Monthly Archives: 9月 2012

2012
09/30

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

9/30日曜日、台風が来る前になにぬの屋

9月30日、品川旗の台のこぐまっこまつりでなにぬの屋やってきました!!

場所は保育園の前の緑道です。
台風が来る前にお祭りもなにぬの屋も無事終了!!最後に参加した反省会が終わってから降ってきた雨。こぐまっこまつりを待っていてくれたみたい(*^^*)で感謝

反省会に出て聞いたところ、なんとこぐま保育園さん今年で50周年なんですって。園長先生と話していると近所の方や保育園卒業生の方がひっきりなしに声をかけて、先生とは打ち合わせにならん(笑)くらい

0~1歳児の保育園なのに、すごいなぁ♪町中に「家の子こぐま、私の孫もこぐま♪」って会話が聞こえてくる。お父さんたちの焼きそば店やバザー、沖縄音楽のバンドは子連れでその子たちが牛乳パックで作ったエイサー太鼓を持ってて可愛かった♪すごくあたたかいこぐまっこまつり

またこぐま保育園さんは、6年前から毎年のように声をかけて頂き今回が3回目、私が駆け出しの頃からちゃんと「出演料」として用意してくださる貴重な園。「出演料」でも謝金でも一緒でしょと思うかも知れませんが、駆け出しの頃からちゃんと芸として呼んでもらった…それに答える為に精進をする…まさに育てて頂いたようなものです。

なにぬの屋やって7年目、最初の何年かはどこへ行ってもアウェイな事も多かったので、今日の「待ってたんです~」の言葉には涙 (>_<)

こういうお祭りいいな~今日頂いたパワーをまた他にも届けます~

2012
09/26

Category:
「なにぬの屋」

COMMENTS:
No Comments »

9月26日水曜日、国立富士見台団地幼児教室風の子さんにて

なにぬの屋やってきました~

フジロックで見てくれた保育士さんが繋いでくれました!!有難い

団地っ子だった私は着いたとたん「ここいい(^-^)/」自分の子ども時代を思い出しました♪団地って、敷地内では車は徐行するし、芝生は広いし、見守られているようで解放感もある最高の遊び場でした♪

また風の子の保育士さんと保護者さんが協力して作る風の子まつりは手作り感溢れるおまつりで、手作り魚つりゲームや電車ごっこコーナーなど素敵な発想ばかり♪いや魚つりはよくあるか…と思いきや、魚がめちゃ可愛くてみんな手に大事そうに持ってる…これいいですよね、手をかけたものは必ず伝わる…特に幼児期はそれが記憶の奥底に刻まれると思うんです。

なにぬの屋はかめのお話。踏切が近いから騒いじゃう事があるかなと思ったら、すごい集中力で、外なのにまるで部屋の中にいるようでした
ご縁があってよかったです

子ども達が布芝居の前で電車ごっこしている写真、顔がアップだから載せられませんが私の宝物にします(^-^)/可愛い!!載せた写真は帰りに保育園の中で見せてっもらった子どもたちと保護者で作ったという運動会用虎ちゃん、虎舞をするそうです。楽しい運動会を!!

2012
09/24

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

語り芝居「はやたろう」試演会!!

9月は劇団銅鑼さんのアトリエで公演する語り芝居「はやたろう」の稽古でした
なかなかブログ更新できずすみません

本番は11月10日と11日まだ先ですが
試演会が9月の24日月曜日、上板橋にある木下の介護ライフコミューン上板橋さんという施設で行われたのです
お客様はライフコミューン上板橋に入所されているみなさん

さて語り芝居「はやたろう」は劇団銅鑼の馬渕真希さんが企画した劇団銅鑼のアトリエ公演です
ライフコミューン上板橋さんのご協力で試演というより初日を開けさせて頂きました…私は客演という形ですが、二人芝居!!なので
2月頃から原作を読み合わせだんだんと芝居にする稽古でアイデアを出したり舞台美術としてパネルを製作してみたりしました

まだ11月に向けてバージョンアップしますので変わるかも知れませんが24日は人生の先輩方に快く見て頂けたようで本当に感謝です

11月の詳細はまた後日

2012
09/03

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

9月のなにぬの屋

いつも事前にスケジュールを出していなくてすみませんでした!

そして9月は舞台出演(本番は11月ですが…)の稽古と布系の舞台美術などの製作の為
ほとんど、なにぬの屋な~し(>_<)すみません~1回だけ!!
9月8日日曜日世田谷公園内の世田谷プレーパーク青空祭り出演!!
まだ時間は決まっていないけれど、朝からいますのでゲリラで2回やるかも
青空祭りは11時から3時まではやっていると思います
食べ物ありバザーあり!!です
SLのある世田谷公園へどうぞお越し下さい

そして11月に出る舞台は長野県の昔話「はやたろう」をふたり芝居でやります
企画は劇団銅鑼の馬渕真希さん!!会場も板橋の劇団銅鑼アトリエです

なにぬの屋をやっているからこそ!?客演として呼ばれたのでは…と自負してます♪頑張らねば(^-^)/
また詳細アップします(^-^)よろしくお願いします

2012
09/02

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

なにぬの屋号あそぼッカー計画!?

黄色いかわいい車は日本冒険遊び場づくり協会が被災地支援活動で走らせている遊び道具を満載したプレーカー通称あそぼッカーです!!なにぬの屋号と駐車場で並んだので(真ん中の車は違います(笑))撮ってみました!

気仙沼のあそびーばーと共に私が関わり、これからもずっと応援していきたいと思っている活動です。あそぼッカーのハンドルを握り実際走らせているのは須永(ぶんちゃ)という私が駒沢はらっぱプレーパークのプレーリーダーだった時の相棒です。日本冒険遊び場づくり協会から長期で派遣されています。東北の各地からあそぼッカーの出前依頼があってとっても忙しい・・それだけ被災地での遊び場、復興していこうとする町づくりの中での遊び場、が必要とされているということ。私も色々な形で応援します。よろしければ是非サイトも見てください

http://www.playpark.jp/asobibasien/

そうだ!!
あそぼッカーほどインパクトなくても、私もシルバーのなにぬの屋号に絵書きたいな~
そうそう布芝居終わったら、その後子どもと遊んじゃうから、家にあったグローブ、バトミントンラケット積んじゃおう^^楽器も全部積んで!あっ絵本もいいね。

おかげさまで私の部屋は綺麗になり^^なにぬの屋号は満載に!!
あれ?私何を目指しているんだろう^^ははは

2012
09/02

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

南相馬へ南下^^

さて、車で北上するのにえらい大変なんだという事がわかった私、でも、自分の車で行ったからこそ行っておきたい所へ足を運べる

南相馬で被災後、子どもから大人までみんなの居場所づくりをしている方たちが夏休み連続開園している遊び場「みんな共和国」へ

春休みは公共施設の室内で開催していたところへ、気仙沼からかんぺーの車で遊びに来ました。その時は部屋いっぱいの段ボールの山、ダイナミックかつ変幻自在の遊び場!!というとてもそそられるものでした

今回野外での開催にあたり、放射線測定や除染・清掃と大変で大切な準備に尽力されたとのこと
そんな遊び場!私が行った日は最終日でしたが、ちょうど24時間テレビの中継地になっていて多くの人でにぎわっていました。遊び場は木陰が多い魅力的なところで、それぞれ好きに遊んでいて大人も子どもも居心地のよさそうな雰囲気。「なにぬの屋」の道具一式積んで行ったものの「今日は必要ないっか」と木登りなどして(笑)のんびりすごしてました。24時間テレビで来ていた有名人のお笑いライブを見たり・・

が、突然むくっと「なにぬの屋やるのが一番わたしらしいな」と思い立ち準備開始!レトロな自転車の威力は絶大で周りにどんどん人が集まって来て、関係者の方快く許可して下さり(というか珍しがって?)やらせてもらえる事になりました。
子どもも大人も高校生たちも囲んで見てくれたのが嬉しかったです。喜んで頂けた・・と思うのはあきらかにその場の人と距離が縮まったな~と感じたからですがどうだったかな^^
終わって片づけていると「孫が楽しんで見ていたので」と話かけてくれたおばあちゃん、お家は浪江町で津波で流され、原発で近くに帰ることもできない、郡山まで行ったけど、せめてもっと浪江の近くで・・と南相馬に戻ってきたそう。そんなおばちゃんから「これから東京に帰るのかい?」と聞かれ「はい」というと投げ銭のように千円札を握らせてくれた。「そんなそんな」と思い返そうとして触れたおばあちゃんの手から、何か受け取ったほうがいい気がしてありがたく受け取りました。
「孫がこの遊び場気にいってね~何回も来ている」とおばあちゃん。この出会いは「みんな共和国」という場所が心地よい場所になっていたからこそ。みんな共和国の資金にするのが筋でしたよね~(反省)
でも、私のような風来坊的な、特にお芝居をやる人は「自分が何かしたい」を地元の方に押し付けることにならないように、いつも気をつけていなければと思うので。そんな思いを胸にこの千円札大切に、私、受け取って帰りますね、ありがたく・・・

夕方、浪江町のここから先通行止めというポイントまで車で行きました。そこから見た夕焼け・・・

また行きます・・芸を磨いて

2012
09/02

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

お寺パワー

話が前後してしまいますが、気仙沼に行く当日の昼にはなにぬの屋の仕事が入っていました。世田谷区宮坂にある乗泉寺さんの納涼祭です。しかし朝からゲリラ豪雨!?開催が危ぶまれる中司会進行のT氏は余裕で「やむでしょ~」

その言葉通り開始時刻には晴天!さすが晴れ男!ピンポイントで晴れさせる(こんな言葉ありましたっけ?)事ができるんですね。この納涼祭の売り上げはつながりのある被災地への支援金になるそうです。なにぬの屋の出番が終わってすぐ移動する私、快く送り出して頂き感謝です。そして道中で食べてとお客様からおにぎりの差し入れを投げ銭のように最後に渡して頂きました。山下清画伯になった気分です(笑)本当にどうもありがとうございました!!

さて、気仙沼では去年からボランティアの宿泊拠点として清凉院さんというお寺にお世話になって(シャンティ国際ボランティア会さんがプレハブを建てさせて頂いている)きました。その清凉院さんの地蔵盆祭りが8月の26日に行われました。

本堂から張り出しをした能舞台のような立派な舞台。ご先祖様が帰ってくる8月に地元の方の踊りや舞などとても芸達者な方々のご披露があり、プロの方の唄や三味線の演奏に心洗われるそんな催しでした。

そこに「何か出し物を!」ということで急きょ結成されたシャンティ&あそびーばースタッフウィズわたくし布芝居

一夜限りの「へたれよめご~清凉院の巻~」
いつも一人でやっている「へたれよめご」がおならちゃんの役をシャンティの美人スタッフ、おばあちゃんと悪者役はあそびーばースタッフ!お寺によく遊びに来る(去年8月まで避難所でしたので生活していた)子どもたちも含め総勢10名近くで「屁で吹き飛ばされるところ」をやったのは圧巻!!私は語りだけやっていたんですがもう楽しくて楽しくて
そしてお寺のご住職と副住職がサプライズ出演もしてくれ(これがまた素晴らしいさすがのお人柄!)わたしにとってなにぬの屋にとって宝物になりました。

去年近くの大谷幼稚園でなにぬの屋を見て覚えていてくれた子どもが声をかけてくれたり、あそびーばーに来ていた子、その子の親御さんなどなどに続々と再会できたのも「お寺パワー」
去年の8月には開催できなかった地蔵盆祭り・・・参加させて頂き嬉しかったです。ありがとうございました。

2012
09/02

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

車で北上(*^^*)気仙沼へ

8月にまた…行って来ました(^-^)/気仙沼あそびーばーへ。今回は車で自分の運転で行きたい!!と自費で行く事にしました。現場には今、長期スタッフがいるので今回は特に要請された訳ではなく、またこれからも自分のできる範囲で現場に了解をとって訪れたい…と思うんです。地元の方のニーズを把握し関係を保っているのは長期スタッフ!!その長期スタッフの手助けが地元の方へつながってくれると思う

今までは私があそびーばーに活動に入る時は日本冒険遊び場づくり協会の被災地支援活動として支援金の中から交通費を出して頂いていました。元プレーリーダーとして…といっても今の本業は芝居なので、現役のスタッフが行けない時や少ない時を補う形です。それが結果、この1年半かなりの回数行っちゃいました(現役のプレーリーダー達はそれぞれの現場があるので出してもらう為には現場が休みの時か現場を世話人さんなど地域のボランティアの方に入ってもらうのです)私も阪神・淡路大震災の時にそうして派遣してもらえた…被災地に2週間とか1ヶ月行くのは無理でも何人かで2~3日ずつなら担えるよ!!という方に支えられて…支援活動とは支援金だけではないのですよね~

そうそう先日のフジロックの駄菓子屋の売上の寄付も日本冒険遊び場づくり協会の被災地支援活動へ頂きました そんな被災地外の思いをかみしめ感謝しながら…

前置きみたいな文章が長くなりました(>_<)ごめんなさい
でも毎回被災地に行って帰ってくるとこれでよかったのかな…という思いが残りモヤモヤします。ボランティア行ってやりがいあってすっきり~と帰って来る事はまずない私。自分がすっきりする為に行く訳じゃないのでそのモヤモヤがいいような気もするけど

以前私はもしまだ被災地を訪れていない方で機会があったら是非目に焼き付け空気を肌で感じに訪れてほしい…と地元の方でそう言っている方がいる…とブログに書きましたが、
今回は8月の夏休み気分で来ている方が多いのか、写真をパシャパシャ撮り仲間で談笑している光景をいくつか見ました。
談笑はたまたま重なっただけとは想像するものの、悲しくなってしまいました。近くのガソリンスタンドの女性も言っていて、来て知っては欲しいし感謝もしてるけど、私ら見せ物じゃないから時々むむっと思う。と

さてさて、車で北上は東京から気仙沼まで軽バン私のひとり運転で7時間半もかかってしまいました(>_<)今まで高速バスで夜間だからあっという間に感じていたけど…遠い

やはり個人で何回も行くのは限度があるのだろうな~だから組織的に支援する大切さがあるんだな~と運転中!に何度も思いました…