Monthly Archives: 4月 2011

2011
04/25

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

アースディの後は、まさか東北へ?

アースディの後は、まさか東北へ?
4/23、24開催アースディで代々木公園にご来場頂いた方々ありがとうございます。私、なにぬの屋の布芝居を初めて見て下さった方、共に、アースディの中の乳幼児、親子が安心、楽しんで過ごせる場所を作った皆さん!お疲れさま&ありがとうございました!!
色々な出会いが一杯あり、書ききれないですが、得には…お米から油を作り、その油で印刷をしているスリーエーさんのブースにいた姉妹(中1と小5?)と仲良くなれて嬉しかったです!2日目は、のぼりと拍子木を持ってくれて一緒に宣伝!のお手伝いもしてくれました(^-^)/
ありがとう筠
他にも色々な人や団体の発信がある場で、さすがアースディ、エネルギーシフトのトークイベントや原発反対アピールなど、じっくり聞きたい話題ばかりでした。
さて、私が関わったキッズランドでは、日本冒険遊び場づくり協会が気仙沼に遊び場をつくり支援していく活動の支援募金箱を置きました。
ご協力をありがとうございました。プレーリーダーを順次送り、7月まで続けながら、そこから、遊び道具を持って巡回活動もしていく、という事なので、その資金に有効に使ってもらいます
まさか私も気仙沼へ…!?
東京の子どもの不安も和らげたいな…と思い、今まで通り布芝居の活動をしてきた私ですが
4月の始め頃
実家の母親から「あんたまさか今東北にいるんじゃないだろうね」と電話がかかってきました(^-^;
鉄砲弾ような娘の性格をよくご存知で(笑)でも、その時はまだ話はなかったのです(-.-;)
調整して8日間空けられた事、母は怒って電話をかけた訳でなく「是非行ってきなさい」という気持ちだという後押しもあり(これは今回有り難かったです)行く事にしました。
遊び場にての支援スタッフに加わります、夜行バスで行くので布芝居持っていくのは厳しいし…演劇人として行くのではない…のですが。いや、立場をうんぬん言う必要はないな。出来る事をしてくればいい…
でも、母からの有り難い言葉としてもうひとつ
「もう若くないんだから足手まといにならないように、体調管理!」
はい(>_<)その通り。母、恐るべし!
気仙沼の事はリアルタイムでは、報告できないかも知れないですが、帰ってきたらまた、東京の子どもに元気を届ける事もしたいし!すでに新作も作り始めています!
行く前にブログを書くべきか迷いました(意気込みだけ強くてもね(^-^;)が、アースディで出会った方もきっと読んでくれてると思い書きました。いってきます。

2011
04/22

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

昨日の続き…とアースディ参加!!

昨日、原発の事について書いたけれど、同じ昨日だったかな。ソフトバンクの孫さんが自然エネルギー転換への資金10億円!ぽ〜んと打ち出しましたね
私は優柔不断というよりあまのじゃくなのか、それはすごい!さすが!と思う反面、脱原発が主流になったから流されるように賛成していくのではいけないなぁと自分を戒めました。
そうは言っても私の周りには、ほとぼりが冷めたら、元に戻ると考えている方の方が多いので、実は意見を表明すると、けっこう叩かれます(^-^;でもそれも意見なのでよく聞きますが
私が「絶対」という言葉にひっかかったのは、「絶対安心よい事です」も「絶対あれが悪いんだ!」のどちらの絶対 にもそれが絶対と言えない〈からくり〉がある…と思っているから。他に言葉が見当たらないので、〈からくり〉としましたが、それは私達の無意識の中にも、仕組まれたものにも、長い歴史の中にも、しがらみとも言える関係性の中にも、ある〈からくり〉。
この〈からくり〉まで突き詰めていくことを、私はしていきたいと思うのです。
脱原発だから→風力という訳にはいかないだろう、自然との共存の道は簡単じゃない…またこの自然エネルギー分野にも経済の論理が入って進んで行くだろうから、新たな〈からくり〉が出来るのでしょう。
私、単純に永遠に危険な廃棄物が残るってのが、嫌なんですよね。
そこで!?話がつながるようでつながってないですが
明日あさって、代々木公園で行われるアースディに参加しています!キッズランド(NHKの前の道をまっすぐ来て丸いステージを過ぎた辺り)のスタッフしています!
なにぬの屋の布芝居は様子を見て、午前1回午後1回やります!雨でも、もちろん!
ペイントコーナーも担当しています!ぐるぐると長〜い布に好きな絵を書いちゃおう!と企画してます!
おいでおいで!アースディ! (^-^)/

2011
04/21

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

映画館にて…原発絶対反対!

昨日は鎌仲ひとみ監督の「ミツバチの羽音と地球の回転」を見てきました
映画はよく観にいくけど、たまに映画館で客席の空気がひとつになると嬉しいものです。今までで1回だけ、何のトークショーがある訳でなく、初日でも何でもないのに映画のエンドロールで場内全員がスクリーンに拍手をした時は感動しました(^-^)/ちなみに「なんだかなぁ」と賛否両論で終わる映画も嫌いじゃないですが(-.-;)
話を戻して、この映画は…原発問題を取り扱う 映画だとわかって皆来ているので会場の仲間意識が強かったからですが、最後に拍手が出ました。
(この先は内容に触れるので今から観る人ご注意を)
映画の最後の辺りで、「上関原発絶対反対」と書かれたハチマキを巻いた反対住民が電力会社の埋め立て目標のブイを設置させまいと船と船で対決する場面(ドキュメンタリーです)がありました。
「本当に農業とか第1次産業だけでこの島がよくなるとお考えですか?」と電力会社。「今後の30年先の繁栄を考えております…上関原発を作ることによって確実な雇用の場が生まれます」
…そうそう私も長い間、この決め文句に左右されていました。私自身が都会で暮らしていて、「地元に帰っても働き口がない」という話を聞いても何もできない、実際、原発が建てられた後、そこで働いている人の事を考えると、絶対反対の「絶対」の部分が揺らいでしまっていました…
その船の上の電力会社の社員が最後に念を押すように「皆さんが心配しているような海が壊れることは絶対にありません」と言った時です。
この「絶対」と言う言葉に場内全員の笑いがおきました。
本当になんとも言えない笑い…だった。場内の空気はひとつなんだけど、その言葉に対する想いは様々。結果的に「笑う」という形になったけど、それは「怒り」でもあり「(今までの自分達の)愚かさ」「悔い」…
もちろん映画の中の人たちは、大激怒です。
25年以上反対運動を続けて「絶対反対!」という文字を書いたハチマキをしている住民達。
絶対…安全…とか、世の中に「絶対」なんて事ってない…
でも、そこに写る反対住民の方々はきっと一生絶対反対して行くだろうな。
この「絶対」はある…な。
私は性格が優柔不断なのに付け加え、たくさん人の意見を聞いて迷うので、今までも原発については悩んでました。
身内に放射線医療関係者がいて、今回の東電原発事故の放射線漏れの数値にも非常に冷静で、彼女にレクチャーを受け私も勉強し数値のみ単純に足して怖いという事ではなく大変複雑なものである事は理解しました。が、ふと「政府発表の数値が間違えてたらどうするの?」と私が聞くと彼女は絶句していました。
研究者は、結局、それ以上は立ち入れないんだ、と思いました。と同時に彼女は自分の専門分野に誇りを持って取り組んできたんだとわかりました。
ブログに原発の事を書くと、かなりのチェックが入るそうできっと読んだ方もコメントしづらいでしょう、私の周りには、やはり経済の安定は従来通りのやり方の「強化」にかかっていると考えてる人も多い。
私は、原発反対です。「持続可能なエネルギーへの転換」と映画にありました、脱原発をして行くのには何十年もかかるかも知れないけれど、その道を見つけるんだ絶対に!と思いここに記します。

2011
04/13

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

5月21日チャリティ公演

5月21日チャリティ公演
全児演という全国児童青少年演劇協議会(お芝居をつくる側観る側どなたでも「演劇」と「子ども」をキーワードに集まる団体)
の企画でチャリティ公演やります
私は企画にも関わり、出演もします。
5/21土曜日
新宿のプーク人形劇場にて!
2時からと6時からの2回
入場料1000円(大人子ども均一)
この収益は被災した子ども達への義援金および現地ボランティア公演の支援金にさせて頂きます
出演は
横山貴央(横山企画)
チカパン
金子ざん(アフタフバーバン)
モコとシドロモロドフ(一糸堂)
太鼓と芝居のたまっ子座
なかむらたかお
篠崎亜紀(人形劇団ひとみ座)
小原美紗(人形劇団プーク)
ただじゅん(ただじゅん企画)
かいでんまさのり(でん舎)
渋沢やこ(なにぬの屋)
けんけんくじら
高坂諭(劇団風の子)
千島清(CAN青芸)
出演は皆プロで全国で活躍してきて、もちろん東北の学校や劇場にても何回も公演してきた人達です
去年の11/3とタイトル同じ!「劇とあそびのこどもまつり」寄席方式です(^-^)/
私は一人で活動し始めてからは東北公演の経験はありませんが、現在子どもの遊び場を作って被災地の子どもの支援をしている「全国冒険遊び場づくり協会」につながりがあるので
もし演劇など必要な時が来たら、何かしら支援したいと思います。
「現地に行くばかりが支援ではないよね」「東京の子どもも余震で怖い思いをしている」「被災地への思いを忘れず継続的に支援したい」そんな話しあいを重ねてチャリティ公演が決まりました(^-^)/
11/3に観られなかった方々から「今度はいつやるの?」と言われていたこの豪華メンバー達と一緒に公演が出来る!ものすごく力強いです
最後に、前回のブログで紹介した4/11にふるさとを歌った(全国冒険遊び場づくり協会ののあまのひであきさんが呼びかけた仲間たち)の動画が観られるみたいなので貼付けます→http://www.youtube.com/watch?v=klYt1htesMg

2011
04/11

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

お花見と布芝居

お花見と布芝居
4/10日曜日、私の所属する劇団京楽座の武蔵小杉のアトリエにて
お花見が行われましたぁ(ぱちぱちぱちぱち(*^o^*))
劇団の前は桜並木!小川が流れています。普段稽古している時はこんなに大きく開けっ広げないんです(^-^;でも今日は日よけ暖簾をどーんと飾って!
例年劇団員が出し物、楽器演奏などをやるのですが今年は自粛…?と様子を見ていました。桜並木には先週は人もまばらでしたし。
でも今日は自粛風潮もなくなり、たくさんの人。京楽座にも座長の同級生の方が来てくれたり近所の方、川崎の市民劇の上演メンバーなどで一杯の人が来てくれました。
出し物として急遽、布芝居出動!しました。桜並木でお花見している人に向けて外向きに!
例によってその時の写真を撮るの忘れた(-.-;)けど、これはこれでいい写真撮れました(^-^)/武蔵小杉の稽古場はこんな感じです
明日は震災からちょうど1ヶ月です。私の仲間が東京の羽根木公園というところに集まり、震災が起こった2時46分に黙祷をし、それから子どもから大人までみんな知っている歌「ふるさと」(うさぎおいしかのやま♪)を歌うんだ!と言っています。
これは全国に呼びかけ、被災地の仲間からも「歌うよ」との声が帰ってきている広がりを見せている活動です。
被災地に想いを馳せながらも、今ここで何が出来るか模索している皆さん(私も)一緒に歌いませんか?
2時46分が無理なら違う時間でも、中断できない仕事なら心の中でハミングでも!
私はこの呼びかけを聞いて、
「歌って、遠くの人に想いを込めるのにとてもいいもの…歌には人をつなぐ力があるな」と思い賛同しました!
私は多分この稽古場のどこかで歌います。稽古中は音が漏れないようにシャッターが閉めてあるので外には聞こえないかも知れませんが。
そして、また私に何が出来るのか模索し続けたいと思います

2011
04/01

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

原発のこと

メーリングリストで回ってきた情報をまた他の人に勧めるのが苦手で、だいたい自分だけで見て止めていたのですが
この平井さんの文章は、是非読んでもらいたいと思い貼付けます。
以下のURLは、平井憲夫さんという、数々の原発の配管をやり現場監督をやっていた方の、遺言ともいえる文章(1995年)です。平井さんは退職後、原発事故調査国民会議顧問などをつとめたのち、 被爆による癌で1997年に亡くなりました。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

私はこれを読むまでは、やみくもに原発反対だけ言っていてもどうしようもないジレンマの中にもう私達はいる。(原発は)なるべく無くした方がいいだろうけど、現に働いている人もいるし…代替エネルギーだって簡単ではない。
と、どっちつかずな意見のままいた私に
こんな視点から原発の事実を知らされ、目がぱっちり開いた感じです
どの道に進むのも簡単じゃないなら、一部の利潤追求や一過性の便利に頼らない決意をしなければなぁ