Monthly Archives: 7月 2012

2012
07/21

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

岡谷で公演!!なにぬの屋~久しぶりの諏訪湖~

7/15日曜日
前日から入ったホテルの朝食を頂いたレストランから諏訪湖が見えて気持ちのよい朝でした!

岡谷子ども劇場さんの事務局が入っている建物には3つくらいの部屋があり、子育て支援の拠点となるような親子向けのイベントを行っているそうです!そこで今回はなにぬの屋が呼ばれたという訳です

また日常的にも2歳さんまでの幼児サークルをやっているそう
なにぬの屋は東京でも子育て支援の活動にめちゃめちゃ関わっていて応援の気持ち一杯です!お話を頂き嬉しかったです

しかも2ステ♪午前と午後は内容を変えて!!と(^-^)/それも嬉しい要望です
稽古はたくさんしないといけないですが、その分新たに取り組める事もあり…

今回は
午前が
あめのひかくれんぼ
かめのこうらはひびだらけ

午後が
ねずみきょう
へたれよめご

これはねずみきょうのセット
あれ?すみません画像が回転してない…後で直します…

今回は4作品持っていく為に車を借りて移動→車ならもうちょっと荷物積めるじゃん♪→じゃこの楽器もこの楽器も…と追加してみました
アコーディオンと木琴♪結果乳幼児ちゃん達の客席の雰囲気によく合いました

なにぬの屋の定番になりそうです
アコーディオンは取り入れやすかったですが木琴は今後も車でないと無理ですが(^^)

そんな訳でなにぬの屋前から計画していた軽バン買います!!

えっまた荷物が増える!?
いやいや自動車で行くのも大事にしながら、さらにバージョンアップしていきたいです

岡谷子ども劇場の皆様、朝から夕方までありがとうございました♪お話もたくさんできてとてもいい時間でした!
劇団時代からよく休憩さた諏訪湖SAでわざわざ?休憩してから帰りました~

2012
07/06

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

流しそうめん楽しい(^-^)/

昨日7/4はまたまた野毛町公園のプレーカーに助っ人してきました!!

なにぬの屋とか芝居の話のブログのはずが、遊び場の話ばかりになりつつある今日この頃…でも昨日の流しそうめんは本当に楽しかった~

流しそうめんは人をつなぐ力がある~と思いました

その力(魅力)とは!

第1位♪もちろん美味しい!それが食べたいから。お昼に食べ、おやつにもやりました(笑)

第2?位手間がかかる!場合によっては竹を調達するところから始まり、竹を半分に割る手間、角度を考えて台を探したり…もしかしたら、竹が長くて一人で持って設置するより人手がいるのも魅力かも(*^^*)

image

第3?位行程が見える!だって誰かが流してくれないと始まらない(笑)
第4?位チャレンジ性がある!
そりゃそうだよね!!角度によっては急流な中必死にとらないとお腹には入らない…しかも至近距離で誰かが流していようが、直接おわんに入れて!という子は一人もいない(笑)

image

番外…青竹で取ってきた場合必ず直径が細い部分は残るので、それを使い、箸やそば著を作るなんてのも風流(*^^*)

第5?位会話が弾む♪「あらうちの子こんなにお箸上手に使えるなんて」と幼児のお母さん。そこに居合わせた別のお母さん「じゃ家でも流せばいいじゃない!!あはは」そこへまた知らないお父さん「いいですね!!ベランダにつなげれば排水もOK」「4歳にして箸持つの上手くなるかも」「必死さが違うもんね~」(笑)

以上、流しそうめんが人をつなぐ!!魅力について語っちゃいました♪でもこれ地域を笑顔にする事に通じる力かも

流しそうめんの片付けは私が想像していたより大変だった^_^;土にこびりつくミミズみたいだし…けっこう拾うの時間かかるし(>_

片付けをしながら、私は何故か子どもの頃夕焼けの終わりまでたっぷり遊んだ記憶がよみがえった!!流しそうめん…をしたかどうか、それを誰か片付けてくれたかどうかは…記憶にはないけど、
子どもの時にたっぷり、時間の切れ間なく(これ大事♪)遊んだ記憶は実は心の置く深くに刻まれている。ふかふかのお布団にくるまって寝た記憶のように

だから、子どもが育つ、「地域」は人の心がつながっていた方がいい。流しそうめんみたいに、人を巻き込み、つなげて行くなんと素敵♪

この「夏だけしか味わえない」ほどよい非日常さ!!や、去年やったからと同じようにするのでなく、台にする物が変われば角度も変わる…くらいのゆる~さもいいと思う。

昨日は更にチャレンジでそうめんの合間にプチトマトや枝豆、卵焼きまで流してみた(^-^)v大人でも上手くつかめません!こういう楽しい事は「子どもの為に」だけじゃなく大人も楽しまないとね

もちろん子どもはいつでも自然に「あ~楽しかった」という毎日を過ごしていたら、実は強制される事よりも、後で取り出しやすい記憶として残る…のだと思う。