Monthly Archives: 12月 2011

2011
12/31

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

なにぬの屋IN仙台

報告が遅れました!!

12月前半のなにぬの屋はちょろっと報告しましたが、後半の報告を^^前回のが長かったので今回は短めに(笑)

20112

おっとこれは12/7に行った「荒井2号公園遊び場」にての写真だ!

仮設住宅に隣接している公園です。津波を被り、閉鎖を余儀なくされた仙台市若林区の「海岸公園冒険広場」(ぼうひろ)のメンバーが、同じく津波被害の大きかった若林地区の4か所で出前の遊び場をしているんです。

今回私が「よっしゃ仙台に行く!」と思ったのは、自分たちの遊び場でプレーリーダーもヘリで救出されたり、管理棟の泥出しや片付けも大変な「被災者」である彼らが、「何か手伝う事はない?」と私が聞くと、「今いるメンバーで力を合わせる事、地域の中でできる事をやていくのが大事」という意味の事をおっしゃってて、「震災前から大事にしようとしていた事をね、しんどい時もあるけどコツコツやっていくから」・・・ん~~~これは、力強い

あっまた長文になるとこだった。と、そんな(ぼうひろ)の仲間つながりで12/24に2公演してきました!!

午前 仙台市青葉区のびすく仙台

2011

午後 多賀城市児童ディサービスたけちゃん家

2011_3

この「たけちゃんち」ネーミングがいいです。利用のほとんどが特別支援学校に通う子どもたち。放課後、まるで隣のお家によるような感じで通ってほしいという意味でつけたそうです。今まで使っていた建物は津波で流され新しく場所を貸してくれるところがあり、再開したそうです。

上の写真たちはぼうひろの仲間が撮ってくれたもの。

そして、12/24の事をブログにしてくれているぼうひろメンバーのブログ、ぼうひろのホームページも見てください

http://blog.canpan.info/warasuko/archive/1914

http://kaigankouen.bouken-asobiba-net.com/

ふ~やっと書けた・・遅くなりました。

2011年のほんのほんの一こまですが、また、なにぬの屋として、ふら~っと^^行き、出会った子どもたちに「また来たよ」と言いたい。そんな事を思いながら

2011
12/19

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

劇団そらの衣装屋さん

プレーパークに遊びに来る子どもたちの中で「演劇がやりたい」という声が上がり始まった「劇団そら」先日、なんとか3月に発表をしたいなぁと方向性が決まりました!!のはずが、なかなかパシッと集まれないメンバーたち。中学生もいるので部活がある。受験生もいる。それでも「やりたい」とはいうものの、元々遊びこんでいる子どもたち。やりたい事は他にもある。

子どもたちが本物のお金を使ってお店を出す「子ども商店街」。これの前はみんな気合が違う!!お金儲けができるからね。お店の準備があるといってはお休み。

でも、何があっても「劇団そら」にはちゃんと来る子もいる。

私も小学生の時、好きなことには何があっても風が吹いても槍が降っても(笑)休まず行ってた。演劇?いえいえ小学生の時は「フィギアスケート」でした^^朝早く寒いのに、遠くのスケート場まで自転車で行ってた。でも、オリンピックを目指すようなお金を払って習う教室の横のスケートリンクでやってる無料講習会^^;それでも3年は通った。

で、その後が演劇。

まぁそれはさておき、やりたい事がひとつ!という子もいれば、色々浮かんでくる子もいる。今は部活優先!と発表は出ない子もいます。それをひっくるめて「演劇で遊んでいたい」という集まりが「劇団そら」

で、最初の話題の子ども商店街に戻りますが、「劇団そら」の活動を烏山プレーパークの「子ども商店街」の一角でやっちゃえ!と18日の日曜日、行ってきました。

劇団そらで名物なのは、舞台美術がいつも「段ボールだけ」とか「ひもだけ」とか同一素材で遊ぶこと。なので、今回は烏山にあった茶色い包装紙のみ。←これがたくさんあった。

これを丸めたり、切ったりして、衣装や被り物を作ろう!というお店を出した。子ども商店街はガチで商売しているので、隅のほうで無料でやる形にした。お金を持ってきていない子や飽きちゃった幼児が寄ってきた。面白かったのは、お店を出している子までが、衣装屋さんで遊びだしたこと・・・

聞いてみると「だってお店にお客来ないんだもん!」(笑)

という訳で、劇団そらのメンバーはお店に打ち込み、メンバーじゃない子と楽しく一日を過ごした^^できた衣装(天使、悪魔、うさぎ、着物、リボン、なんか大きな耳、人のよさそうな顔の人、)などで「キャラクター鬼ごっこしよう」→ははは、それが演劇です。

2011
12/19

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

12月前半のなにぬの屋~報告~

報告が遅れましたが12/2~5まで気仙沼のあそびーばーに行ってきました。といっても、その週は雨と大風であそびーばー閉園続き。だったので、土曜日は小泉地区の「くりの木ひろば」という遊び場に出動しているプレーカーについていき、主催しているNPOの方たちと話し、地元の方とおしゃべり。プレーjカー担当のプレーリーダーぶんちゃと話しこみ・・。日曜日はあそびーばー常駐プレーリーダーかんぺ~と「あそびーばーのクリスマスどうする?」とおしゃべり。その夜は宿泊させてもらってるシャンティ国際ボランティア会(SVA)の方たちのミーティングや話に耳を傾け、結局何人かと話しこみ・・

結局話に行った??みたいですね、でも、話を共有するのも仕事・・と思って話してくれたのかも。そして、その話をまた東京で伝えるのも私の仕事・・と思うけど、それは、直接会った方から徐々にね、簡単な話ではないので。まあ「復興」はまだまだという事。でも、ひとつひとつの積み重ねに頭が下がりました。

さて7日からは仙台に

仙台の冒険遊び場の仲間に「私、身体空けたよ。布芝居できるよ」と声かけて、それに応えてくれたことで実現した遊び場公演。東京でやっている時と同じように遊び場の様子を見ながらやりました。

7日(水) *荒井2号公園 仮設住宅が隣にある公園でした 午前に保育園園児が集団でお散歩に来たので早速、布芝居。走り回りたい子や工作していたい子はそのままでお話好きな子だけが見ている感じだったのがよかった^^思い思いに遊ぶ日常の遊び場として活動し始めたばかり(震災後)で今定着しつつあるという遊び場。若林区にあります。午後は小学生たちに布芝居!!こちらも走り回りたい子ばかり(笑)でもやっぱりいる・・お話好きな子。見終わった後全部再現してくれたり、3Dテレビごっこになったのが楽しかった。

8日(木)*伊在の仮設住宅の集会室でやりました。ここは大きな仮設なので、私のように「芸」をやりに訪れる人が多かったみたいです。なごやかにできたのは、ここでも子どもの遊びコーナーに関わる西公園プレーパークの仲間がとても溶け込んでいるからだろうな。乳児親子とその場にいたおじいちゃんおばあちゃんがお客さんでした。

10日(土)*七郷児童館&荒井4号公園 学童の子と職員さんがお客さん。そして一昨日の2号公園で会った小学生も遊びに来ていた。一度会った子にわりとすぐ会える!!のは、なにぬの屋やっていて一番の喜びといってもいい!!嬉しかった。児童館の職員さんに「アンコール」って言われました(笑)芝居のアンコールって^^

11日(日)午前中西公園プレーパーク 冒険遊び場一斉開催の日でした。メインはおもちつき!!そして、前日に整えて作ったという円形劇場?で見てくれたお客さん。短い時間の中でたくさんいい出会いがありました。 

そして午後は、先に決まっていた石巻の遊び場へ移動。この移動を買ってでてくれたぼうひろのプレーリーダーおかんに感謝。

11日午後 石巻子どもの遊び場住吉小・・・のちょっと離れたところに取ってもらった会場の公民館。実は、野外だと寒いだろうと取ってくれた公民館の公演はお客さんは・・・親子ひと組^^でした。私の最少遂行人数・・遊び場から離れているとか、色々理由はあったかもしれないけれど、ちらしに「布の紙芝居」って書いてあっても忙しい師走に親子が集まってくるには「?」ですもんね。よくひと組きてくれたとも言える。

この親子とは終わった後布芝居を一枚一枚めくって触るという^^濃い関係がとれて私は嬉しかったです。「ぼくたちだけ?」と始まる前、緊張させちゃったかも知れなかったから。

自分の記録も兼ねて長々となってしまいました。10月11月は身体が空かなかったので、計画的にこの時期を「東北に行くんだ」と空けました。ボランティア公演、遊び場の仲間が受け入れてくれた公演。

「やっこが持ち出しにならないように」と気を遣われ、ご飯を食べさせてもらい、貴重な話を聞きまくり、寒いでしょうと地元の方にマフラーもらっちゃったりして過ごした今月前半のなにぬの屋。

支援とはなんだろう・・もし、私の芸が「見ていてもしょうがないや」という芸だったら、ただの押しかけで申し訳ない。だからと言って気負い過ぎても重いよね。

今回の事は私の中ではこんな気持ちで押さえることにした。

「子どものいるとこどこへでも」 

私が以前所属していた劇団風の子のキャッチフレーズ。被災地でもそうでなくても。きっと私はこうやって全国の子どもたちに会いに行くんだ^^でも、今度行く時は「あの噂の」とか「なんだかすごいらしい」と尾ひれをつけて(笑)そして、今だけじゃなく10年後とかに東北行ったら、「あの時の・・」子に再会したり!!とそんなことを考えながら一つ一つの公演をきちんとやって行くんだ。(あ~長くなっちゃった)

 

2011
12/14

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

なにぬの屋の下見&打ち合わせについて

久しぶりのブログアップになりました
今回は、「布でつくった紙芝居!?なにぬの屋」の下見&打ち合わせについて、記事にしたいと思います。下見というのは、私が、これから公演する先の会場を下見する方の話です(*^^*)
会場が野外の場合と室内の場合と両方あります。あとは、お祭り会場だったり、神社だったり、結構色々なところでやるし、晴れたら外雨だったら中!!という場合もあるので私の場合
下見がとても大事(^〇^)
どちら向きで座ってもらうか…など、電話では伝わらないし、当日判断するとなるとその分時間もいるし、事前にイメージを持って入りたいですからね♪それでも変わる時は多々あります(笑)
がそれはそれ(^-^)v
劇団では担当者が行ってくれたので役者は行かなくてよかったのだけど、なにぬの屋は一人だから(((^^;)でもこの時間がいい本番を迎えるための大事なポイント
直接温度が伝わるから、ひとりでやるようになってかえって嬉しいくらい\(^^)/
さて、なにぬの屋下見&打ち合わせポイントをあげておきますね♪
会場の広さと観客数の確認、客席の向きと椅子やござなどあるかの確認、
舞台になる側の背景の確認、入場口や人の流れの確認
上演時間から逆算した入り時間、終わった後の片付けの時間の確認、
上演料金の確認、
それから主催者さんの思いや主催団体さんの成り立ちを伺ったり、
そうこうしていると…「室内だけどあの自転車!!で是非来て欲しい!!」とか「図書館の自転車でよければそれ使って!!」とか「1回目と2回目は場所を変えて!」とか…
その主催者さんとのその催しだからこそ出てくる無理難題(^_^)いえいえ
個性が見つかって面白い。
あと、電車で行く時はカートに路上生活者並み!?の大荷物なので、エレベーターのある駅を使ったルート発掘をしておかなきゃです^^;私の最寄り駅から渋谷に出て山手線に乗り換えようとすると…長い階段を4回は登り降りしなきゃ行けない…(または東横線近くまで回っていくとエレベーターがあるけど)
自転車で行く時は、自転車で下見に(さすがに普通のマウンテンバイクで)行きますが
ギアがないなにぬの屋の自転車を頭に浮かべ…登り坂は押していく想定で時間計算(^_^)あまり登り坂多いと引き返して別道探します(笑)
以上下見のお話でした
逆に!?なにぬの屋を下見!!したい方♪いらっしゃいましたら
季節が暖かくなったら、公園など出没して行きます!!お知らせしますのでお待ち下さい!!

2011
12/04

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

12月のスケジュールほぼ東北(*^^*)

ブログ更新がすっかり押せ押せになりすみません

なにぬの屋の12月スケジュールはほぼ東北(*^^*)です。

なにかと動いているうちにご縁があり、まず一番先に決まったのが、4月から日本冒険遊び場づくり協会が気仙沼に「あそびーばー」という遊び場を作って支援してきた大谷地区にある幼稚園公演!!

これって偶然!?と思いきや…4月の初旬におもちゃを持って被災地に駆けつけたおもちゃコンサルタントのただじゅんさん(太鼓あり芝居ありの作品をやっている演劇人でもあります)が呼ばれたところに、私も便乗させてもらったという訳です

でも、それもご縁、子どもの「遊び」にも「演劇」にも関わる同志であるただじゅんさんと私が偶然にも同じ大谷地区に深く関わっていた…という事からただじゅんに声をかけてもらいました。

そして12/4またまた気仙沼に来ています!

!今週はあそびーばーのスタッフとして(*^^*)今日はその幼稚園の生活発表会を見学に行ってきました♪あそびーばー常駐スタッフのかんぺ~君と一緒に行ってきました・・・「かんぺ~」コールの中「あれ?やっこ?久しぶり」と珍しがられました。

そして園長先生は「あら!!今日はあそびーばーの人なのね」(*^^*)と臨機応変に迎えてくれました♪

12月のスケジュールの話に戻りますね!!

12/2~

12/5まであそびーばースタッフ
12/7仙台でなにぬの屋
12/8仙台でなにぬの屋
12/10仙台七郷児童館でなにぬの屋
12/11午前中仙台西公園プレーパークでなにぬの屋
午後石巻住吉地区の遊び場でなにぬの屋
~東京に戻り打ち合わせの嵐~
12/17、18は劇団そらの子ども達と世田谷区烏山プレーパークで活動

12/21気仙沼大谷幼稚園でただじゅんさんと一緒に「なにぬのどんどん劇場 」
12/22仙台宮城野区児童館にてただじゅんさんの作品にゲスト出演
12/23気仙沼あそびーばーのクリスマス会参加
12/24仙台でなにぬの屋
12/25気仙沼あそびーばースタッフ

あら!?お気づきの方いると思いますが^^;プライベートのクリスマスはないのかい?というスケジュール…てもクリスマス用に作った布芝居作品もあるので、がんばってきます

上記のスケジュールでは公演にかかる交通費を舞台支援室から出して頂いたり、助成金で出して頂いたり、あそびーばースタッフとしては、日本冒険遊び場づくり協会の支援金から日当を頂いたり、と私がせめて持ち出しをしなくてすむようにと、たくさんの方に支援をしてもらって組んだスケジュールです

日本冒険遊び場づくり協会被災地支援サイト

http://www.playpark.jp/asobibasien/

舞台支援室

http://pfc2011.jugem.jp/?cid=2

 

2011
12/02

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

事後報告「西の魔女が死んだ」

事後報告ですが朗読音楽会「西の魔女が死んだ」@東北沢bambooスタジオ
無事終了!!大成功!!致しました♪\(^^)/

いい作品に巡り合わせて頂きました
足をお運び頂いた方々ありがとうございました\(^^)/

そして関わった全ての方々皆さん素敵で主催の武田竹美さんに感謝します

演出は丁寧にして下さり嬉しかったし、舞台美術も宣伝ハガキも素敵でした

また、朗読しながら癒されたのは素敵な作曲とピアノ演奏♪
若い才能!!でありながら、お二人ともなんて素敵な人格者なんだろう(*^^*)(涙)

共演できてよかった(^^)/

写真後でアップします

では写真を追加。左からピアニストの佐田詠夢さん、美術の松村あやさん、私、主催の武田竹美さん

Large_4

そして今回改めて強く思ったこと。

言葉を声に出すこととピアノを奏でることは共通点があって、というか・・芸術はみなそうかも・・台本を読みこむ・・・楽譜を読み解く…そして強弱・テンポ・ニュアンスあらゆる感性を使って音に出す・・・

今回の朗読音楽会では、そんな言葉とピアノ両方が生きるように朗読と音楽が同時に流れることはない。という演出でした。・・・だから「朗読音楽会」

今まで言葉と音が重なるように演出しているものにしか出ていなかったので(それはそれで吟味を重ねてやっていますが)両方の魅力を、改めて感じることができました。