Monthly Archives: 1月 2014

2014
01/22

Category:
「なにぬの屋」

COMMENTS:
No Comments »

1月のなにぬの屋^^

わぁ、1月のスケジュールを発表しないままもう22日になってしまいました^^;

では、さかのぼって報告してみようと思います。

 

昨日21日は、世田谷区の上町児童館さんでなにぬの屋でした。

いつも利用している幼児サークルさん中心だったと思いますが、部屋の広さにちょうどいい人数でよかったです。去年に引き続き呼んで頂いた児童館職員さんありがとうございました!!

公演の前に打ち合わせをして、今回はお正月明けだし、日本の昔話でもよいのでは?という話になりました。実は日本の昔話は語りが多く乳幼児にはあきられてしまうかもと心配がります。でもそう言って、読み聞かせにも登場しないことが多いので益々聞きなれないもの・・・になってしまう、それでは残念です。

という訳で演目はなにぬの屋一押し^^の「なにぬの屋のいっすんぼうし」にしました

またその日は地域の中学生が「職場体験」している日ということで、「巻きこむ」と尚良い!とのことでした。

巻き込むと言っても、まさかお話の中の鬼役やら、楽器やら、拍子木を打つとかそんな無茶ぶりだったと思ってもみなかっただろう中2の三人、よくやってくれました。終わった後、幼児に接する姿が可愛かった^^いい公演になりました^^

19日日曜日は、強風突風の中、外でなにぬの屋。子育てサークルさんのイベントでしたが・・あまりの風の強さに主催者さんたち部屋の中へ避難したりで大忙し。気が付くと一人で準備。自転車が倒れたのを直すと違う台が倒れ・・・という具合。「アウェィな現場だぁ」とすっかり弱気、凹んでいると、お客さんが一組来て、ゴザが風に飛ばされないように座っていてくれました。係りの人も本番には駆けつけてきてくれ、結果喜んでもらえました。

なにぬの屋は、始まる前は心細いのはいつものこと、いつもジタバタ、一喜一憂です^^

 

13日日曜日は、獅子舞と太鼓のただじゅんさんに呼んでもらい、コラボさせてもらいました。

新宿区の榎町の路上、道を封鎖して遊んだり、獅子舞やったり、地域の方たちが活動しているんですって!!すごい^^私は20分くらいを受け持ちました。ただじゅんさんの獅子舞を毎年楽しみにしている方達がいっぱい^^。布の紙芝居も「へぇ珍しいね」と言ってもらった。甘酒は苦手な私もなんだか嬉しくなり2杯飲んじゃった^^

 

以上さかのぼり報告でした。もちろん、なにぬの屋以外も色々。劇団そら台本1稿完成!リトミック講師に全児演総会in名古屋、気仙沼ING企画・・と忙しい1月です!!

2014
01/16

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

新年初!!…気仙沼あそびーばー

震災後につくった子どもの遊び場「気仙沼あそびーばー」

今回は本当に顔出す程度(>_<)

1月26日東京で企画した被災地の今(ING)を知る報告会
「気仙沼ING」メンバーと打ち合わせ

前回7月に話してくれた内容に更に今(ING)がの現状と思いが加わっています
是非(^-^)/都合が合えば来てください。企画は私です

以下お知らせ

「気仙沼ING(あいえぬじ~)」
~気仙沼在住の若者3人とハナスカダリ~ 
2014年1月26日(日)18時受付・18時半~21時15分
下北沢駅徒歩3分北沢タウンホール11階らぷらす研修室4
主催 渋沢やこ 会費500円

気仙沼に移り住み活動する「気仙沼あそびーばープレーリーダー」の神林(かんぺー)
と気仙沼出身・在住のゆみこちゃん、生業支援などで長期滞在中のたけだくんが来ます。
被災地の今(ING)を知ってほしいという気仙沼の若者と

知りたいとは思いつつも日々の忙しさに追われる、もう若くない^^関東人の私が企画しました。
前回も知らない話を聞きつつ気仙沼名物を食べたりの双方向の話ができたハナスカダリ
是非!! お問い合わせ sivyakko@gmail.com 09035338509

2014
01/11

Category:
「なにぬの屋」

COMMENTS:
No Comments »

クリスマス行脚

年をまたいでしまいましたが、去年のクリスマス行脚の最終日
福島市の学童クラブさん公演のご報告!!

以前から何かの機会に寄ってくれたらすごい嬉しいです
小さいところだからプロのお芝居をここに呼ぶ…来てくれることはないよねって言ってたんです

古い民家を利用した学童クラブさんは
在籍児童11人職員さん2人
和室と8畳の部屋のふた部屋

この日はクリスマス会

だからなにぬの屋終わった後もちゃっかりケーキ食べて、夕方お迎えの時間までいちゃいました!!みんな家族みたいでした♪

この学童クラブさんは
喜多方のフェスティバルでなにぬの屋を見てくれた方が
紙芝居屋さんならこの部屋でもできると声かけてくれたのです
その方とは東北道を北上する時にいつでも寄ってと言ってくれるので、本当に寄らせてもらい福島市の今の子ども事情をお喋りするようになりました。その中で出てきた話

そして、なにぬの屋のクリスマス行脚は何年か前から
12月後半は
普段、予算がないとか、こんな小さなところに!?と遠慮して公演まで結びつかなかったけど縁があるところに
むしろ積極的に行くボランティア行脚期間です!

私は時々、出演料なんていらないよ!!裸の大将みたいにその日のおにぎりがもらえればいいんだよ(^-^)/と極端な事を思うんでそれを実現する期間です

そうじゃないと、なんだろう…生のお芝居見たことない子。遠くに連れてって高いお金を払う環境がないと見られないもの。になっちゃいそうで

私の尊敬するマーキーというファシリテーターがワークショップする時
「お金が心配な方、求職中の方、後払いや農作物などでの支払いもOKです!」って書いてあって素敵だなぁと。
そのワークショップがどんな人に求められているか、配慮があっていいな~って

なにぬの屋は今年もあちこち出没しながら、色々な出会いを模索していきます!!
どうぞ2014年もよろしくお願いします!!