Monthly Archives: 2月 2011

2011
02/27

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

宝さがしで宝さがしに行けず

今日は、駒沢はらっぱプレーパークの「宝さがし」の日だった。私の年間計画では元々劇団そらの活動日にとっておいた日だったので、宝さがしと重なったと聞いて劇団そらは別の日にして、他の仕事入れないで宝さがしに行こうo(^-^)oと行く気満々だった。
はらっぱの宝さがしは、宝が本当に土に埋まってるし、探し当てた子しかもらえないガチなところも、他にない魅力。
ところが、急に、新宿区の入学前プログラムのピンチヒッターで仕事が入っちゃった(>_<)残念。
でも、こちらの入学前プログラムも土日は学校探険&宝さがし。だから、宝さがしで宝さがしに行けない…という状況(^ー^)
はらっぱの宝さがしは、1ヶ月くらい前から夜遅くまでのミーティングに中高生、若者が加わりプレーリーダー達と準備して来て、前日は深夜3時まで準備していたんだってo(≧∀≦)o
かたや、学校探険の方は当日行って(事前打ち合わせもしていますが)私が指令やヒントの紙を書き急いで(-.-;)仕込む…進め方はメインになる人によって違いますが、学校によって入っていいところダメなところ、校庭は使っている等事情が違うのでしょうがないんですけどね
あと宝目的というより、仲良くなるのが目的なので、根本も違いますが…。
実は私やるんなら3時間くらいもらって、学校探険&宝さがしやりたいです本当は(笑)
でも、今日の新宿の6歳児さん達、学校探険自体、相当楽しかったようで、得に1年生の教室にそーっと入るのは、新1年生にとって格別らしく、一瞬、タカラとかヒントとかどうでも良くなってましたo(^-^)o
新宿から帰って荷物を置いて、自転車ではらっぱへ。もう宝は見つかった後だった(>_<)でも、しばらく喋ったり遊んだりして帰ってきた。
そういえば前、プレーリーダーのぶんちゃが…「宝さがし」が終わった後って必ず集団遊びが始まるんだよなぁ…って言ってた。
なんでだろ?人が集まってるからかな?新宿でも入学したら「なんかみんなで遊びたくなっちゃう!」…事になっていたらいいなぁ(^-^)/

2011
02/25

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

虹、褒められた(*^o^*)

虹、褒められた(*^o^*)
今日は北区の図書館のブックスタート事業(0歳児親子に絵本を薦める事業です)に絡んだ親子向け企画で
北区滝野川東区民センターにて
プカプカ音話(リトミック)特別!出張(^-^)/してきました!
絵本を題材に、音楽をつけてイメージを広げ、絵本の世界のおととことばを味わい、身体も使って遊ぶプカプカ音話。
絵本の楽しみを広げるには「うってつけ」です(笑)
ピアノの松波りかが自由に即興で音を付けます!私も、歌ったり語ったり、汗をかくほど動いたり…します。
「ぼくのくれよん」の絵本の世界を遊びました。ぞうが持っている大きな青いくれよんで会場中に○を書くと、青い布が抱っこの親子の頭の上を通ります。赤いくれよん。黄色いくれよん。そして、最後はぞうがたくさんのくれよんを持って書き出し
虹が出来ました…でおしまい(*^o^*)
そこで、最後正面に虹を出そうと
この虹は私が手作りしたものなんですが、青、赤、黄と布できたので、布で虹を…と作った初代の虹は旗のようで
立体感がなかった…
何回も試行錯誤したけど虹のアール(丸み)を出すには段ボールとかに貼って固めものにしないと難しい
で、中にスポンジを入れてみたのがこれ!アールはとれていないのですが、端に持ち手がついていて、その動かし方で虹がかかったようにまぁるく動かすのです
今日はこの虹、殊の外褒めてもらいました(*^o^*)見学でムジカ音楽、教育、文化研究所のスタッフで、リトミック教室をしているあやさんが見に来てくれていたのですが…同業者(^-^;なので、いつも参考になる意見などを言ってくれます。今日は、細かいところまできちんと見てくれて意見をくれました。その中で虹は「素敵だったよ」と。
手をかけたものはそれが伝わってくるよ(^-^)/と言ってもらいました。
このブックスタート事業は、お家で絵本たくさん読んであげてくださいね!という事業です。字が読める年齢の子でも、大人でも!人から読んでもらうと、脳の違う部分が働いてイメージが広がるんですって。このブックスタート事業も広がっていくといいな。

2011
02/21

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

天然そら

天然そら
20日日曜日は、午前中新宿区で学校探険。午後は三軒茶屋で劇団そらの子ども達との活動でした。
今日の劇団そらは、演劇部の関東大会などが一通り落ち着いたSちゃんが久しぶりに参加!Sの妹のHも飛び入り参加!で高校生が二人いると、なんだか私も安心。小5の女の子も「女子会(^-^)/」と言って喜んでいました
しかし、劇団そらの特徴は男子が多い事。そして、その男子がとてもうるさい(^ー^)
この日は午前中に使った直径7㍍のパラバルーンを使って集会室の中でひとしきり遊ぶ(写真)
ドームテントのようにして中に入るのだが、人が重りとして押さえていないといけない。そこで考えたのは最初に床の真ん中にリュックやバッグを置いておき、ドームになってからそのバッグなどで重しをして、自分達はドームの中を歩き回るo(^-^)o「楽をする」事にかけては天才的な男子達です(笑)でもまぁ「楽しむ」事を積極的に?考えているとも言えるので憎めない…
毎回名言!迷言?も飛び出す。「赤ずきんちゃん」の話をしていると「あぁこぶたが出てくる奴ね」(-.-;)と天然で答えるし、「七匹のこやぎ」の話では、「最後に残ったこやぎは助かってよかったね」というと「助かってないよ」
「だって捕まってないじゃん」と屁理屈のような、天然な答えが返ってくる。
台本読みなどをしようものなら、つっかえるツッカエル(笑)毎回、そんな読み間違いがあったのかぁと感心したくなる。わざとだとしても面白過ぎるので、あれが天然だと思うと、多少、学校生活が思いやられる(>_<)
今日は、私が是非アシスタントをしてくれ!とお願いしたアキヤン(20代男子、演劇の専門学校で勉強中)が来てくれた。終わった後、デニーズで振り返りのおしゃべり。
演劇ワークショップというには、あまりプログラム化されていない劇団そらの日々の活動だが、うっすらとその日導きたい思いがあり毎回用意はしてくる事、でも予想がつかない天然パワーでいつも科学反応が起きる!事、などなど久しぶりに熱く語ってしまった。これは、子ども相手に関わらず、演劇の魅力だよね。という事。だから、振り返りが出来る仲間がとても必要(^-^)/
アキヤンからも、卒業公演の舞台前の事やらこれから表現したい世界観とかの話が聞けていい時間になった。その変わり二人とも2時間でコーヒー5〜6杯飲んでしまった(^-^;お酒飲みに行けばよかったかな?とも思ったけど、アルコール入ると、話の細かい部分を忘れちゃう事もあるから、デニーズ有意義でしたo(^-^)o
今年度は大きな発表はしない…と言っていたメンバーも、やっぱりやりたいなぁなどと言い出した今日。やりたい!と火が点けば、急に発表が決まるかもしれません。怖いやら楽しいやら(笑)

2011
02/18

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

2/17「おならちゃんの運命やいかに!!」

2/17の午後は新宿区の入学前プログラムの後、夜は神楽坂にお呼ばれしていたので、カートに載せたなにぬの屋の荷物をエッチラオッチラひいて移動しました。乗り換えの高田馬場駅には、私と同じくらいの荷物を持った…年季の入った路上生活の方…いらして何故か微笑まれました(笑)
神楽坂では、紙芝居師の源吾郎さんが催された「新春の集い」に参加しました。源さんを応援する方々の集いで、その日は源さんが「黄金バット」をやるというので、楽しみにそして勉強に行きました!
私がちょうどその日、布芝居一式持って近くの小学校にいる事が伝わり、「ちょっとでも布芝居を紹介したらよいよ」と言ってもらいました。ありがたい(>_<)
すでに、シャンソンやひとり語りを持ち時間10分ほど披露するプログラムらしかったので、私は、隅の方に飾っているだけでいいという気持ちでしたが、なんと私にも、持ち時間10分与えて下さいました。ますますありがたい(>_<)
「へたれよめご」は全体で15分はかかるので、短くするには…
そうだ!昔ながらの紙芝居屋さんの決め文句。「さて○○の運命やいかに!続きはまた次回〜」をやっちゃえo(^-^)oと、話の中盤で「さて、おならちゃんの運命はいかに!」とやってみました。おならちゃんとはへたれよめごの嫁ごの名前です。
本当に一度言ってみたかったんだよねぇ(笑)夢がかないましたo(^-^)o
そもそも、私が「紙じゃなくて布」にしたのは、本家本元的黄金バットの紙芝居をやる方々はたいてい味のある、だみ声(笑)この個性には敵わないから、だから、私らしいのはなんだ?と考えたからの事。
集いの最後には源吾郎さんの「黄金バット」
まさに私が思い描く本家本元!
黄金バットの登場の笑い声「ハハハハハハ」は夢にも出てきそうなくらい印象的ですねぇ
後、いい意味で力が抜けていて、途中話が脱線するのが楽しい楽しい(^-^)/
やたら馬鹿デカイ声になってしまった近頃の私は、またまた思いを新たに精進しようと思ったのでした。

2011
02/18

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

2/16保育園公演〜みんな逃げちゃった!?

2/16水曜日は池袋にある保育園さんに「なにぬの屋×おはなしくじらのおもちゃばこ」として公演してきました!
11/3のコラボが好評だった(自分で言うなって?)私とけんけんさんのユニット!
あれから稽古を重ね、凸凹の二人ならではの作品「カメとカバ」を最後に披露する構成の50分強の作品に仕上げました。
全児演でお世話になっているただじゅんさんに推薦してもらい、決まった公演。ただじゅんさんにはお礼の気持ちでいっぱい…なはずが、「当日、照明器具貸して」に始まり、「組み立てといて」「客席どうしよう」「じゃ先生に聞いてきて下さい(^-^)/」「後で写真送って」
マネージャーか(笑)本当に助かりました。
実は、3人とも10年前には同じ作品で旅したメンバー。同じ釜の飯とはよく言ったものですね。そういえば、来月はただじゅんさんとけんけんさんのコラボが実現するとか(^-^)/
さて、本番の方は、凸凹の二人が喧嘩しながらも、自分の持ちネタを披露していく…という構成。中身のじゃんけんはガチ!です(笑)ちなみに今日は全部私が勝ちました(^-^)/が、その後のハチが刺したゲームで負けてしまう私。手を叩かれる前に逃げるとか本当苦手(-.-;)けんけんさんは反射神経とか(お芝居の中の対応力も含めて)すごい人です。
けんけんさんの「ヤギとライオン」「おふろ」で客席が大爆笑になり、5〜6歳児は「笑いすぎでお腹が痛い(>_<)」と言っていました。さて私の布芝居。途中で、「なんか自分の声がキンキンするな」とは思ったけど…続行。
カメの「危ない!避けてくれ!」と台詞を言うと、一番前で見ていた2〜3歳児クラスが一斉に後ずさり(^-^;
みんな「逃げて」くれて(笑)客席の真ん中がぽかんと空いてしまった。
お話に聴き入ってたんだぁと思いました。でも、後で冷静に考えると、保育園の部屋の大きさに対して、私の声が大きすぎたかも^-^;
劇団時代は、どちらかといえばパワー不足。声が小さくて怒られたけど、野外でやるようになり、怒鳴ってはいないけどそれくらいのボリュームの声が出て、声もほとんど枯らす事がなくなった。少し成長したかと思ったら、室内公演で上手く調節できなかったなんてお恥ずかしい(>_<)
もちろん園児さん、先生達のお話に対しての集中力がすごかったのも事実。
逃げちゃった子達の口はあんぐり開いてましたから(*^o^*)
終演後、園長先生と色々な話をした。新保育システムの事、最近の子どもの傾向。
園長先生には、「同じギャグを何回もしと笑わせるテレビに影響されている子が多い。お話をしっかり届けて、中身で笑わせたり、想像させたりするバタバタしない作品をしてください。」と事前に言われていました。私達も同じ思いで作品を届けたつもりです。お芝居を見た後、こうやって、子どもの事や社会の事を話題に話し合えるって素敵です。
作品がよければこその事。
またあるかわからない?コラボですが、(またあったらいいな)それぞれの活動も頑張るぞ!

2011
02/14

Category:
未分類

COMMENTS:
3 Comments »

体育館で70人の6歳児と遊んてきました(^-^)/

体育館で70人の6歳児と遊んてきました(^-^)/
昨日まで、PETA(フィリピン教育演劇協会)のワークショップを受けていました。ワークショップのファシリテーターのためのワークショップだったのですが、とても、心の支えになるようなキーワードをたくさん吸収しました。「姿勢」の部分が(私にとって)深く響きました。
また、地域とのパートナーシップを深めるワークショップの実践で、世田谷区の下馬にある福祉工房を訪ねたのも考えが深まる時間でした。写真は世田谷みやげにも選ばれている「しもまるくんクッキー」福祉工房で作ってるかわいいクッキー!美味しいですよ(*^o^*)
話は変わって、14日今日は新宿区の入学前プログラムで、保護者会の間の約2時間半!体育館で70人の6歳児と遊んできました。
今日は平日なので学校探険ではなく、体育館で集団遊び。色オニはだいたい平和にできるのですが、だるまさんころんだでは泣き出す子も(-.-;)
「動いた」「動いてない」「ほら動いた」「え〜ん(>_<)」
子どもの喧嘩に大人はなるべく介入しないと基本的に思っているのですが、わざわざ集めて開催しているプログラムですから、それなりに…介入します。
このそれなりに…はかなり難しいですよね。
子どもも大人がどういう出方をするか伺っている訳で。一人間として子どもに迎合するのはよくないし、見抜かれます。
ただ、大人の意見こそが正義と感じる子どももいるので。意見を言う時は「私はこう思う」と言うようにしますが、願いはいつも、子ども同士が遊びの中で、解決したり工夫したり、そんな力を身につけて欲しいなぁ。
今日の目的は「新1年生同士知らない子とも仲良くなる最初の一歩」
この大きな目的を忘れない事が重要。
2人一組や4人、8人とチームになるゲームでは、「知らない子と手を繋ぎたくない」と言っていた子が、ふっと手を握りあった時の恥ずかしいような心地よいような表情。
いいものを見ちゃいました。
やがて、思春期がやってきて、得に男女は手繋がなくなるけどね(笑)それは成長の証でもあるので。願わくば、あの時の手の温もりや、少し飛び越えられた気持ちが、たまってチャージされているといいなぁ。
最後は布芝居を1本観て終了。思いの外静かに、感じるまま思い思いに観てくれた感じです。ホッ(-.-;)
帰りは雨から雪になりましたが、昨日まで受けていたPETAワークショップの影響もあり、また気持ちを新たに熱い気持ちで帰りました。

2011
02/07

Category:
未分類

COMMENTS:
3 Comments »

衣装合わせ

衣装合わせ
衣装合わせ
衣装合わせ
なにぬの屋の日本の昔ばなしの演目の時の衣装は赤い作務衣でした
どこ行っちゃったんだろ(>_<)
そうなんです。実はどこかで落としてきちゃったんです。去年の9月、東京都庁前の都民広場にヘブンアーティストのオーディションを受けに行った帰りに。
次の日、自転車で通った道を歩いて見たけれど見当たらず(>_<)交番に届けると…「衣類ですか?ひょっとすると路上で生活している人が…着ていたり…まっひょっとするとですがねぇ」と言われました。
新宿…そうですね。中央公園も近いし。あの赤い作務衣を?(^-^)まぁそれならそれでいいか(^-^;
そんな訳で、では本腰入れて衣装を作ろう!と思い立ち。なにぬの屋と銘打つからには自分で作ればいいものを(-.-;)かねてから信頼している元劇団風の子の先輩、今はビン笛合奏団Laマーズ団長他様々に活躍している岩切さちよさんにお願いしました。
衣装を発注するなんて偉そうな事をしちゃいましたo(^-^)o紅白前の小林幸子になった気分です。
さて、今日はその衣装合わせの日。デザイン、仮縫い段階で話を詰めていたし、前日には画像も送ってもらい、すごく信頼感はあったのですが、やっぱり出来上がりを着るとイメージが違〜う!それはいい意味でももちろんあり、何かが違う!という事もあり。
ズボンの裾を絞ったらどうなるか?デザイン段階でも検討していたので試してみる
うんうん、イメージにあってきたo(^-^)o主に「いっすんぼうし」の時使いたい衣装だったので、なんかいい感じ!
着物をほどいて作ってくれた、裏地もかわいい(見えないのが残念…だけど昔の人はそれがお洒落だったんだ)
さちさんに頼んだからこそ出来た冒険とこれは私のイメージではこうなんです!という譲れないものと。いい科学反応がおきました(^-^)/
唯一の心配は、布芝居より衣装の方が目立つ事(笑)芝居より衣装が良かったなんて言われたり(-.-;)
なにぬの屋はこうやってたくさんの人に関わってもらいできている総合芸術?的なところがいいところなんです。
後はあの赤い作務衣がどうか棄てられていませんように。江戸時代の人の知恵のように布は最後までリサイクルされて使いたいものです。
今日の衣装は直しが終わったら納品してもらいます。「いっすんぼうし」の時に披露しま〜す

2011
02/03

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

2月は宝さがしで忙しい!?

ありがたい事に、2月はスケジュール帳も、ほぼびっしり芝居に関する仕事スケジュールが入っています。
ちなみに1月後半は、少し別ルート?で着物を着る仕事(アルバイト)していました。何日も続けて着ると着付けも早くなってくるので、私にとってはありがたいのですが。
それはさておき、2月はワークショップの講師としてのお仕事月間。
新宿区の教育委員会が主催する、新1年生の保護者と児童に向けた入学前プログラム。今月8回あるうち今日は私の初日でした。
保護者会の間、児童と約2時間遊び!ます。「入学前に子どもも大人も顔見知りになっておこうo(^-^)o」というのが大まかな趣旨です。劇団風の子の大森さんから5年前に誘われて以来、ずっと関わっています。
新1年生が「なんか楽しかったな」「学校に来るの楽しみ」「地域には面白い大人もいるんだ」そんな記憶が小学校に行って色々頑張る時の力になってくれたら嬉しい!と大森さんに本当にサラっと言われた時は感動しました。風の子の先輩の中でも、早くから幼児ワークショップをやってきた先駆者的な人なんですが、気さくで子ども達を自然に「ありのままで楽しめばいいよ」と思わせちゃうような人です。
大森さんが5年前からやっていた「学校探険」を私もやっています。やっぱり探険には「宝」はつきもの(*^o^*)
大森さんの場合、「私を探して」の指令を解いていくと最後にそれは「1年生の教室の椅子」だった事がわかる(涙)
椅子ちゃんが「待ってるよ」と言ってくれて子ども達はニコニコして帰ります。新1年生とは…まだ幼稚園保育園児ですからね。擬人化やごっこ遊び全盛期(笑)本当にノリノリなんです。
今日も、宝のヒントが書いてある巻き物を校長先生に隠し持って頂いたり(笑)そうしたら校長先生がノリノリでお腹の中に隠してくれたりお茶目な演出をo(^-^)oいい意味で定着してきた新宿区!すごい!!
2月のスケジュールとしてはこの他にも、PETAというフィリピンの演劇教育のワークショップを受けに行ったり(私が受けるんですが…)劇団そら2/20もあるし、ディサービスつみきさんのプカプカ音話、一般公開ワークショップ2/15。北区のブックスタート事業2/25もあります。
さて、私の学校探険での「宝」はなんでしょう(-.-;)景品とかは買えないので、知恵と工夫が必要でした。答えは3月頃のブログで(笑)