なにぬの屋
@mrjackson

2021年度後半の公演について と インタビュー動画できました!

はじめまして^^または にどめまして^^さんどめまして^^の方もいるかもしれません。

このページは固定ページにして、なにぬの屋のホームページやブログに初めてたどり着いてくださった方もいると思い、今年度の現状についてご説明しておきたいと思います。(2021・10.22更新)

2021年度後半、特に10月からは、感染拡大も少しおさまりつつあり、油断してはいけないながらも、保育園公演や子ども劇場さんなどの公演は予定通り実現しています!
公演形態は、保育園・幼稚園、図書館、児童館、子ども劇場公演の基本は、お話2本と手遊びなどの構成で50分公演。野外でのスポット的な公演は30分公演です。
公演料の詳細や、他の構成プラン、または一日に数ステージなど、どんなお問合せでも構わないのでお気軽にどうぞ。お問合せフォームまたは info@naninunoya.net まで

******************************************感染症対策について

画像にありますように、なにぬの屋舞台セット、自分の立ち位置の目印をビニールテープでつけてあります。演技中はマスクを取らせて頂きます。それがお話を表現するのに必要だと思うからです。そして、立ち位置から客席最前列までは2メートル離しています。コロナ以前は、客席に入っていく演出がありましたが、今は全くしていません。少し迫力に欠けるかも知れませんがお許しください^^

さて、

なにぬの屋は、依頼されたところへは「どこへでも行きます」という形でやっています。

人口の多い地域から人口の少ない地域で移動した際を目安にPCR検査を受け、検査を受けて結果が出てから数日様子を見て、次の公演を入れてきました。今も原則は変わらないのですが、どうしてもスケジュール的に検査の結果が出てから「数日」空けられない時があります。なので、10月からは、公演当日に「抗原検査キット」で陰性を確かめてから公演に向かうようにしました。

でも!PCR検査にしても抗原検査にしても、誤差がでるもので万全ではないです、だからと言って「2週間経過を見る」というのは現状に合っていない気がしています^^;なので、この文章をみて、感染症対策が心配だと思ってしまった方は、公演依頼をとどまってください。早く、何の心配もなく公演ができたらいいのですが。

ではでは、色々書きましたが、どこかで、直接お目にかかれますように!!

☆☆☆なにぬの屋のインタビュー動画(ロングバージョンで15分くらいあります^^;)が出来ました!☆☆☆

初めて「布芝居?」を知った方に様子がわかるように野外公演の様子もいれています。プロの監督さんに撮影と編集をお願いして、東京都練馬区の光が丘プレーパークさんの協力で2020年に撮影しました。ちょっとお時間がある時がありましたら、ぜひ、ご覧ください!☆☆☆