にて
イベントの中のひとつのコーナーとして上演しています。
こちらもお近くの方どうぞ遊びに来てください!!
お問い合わせ
渋沢やこ
sivyakko@nifty.com0334183514(FAX)
お気軽にお問い合わせ下さい!そして、声かけて下さいね(^-^)/

2010
04/20

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

久しぶりに行った高校校舎!

久しぶりに行った高校校舎!
今日は劇団そらのメンバーで高校2年生のS(女の子)の高校の演劇部の春季発表があるという事で、某都立高校に行ってきました。
演劇部の公演は女子3人の部員の一人が書き下ろした台本、3人が何役もやり、はまり役もあるオリジナルストーリー。明るく楽しい芝居でした。すごいなぁ。
部員以外に照明、音響、ビデオ撮影を手伝ってくれる男の子がいて(いいねぇo(^-^)o)、「ダメ出ししに来たよ」と客席に入って来た女の子は同級生かな?彼女はお客の入りが少ないのを助けるために、廊下で大きな声で呼び込みしてくれていた。素敵な同級生だなぁと思いました。
今日は文化祭とかではないので、校舎には本当は身内の人しか入っちゃいけないらしい。
Sちゃんには「やっこ(←私の事)は年齢的に姉妹じゃ無理があるから叔母って事で入ってね。叔母ね。」と言われた(笑)
わかってますって(-.-;)
でも、久しぶりに行った高校の中は、大人なような若いような自由なような、不思議な世界でした。
写真は二宮金次郎像(正確には隣の小学校の敷地にあったのだけど)後ろに見えるは有名ビル!
本当に都会の真ん中にある高校でした!…にしても久しぶりに見た二宮金次郎(笑)

2010
04/15

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

隣の人見知りさん

今日は某ファミレスでずっと原稿を書いていたのですが、ついつい隣の席の会話が聞こえ、悪いと思いつつもメモまで(笑)とってしまいました(-.-;)
なんて事のない会話ですが、どうやら今年大学に入ったばかりの草食系男子くん二人。
小学校の同級生で、たまたま大学で再会したらしく、でも学部は違う…らしい。話題は「友達できた?」
一人は「うん、結構ね」とさわやか系。もう一人は「積極的だねぇ、頑張ってるねぇ」と愚痴まじり。
「嫌われると恐いから話しかけられない…」「僕、高校の時、そんなだったから大学になって変わろうと思って」「えーすごいな」「まず、隣空いてますか?って聞いて、何の授業取ってるか聞いて…」「話しかけるんだ?座ってるとこに?」「うん、やるなら今だよ、まだグループできてないし」「でもイヤホンとか付けてたら話しかけられないよ。あと隣バッグとか」「えっ?」「ほらバッグが隣にデ〜ンと置いて…」「あぁ」
最初、女の子に話しかける悩みかと思い聞いていたけど、普通に男の子、つまり「友達が欲しいだけなのに」という会話の様子。
「高校はよかったな。ある程度、知り合いいるし、授業とかもう決まってたし。自分で決めるって、僕ムリ!与えられた方がいいタイプなんだよね」「それは僕もだよ」
私はこの会話に何か文句を言いたい訳ではありません。私も何を隠そう、人見知り(>_<)先頭に立つとパニクるタイプだから、後押しするようなポジションがいいなぁというタイプ。
このドキドキ、モヤモヤわかるなぁ。草食系男子とひとくくりに呼んでしまいごめんね。
この後、彼等は「夢ってある?」「えっ僕ない…」「僕はね…」「えっ!あるの?」「うん…」
なんて話に入っていったので、私も原稿書きに戻りました。
ちょっと一人の子の方は愚痴っぽかったけれど、でも、きっと、大丈夫だよ!と思うような二人でした。隣に座っただけで無責任ですが。
授業も夢も「話しかけるか話しかけないか」も自分で決めて行くのよね…決めてここまで来たのよね。と妙に振り返ってみた私。
演劇の道に進んで「人見知り」は直ったかというと。根本的には、今も見え隠れしてる。
でも、もう一人の彼の様に「ちょっと話しかけてみたら、広がったよ」という事も一杯あった。
私より先に帰って行った後ろ姿に「頑張れよぉ」と思うのでした。
そして、原稿は書き上がったので、このブログを書いてますo(^-^)oやれやれ。

2010
04/10

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

なにぬの屋は春休み

なにぬの屋は春休み
4月は年度始めなので、催し物自体が少なくだいたい公演は少ない月です。私も都内各所にDMを書き、打ち合わせや資料整理、新作をコツコツ縫う(いつの事やら)一週間でした。
今週末は「春休み」…今年は気分的に自分でそう呼ぶ事にします。
で、する事と行ったら、
雑貨屋に行く。
布屋に行く。
あれ?休んでない?…
普段している事だ。…という事は
普段から休んでばっかり?(笑)(-.-;)
夕方からは、俳優の先輩が出ていた芝居「ら抜きの殺意」を観に中野あくとれという小劇場へ行ってきました。
「ら抜き」とは(ら抜き言葉…「食べれる」とか「来れる」とか本来は「食べられる」のらが抜けて喋る現代言葉)を指しまして、私の大好きな劇作家、永井愛さんの代表作です。
永井さんは、日本語が正しく使われていない事を憂いて…いえいえ…言葉の問題を盛り沢山登場させておいて、言いたい事は…もっとこう…言葉を喋り、伝え合う人間の…心の中の事をとらえてらっしゃる…
あぁ上手く伝えられない。
私の先輩は国語教師の役、他の方々も熱演でした。
最近、劇団そらの子ども達と台本作りをして、まだまだ吟味が足りなかった箇所が何箇所もあったのを思い出しました。その時のその場面に本当に合っている言葉かどうか…文章能力も含めて私の力不足。(>_<)
先日のテレビ出演の時のインタビューの私の姿もひどかった(>_<)「○○っていうか…みたいな」を連発してましたからね(^-^;あ〜恥ずかしい。
喋るそばから不安になり、付け足してしまうのですよね。結論からいうように心がけてはいるのですが。
私の隙間時間のだいたいの過ごし方は「書くこと」です。
休みの日に限らず、いつも、紙を持ち歩き、作文を書いて考えを整理しておかないと、今以上にこんがらがった喋りになってしまうからです。あまり考えがまとまらない時は手紙を書いたりする(もらう方は迷惑ですかね)
それがいいのか、悪いのか、わかりませんが、「春休み」の週末は書くことになりそうです。相模原の実家に帰るので、少し気分は違うかな。
そして、来週からは、DMを送った先にご挨拶行脚!それこそダラダラ話していたら、伝わるものも伝わらない。
そういえば「ら抜きの殺意」のラストは
「どんな事を言ったら(相手に伝わる言葉として)いいのかな?」でした。
そして写真は劇団そらの子(小4)がばぁばに作ってもらったお弁当。伝える(伝わる)のは、言葉からだけじゃない。そんな事もありますよねo(^-^)o

2010
04/04

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

かくれんぼ学校満員御礼!

かくれんぼ学校満員御礼!
かくれんぼ学校満員御礼!
かくれんぼ学校満員御礼!
かくれんぼ学校満員御礼!
劇団そら一色だった先週でしたが、無事4/3(土)子ども達と作ったオリジナルストーリー「かくれんぼ学校」昼の公演、夜の公演、たくさんのお客さまに見てもらう事ができました
前々日から当日まで果たして作品が出来上がるのか?というスリル(>_<)の時間を過ごし、舞台写真など撮る余裕なしでした。
台本が出来上がった時には45分くらいの作品になる予定でしたが、2日前の練習で…各シーンを皆それぞれの実感がこもった言葉を話し合い付け足して台本を深めていく…には時間が足りず最後の5分以上をカットして、ぎりぎり仕上げました(汗)
あと1日あれば(>_<)と本当に悔しい決断でしたが、だいたいにおいて「稽古不足を幕は待たない〜♪(演歌の歌詞です(^-^;)」
2時からの昼の公演は上町児童舘と共催。最初の挨拶は上町児童舘館長久保さん。挨拶の途中で謎の男が登場し「かくれんぼ学校」の校長先生に間違えられた館長はアドリブにもかかわらず見事に煙にまく芝居をしてくれ、劇に突入!アコースティックギターで幕開けです。
転入生が学校の生活に慣れて行くくだりではパンパンと10場面くらいが切り替わるのですが、このタッチ音もギター、これがタイミング絶妙。劇に関わるからには!…と本番前3日間丸一日の練習に付き合ってくれたからこそ、この作品を引っ張り、まとめ、前に押し出してくれたつっちー!学校のチャイムもギターで出してくれたのが素敵だったo(^-^)oギターで雰囲気を統一してくれてこの「かくれんぼ学校」が成り立ったのです。
そして、驚きの追い上げを見せたのは子ども達。私は子ども達に「終わりよければ全てよし」というのはあまり言いたくないのですが、そんな感じ。
去年に引き続き、残り一日で台本を離してからの追い上げがすごかった!普段からアドリブは、そのキャラクターが本当に言いそうな事だったら、言ってもいいよ。と言って、何回も出たアドリブは本セリフにして台本につけ加えてきたのですが、子ども達、まるで遊ぶように、キャラクターに成り切っていました
世田谷ボランティアセンターでの夜の公演の前には、「あと1回しかこのキャラクター達と会えないなんて淋しい!」という気持ちでした。
そして夜の公演、会議室をお借りしての公演にぎゅうぎゅう詰めになり立見になるほどお客さまが!来て下さいました(>_<)本当にありがとうございます
終演後、劇団そら応援団の皆様が作ってくれたカレーを食べながら、「カレー交流会」。会場には出演者含め80人以上の人、人。お芝居見終わるとちょうどお腹空く時間だからとカレーターゲット(笑)で来てくれたお客さまも!
でも「かくれんぼ学校の劇がとてもよかったから残ったのよ」と言ってくれて、アンケートもたくさん集まりました。
カレーは食べずに帰るけど…と、カンパだけ頂いた方もいて、本当にありがとうございました
次の日の今日、2010年度8月からの助成金を取るべく、申請書を書き上げ荷物を運びました
劇中の「ざしき生徒」のフェアリーラビットが使った家(写真)は羽根木プレーパークで仙人の家?のように使われ、消化器の消し太くんは、捨てるに捨てられず、私のアパートへ同居!する事になりました(笑)
路上で記念写真をパチリ。そして玄関一杯になってしまった(-.-;)(写真)
私の住まいを知っている人は、思ったはずです。これからどうやって寝るの?
さて、どうしようo(^-^)oそんなこんなの劇団そらでした!!