Monthly Archives: 6月 2011

2011
06/27

Category:
未分類

COMMENTS:
5 Comments »

人の心は計り知れない…

気仙沼から帰ってきました。
この先は文章が長いのでご注意下さい。
………………………
ブログに書く事か迷ったのですが、今回10日間の予定の活動期間中に父親が亡くなり、実家の相模原に3日間帰りまた気仙沼に戻るという事になりました。
回りには早くに親を亡くし頑張ってきた友達、きちんと自立して安心させてあげている友達ばかりの中、私は「いい歳し嫁にも行かず(>_<)稼ぎも少ない」本当に心配ばかりかけました。
また、「役者は親の死に目に会えない」と言われる仕事。
父は20年近く前にも大病を患い、近年4年半は脳出血で介護生活でしたから、何度も、家族とはシュミレーション。今回も出発前は小康状態だったから「決められた仕事は穴をあけない」方針を貫かせてもらった。気仙沼でひと仕事(布芝居も)出来て、スタッフもかろうじて足りなくない日に抜ける事ができた(それでも迷惑かけましたが)のは
「しっかりやって来い!」という事だったのかなぁ。父には申し訳ない気持ちと感謝で一杯です。
それから母親も今まで本当に大変だったと思う。お酒が大好きだった父の通夜は「ひつぎの前で宴会をしたい」…と斎場の方に頼んだのにはびっくり!出棺前にもたくさんの日本酒を皆さんにかけて頂き「浴びるほど飲みたい!ってのが実現したなぁ」と笑いが出るほどでした。
こうやって、文章に書かせて頂いているのは、誰かに聞いてもらいたい、記しておきたい、客観視したい表れなのか…読んで頂きありがとうございます。
身体がなくなり骨になるのがこんなに淋しいのに、未だ行方不明の方がいて、たくさんの死に直面した被災地の方の心は計り知れないですね。
文章にしたり話す事では表せない子ども。これもまた心の中は計り知れない。
今回活動中に、震度5弱の余震があり、原因はわかりませんが、私達の宿舎と避難所が停電になってしまい、子どもがパニックになった事など被災地はまだまだ…プラスの事ばかりではない事を現地に行った私達は丁寧に受け止め、支援して下さる方に伝えていかねばと思います。
私がまた気仙沼に戻る時に
「しっかり体調管理すること、人様を乗せての運転気をつける事」と強く言い聞かせた気丈な母親ですが、今は気を張っているはず。これもまた計り知れない。
阪神大震災の時も、半年、1年過ぎたケアの必要性があがり、10何年後にフラッシュバックが起こる事もあったと聞きました。
日本冒険遊び場づくり協会の被災地支援の活動、なんとか長期でやっていこうと動いています。
私も家族と相談しながら出来る事をして行きたいと思います。
お芝居の仕事も、先日逝った劇団風の子創立者の多田徹さんと父の二人に見守ってもらっていると思い頑張ります(お父さんへ、確か多田さんは飲めなかったと思うのでお酒勧めないように(^-^)/)

2011
06/19

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

ボランティアって…

ボランティアって…
ボランティアって…
まだ、気仙沼の私の活動期間は途中ですが、忘れないうちに記しておこう、いや、忘れられない言葉達に出会いました。
ボランティアって何だろう…というのは、ものすごく深く様々な考えがあるでしょうが、私は、とにかくもやもやしてました。よそ者が入りこんで、子どもとは、遊びを通して付き合うので「がっつり」仲良くなってしまうくせに期日で帰ってしまう事、に迷いまくりの日々でした。
今でも、1週間か2週間で人が変わる度に子ども達に「がっつり」と「別れ」を経験させる事には、負担をかけるなぁ(子どもも大変(>_<)だよね)と思います。
そんな時、遊び場やプレーカーに興味を持ち、見学に来てくれた、遊び場の隣の地区のまとめ役の方を今度は私が訪ねに行きました。地区全体が津波被害が激しかったところ。でも、まとめ役さんはあえてプラスの話をたくさん私にしてくれました。
「海水に使ってしまった畑などの一帯にサルビアとか塩に強い花をば〜っと植えようと思うんだ」「今まで、一歩も外へ出なかった高齢者夫婦が毎日10時に自衛隊さんにお茶を出しに行くのが日課になったんだよ」「津波は憎いけど、避難生活で子ども達の遊ぶ姿を間近で見た高齢者は癒された。だから、これからも避難所だった集会所の前の広場に子どもも高齢者も集まるようにしたいんだ。そのプレーカーってのはいいねぇ。」「瓦礫撤去のボランティアさんが1週間交代で1ヶ月来てくれたんだけどそのボランティアさん達に地区の者で昼食出そうって事になったの。炊き出しの逆だねぇ(笑)。そしたら、地区がみるみる元気になった。千葉の人やら福島出身の人もいて、実際、話をし合うってのが視野が広がっていい経験だ。」「ボランティアさんが、○○なら出来ますよと来てくれる。最初は確かによその人がって思ったけど、誠心誠意やってくれる。だから、こっちもこの出会いから学ぼうって気になるんだ。どうせなら、前よりいい地区に復興したい。会合に顔出す人数も増えたんだよ」
また、遊び場近くの大谷小学校の校庭代替え地の整備を手伝いに行ったら(朝6時から校長先生とPTAの方5〜60人が作業(写真)。あそびーばースタッフ5人で参加した)
「この鍬だけが流されずに残ったんだよ(写真)」という方はよく遊び場に来る子のおばあちゃんで「いや、何が助かるって子どもの事見てくれるボランティアが、も〜う助かる。普段だって元気過ぎて(笑)受け止めきれねぇもんo(^-^)o」
また別の方には
「うちの子、誕生日プレゼントはいらねぇからあそびーばー行きたいって言ってます(笑)」
最後の言葉は、手前みそ(^-^;ですが。子どもも大人が手一杯な事を知っているので…気を使って言ったのかも知れませんね。でも、プレゼントと同じくらいの存在になれたら嬉しい。
やっぱり、できる事を精一杯やるに限る…んだなぁと思ったし、私の「できる事」(子どもに関わる事、演劇、布芝居)が「精一杯」出来るように普段から磨きをかけていなければなぁ
と思いました。

2011
06/14

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

できる事を精一杯。

できる事を精一杯。
毎週火曜日は、午前中、幼児ディサービスつみきさんでのリトミック講座と目黒区のキッズスペースでのリトミック講師&保育で目一杯の一日。
「教える」というより「こんな事してみようよ(^-^)/」「やってもいいよ(-.-;)」的な関係でやっていますが、毎回緊張したり、考えすぎたり、をしてからその当日に突入。結果、毎回楽しくやっています。が、また終わって振り返って反省。
必要な事ではあるけど、私は一日の中で考える時間がけっこう多い自分でもめんどくさい人です。
つみきさんでのリトミック講座(プカプカ音話の二人組で受けている)で相方の松波りか氏は
「子どもの時楽しい!と思った記憶は絶対に残る!!」
と断言する潔い人です。いつも「やっこちゃんが楽しければ大丈夫だよ(^-^)/」とニコニコしながら即興で音を出してくれる。彼女の多彩な音は、子どもの時の「楽しい!」成分から出来ているらしい。
………………………
今日の夜、夜行バスで気仙沼の遊び場支援に行ってきます。http://www.playpark.jp/asobibasien/前にも増して「この遊び場いつまであるの?」「帰っちゃうの?」と聞かれる回数が激しくなってきたそう。
1ヶ月半ぶりに行くので、ちょっと緊張。
こちらの画像は「あそびーばー」がちょこんと乗ってる支援金募金箱。手作りですって(^-^)/
こんな温かい後方支援に支えられてるんだなぁ。
やはり、被災地はまだまだ不安定な状況。小学校校庭の仮設住宅にも入居が始まりました。プールも瓦礫で、遊ぶ場所はない…そう。
できる事を精一杯。
なにぬの屋
渋沢やこ
sivyakko@nifty.com

2011
06/08

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

雨の日布芝居

雨の日布芝居
今日は朝から、確実にシトシト雨が降っていたので、「延期だな」と思っていたら(^-^;「決行します!」とメールが!!

野毛町公園でのプレーカーの日でした!(1ヶ月に1回くらいのペースで行っている遊び場の「出前」みたいな活動です)雨の中自転車をこいで行きました。レインコートで自転車こぐのが熱くて瘀途中2回もジュース買って休憩(-.-;)

午後から晴れる予報という事で、私が着いた頃はもうほぼやんでいて、すぐお昼ご飯(^-^)/持ち寄りの手巻き寿司タイム!持ち寄った「具」の中に何故か「ベビースター」があって(プレーリーダーのたかが具として?!持ってきていた(-.-;)、でもこれが意外にツナコーンと寿司飯の組み合わせに合う(笑)美味しかった(^-^)/

今日は梅雨シーズンピッタリの「あめのひかくれんぼ」

本当に雨の日にやるんだ!って思うと私が楽しみ!!

やってみて楽しかったのは、傘が飛ばされて雨雲の中に入っちゃったけど、その雨雲を抜けると、「空が晴れてたぁ」と言うせりふの時に、ちょうど陽が射して来た!こと。
天然の演出?!すごい!

「今日の紙芝居は、りんごちゃんの傘で思いっきり一緒遊んだ!あめのひかくれんぼというお話でした」という締めくくり。その、りんごちゃんと赤い傘(写真)

ブログに予定を載せると言っていつも事後報告でごめんなさい。6月は、また気仙沼に行く予定などあって、調整していたのです…

6/15からまた気仙沼に行ってきます。気仙沼の大谷地区で活動している子どもの遊び場「あそびーばー」にスタッフとして入ります。遊び場開設から1ヶ月半、近隣の他の地域にもプレーカーで出動する予定。

世田谷の野毛町公園や次大夫堀公園、目黒の東山公園、駒沢はらっぱ近くの小泉公園、新町南公園、三島公園、今までずいぶんプレーカーに関わったけど、皆「なにぬの屋」として。

今回気仙沼でプレーカーに関わるなんて思いも寄らなかった。

「私、プレーカーに向いているかも!?」と手を挙げました。まず「車の免許持っているし」(^-^;
そして「必要とあらば布芝居を始められる!?」(これはあくまで必要なら…ですが)

「向いている」かどうかわからないけど、今までプレーカーにこんなに関わったのは、なにぬの屋が自転車で「出かけていく」という事と…共通点があるから…更には、恩師がいる劇団風の子の創立きっかけは、戦後の焼け野原でリヤカーでの文庫活動…これとも共通する。

被災地での活動は、いつも限界が付きまとう。撤退の日が来る事、そもそも、広い地域のほんの1ヶ所、プレーカーだって何ヶ所かのうちの数時間。私自身が活動できるのも長くて10日「いつかは帰る大人」。東京でも公演が待っている・・

そして、私は今たまたま冒険遊び場づくり協会との関わりで宮城県に入っているけれど、原発問題のど真ん中の福島に暮らす子どもの為に何か行動を起こしているだろうか、それこそ紙芝居屋として福島を回ったらいいのだ…とずっと考えている。

身体が2つも3つもないとダメな話、あんまり根詰めて考えちゃいけない、いけない。

「所詮よそ者」が被災地に行くのがいいのか、常に迷うのだけれど、きっと、私は、いつの世の何処に生まれても、やっぱり「出かけて行く」人なんだろうなo(^-^)o

↓支援金のご協力のお願い

日本冒険遊び場づくり協会

http://ipa-japan.org/asobiba/index.php

なにぬの屋
0334183514
sivyakko@nifty.com

2011
06/05

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

劇を見た後の子どもはすごい!

今日は全児演でもお世話になっている、ただじゅんさんから依頼を受け、板橋区の保育園ふぼれん(父母会の連絡会で保育問題などを共有してらっしゃる会)総会でなにぬの屋を親子で観劇して頂きました。
一昨年も呼んで頂きました。その時は「へたれよめご」と「ねずみきょう」だったので、今年は「いっすんぼうし」の演目プラス布遊び。
布遊びは一昨年もやったのですが、初めての子もいるので「ハンカチ便利の歌ピクニックバージョン」。ハンカチで食べ物を色々作りました。
そして、手品コーナー!実はひとつひとつの手品は合間にやっていましたが3つ続けてコーナーにしたのは昨日からで2回目o(^-^)oやっぱり手品は順番とか「振り」とかがとても大切。組み立ててきたつもりなのに…意外に最初の手品のたねが…あっさりわかると思ったら幼児達がぽかんとしてオチにならない(^-^;私のやり方がわかりにくかったよねぇ(>_<)
1番2番はなんちゃって手品で、3番が本当の手品!になっていく予定だったのですが…
そして「いっすんぼうし」
お話に入ると、皆し〜んと聞きはじめる。急に鬼の役になったお父さんも大活躍でありがとうございました。
…いつも外のざわめきの中でやっている為、室内で、皆がお話に集中し物音もしないという空気にちょい緊張しちゃう私でした…でもこれ、室内が続くと身体が逆転して、外のざわめきに自分が集中できなくて空回りしたりもします。臨機応変な身体にならなくてはダメですね(^-^;
さて、なにぬの屋の時間は終わり、子ども達だけその場に残り、親御さんは隣室で会議。なにぬの屋を見ていたゴザの上におもちゃが広げられ保育の時間になりました
なにぬの屋の片付けをしながら、子どもに話しかけられ、ハンカチを貸すと
早速さっきの手品をやっています。種をひとりひとり教えたので(本当になんちゃって手品なんですが(^-^;)皆「出来た〜」と大喜び。
次から次と遊びが発展。ハンカチで食べ物を作る子。保育士さんが、ハンカチでキャンディを作ってくれました。
3番目の手品でウサギが人参を食べたのを真似して「指とか色々なところを食べる遊び」(笑)
身体が大きくなったり小さくなったりする遊び
こちょこちょとくすぐるんだけど、「僕は見えないからね」という設定の遊び?!
保育士さん2人、小6のお姉さん2人もよく小さい子を見てくれていて。幼児達は、おもちゃで遊びたい子はおもちゃで遊び、想像ごっこがいい子は(だいたい5〜6歳)ごっこ遊びをしている、楽しい1時間半でした。
よく劇を見た後、「劇に出てきた事を真似して遊んでいました!すごいですね」と言われますが。その中に「私も入れて遊んでもらった」という感じ。公演しに行って、逆にプレゼントをもらって帰ってきたようなものです。
でも、帰り道、お弁当も食べたはずなのにお腹が空いていてケーキセット食べに寄り道(*^o^*)あの1時間半で相当、体力吸い取られたみたい(笑)劇を見た後の子ども…すぐ想像のスイッチが入っちゃう子ども…って本当にすごいっ(^-^)/

2011
06/04

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

のざわテットーひろばでは有名人?!

のざわテットーひろばでは有名人?!
のざわテットーひろばでは有名人?!
のざわテットーひろばでの布芝居は、もう5〜6回目!
バザーが年に2回行われるので、その度に出没させてもらってます
今日は、はじめましての方もいましたが、ほとんどの親子は見てくれていて(赤ちゃんだった子は覚えていないかも知れませんが)顔見知りさんのあたたかい雰囲気に包まれました。
朝、私を見つけるなり小学生何人かが「あっ紙芝居屋さん」と自転車の側に駆け寄り、チリンチリン!とベルがなるかを確認しに来ました(^-^;前回見た時、私が、ベルを鳴らそうとして、かすり続け、とうとう口で「チリンチリン!」と言っていた…のをずっと覚えていたそうです(笑)
有名になったと思ったけど、覚えているのはそこかいっ!(-.-;)
今日の「あめのひかくれんぼ」は、ほとんどストーリーがない…ので、わっさわっさな感じ(写真)でもお客さんとの掛け合いがたくさんあるから、「一緒に遊んだ感」がものすごく残り、楽しい作品だったと言われる不思議な作品です。
本当にストーリーは起承転結の転がないくらいなんですが(^-^)/
綿菓子屋さんも、なにぬの屋の横で繁盛してます(写真)
今日のバザーの売上の半分を冒険遊び場づくり協会の気仙沼や仙台の遊び場支援事業に寄附してくれるそうです。
今日は気仙沼の話は、私からはあまり上手く報告出来ず…でしたが、テットーひろばで壁に写真などの報告をまとめて貼っていたのでよかった!
終わってから、世田谷プレーパークへ劇団そらのポスターを貼りに行くと明日の30周年の準備をしていました。
行く途中、お腹が空いたのでコンビニで買ったから揚げ棒を路上で食べていた時、さっきのざわテットーひろばで見てくれたお母さんに会釈されちゃったo(^-^)o恥ずかしいとこ見られてしまいました。有名人は気をつけなきゃ(-.-;)と思いました。

2011
06/03

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

梅雨好きのなにぬの屋〜6/4はのざわテットーひろばです〜

梅雨好きのなにぬの屋〜6/4はのざわテットーひろばです〜
梅雨大好き!と言うと、あれ?野外でやるのに雨になって中止になっても?と聞かれます
いや、雨の日対策は(室内に変えるまたは順延日をつくる)してもらいたいものですが、「お天気にはかなわないもん!」と言うことで…
雨の日って作業が進むんですよね〜o(^-^)oなんでだろう?雨音がいい気がする。BGMというかヒーリングみたいな感じ(*^o^*)
布の色分けも梅雨の時期に(写真)
今週土曜日6/4(もう明日だ紇)は
のざわテットーひろばでなにぬの屋です。
去年秋に出来た新作「あめのひかくれんぼ」やりますよぉ筠梅雨にピッタリ(笑)
めったにやりません(^-^)/でも6月はたくさんやります。
のざわテットーひろばは世田谷区野沢3丁目の住宅街にある「遊び場」です。隠れ家みたいな空間です。6/4は11時〜14時までバザーやってます。
なにぬの屋は皆さんがお昼ご飯を食べ終わる頃見計らって始めます。12時半から1時の間に始めます!
お近くの方どうぞお気軽に!お越し下さい。
(携帯からなので地図とか貼付られなくてごめんなさい(>_<)住宅街の中なので、来る前に場所を調べてからの方が迷わないですよ)
なにぬの屋お問い合わせ
sivyakko@nifty.com
0334183514