2021年度 なにぬの屋の公演について

2021年度…つまり4月過ぎてからの最新情報を投稿しようと思ううちに、またもや蔓延防止、緊急事態宣言と、一年前に「まさか一年以上続くことはないよな」と思っていたことが、目の前に来てしまいましたね。

やはりゴールデンウィークのお仕事は飛んでしまいました。

自分のことばかり言っていられません・・宣言が出るという事は、「状況が厳しい」訳だから、このままこの仕事に関わっていていいものか、正直悩みます。
日々頑張っている医療・福祉、流通などの関係の方に、何もなすすべなく、申し訳ない限りです。

公演については、去年から言っていたように、呼ばれたらどこの町へでも公演にいくのが私の仕事なので(私は福島県郡山市在住です)人口の多い地域から人口の少ない地域へ移動するタイミングで、PCR検査を受けてブログにその情報を更新しようと思います。(2021.5.7陰性)それでも検査結果の陰性が絶対ではないので、日々の体調管理をして、少しでも体調がよくない場合は、公演に出向かないようにします。(プロなら這ってでも行けって教わってきたんですが、今はその反対^^;しょうがない)

また、コロナ前は客席に入る演出をしていましたが、今は一切無くして、最前列の子どもから私の立ち位置まで2~3メートルあけて客席を作っています。ただ、お話に入ったらマスクは取って、透明のマウスシールドで演じていますことをお許しください。やっぱり、顔の表情含めた表現を届けたくて。
※コロナ対策についてはお問い合わせの際にご相談していきます。疑問や心配があれば言ってください。


さて、そんな今日この頃、映像制作のプロの方に頼んで、なにぬの屋PR動画を作ってもらいました。
そのPR動画(ショートバージョン)で1分半くらいの方が先に出来ました!!
ロングもある予定です。

特に初めてこの「なにぬの屋」にたどり着いた方どうぞ見てください。



2021
05/10

Category:
スケジュール

COMMENTS:
No Comments »

5月23日(日)東京都板橋区内(予定)「とっぴんぱらりん座」出演

なにぬの屋の私は、一人の公演だけではなく、コラボ公演にも出演します。

子ども劇場さんの鑑賞例会です。(子ども劇場さんと会場で連絡を取り合い、十分注意して密にならない公演形態で実施する予定です)

今回の「とっぴんぱらりん座」は、ただじゅんさん、けんけんくじらさんとのコラボで見た目にも相当な凸凹具合の3人で送るオムニバスの舞台劇です。私はこの作品の中で、布芝居「カメのこうらはひびだらけ」をやります。そして、3人でお芝居もします。4月末から5月初めに、埼玉県で稽古してきました。

緊急事態宣言中ですし、状況が悪化した場合にはどうなるかわかりませんので、(予定)としておきます。

そして、「子ども劇場」とは、普段から会員同士交流を深めたり、企画を練り相談しながら、子どもの文化と余暇活動などの権利を守ろうと取り組んでいる団体なので、

お問い合わせは直接 子ども劇場いたばし さんまで。
こども劇場いたばし (wixsite.com)


※会員になって頂くと見て頂けます。コロナ禍、顔の見える同士で観劇するのはむしろ安心感があるかもしれません。こういった地元の活動にご興味ある方いらしたら、私に直接メッセージでもよいですのでどうぞ!!

2021年もよろしくお願いします。

なにぬの屋、2021年のご挨拶が大変遅くなりました。本年もよろしくお願い致します。

去年からずっとこのブログのトップページになるように設定していたのが、コロナ感染防止対策。

まだ、これを掲げなくてはいけない年明け。辛いですが^_^今年も、慎重にやっていきたいと思います。(PCR検査 2021.1.12陰性)

実は、年末から年始の私は

久しぶり?に女優として?

劇団銅鑼さんの舞台「語り芝居 はやたろう」に客演。稽古稽古の毎日でした。

劇団銅鑼さんがあるのは、東京板橋区です。

普段、東京の仕事の時は、実家のある相模原から通うのですが、なにぬの屋東京連絡所にしているプカプカ音楽教室に泊まり、そこから二駅歩いて通いました。実家の母も高齢だし、あまり動かずに、しかも運動にもなるしと。

そして、緊急事態宣言が出ました。

稽古は19時で切り上げなんとか仕上げ、13日は滋賀県の小学校で公演してきました。この日が初日、滋賀県は緊急事態宣言が出ていないという事で予定通り実施してくれたのだと思います。ですが2月始めまであるはずだった公演はほぼキャンセルです。仕方ないですね。

この舞台の仕事を受ける時に

例え、公演が出来なくなったとしても(←その場合収入がなくなるとしても)稽古では表現に向かえるだけ有難い!と思って受けたので、気持ちはブレずに向かえたけれど。やっぱり、この初日公演があるとないとでは違った。目標にしていた初日に公演できた事、学校さんもとても喜んでくれた事が何よりです。

あっ

どんな作品か

劇団銅鑼さんが作っているYouTubeチャンネル

この撮影した頃はまだ公演全部出来ると思っていた頃ですが。

これを編集してくれたのは劇団銅鑼の若手メンバー。もう劇団銅鑼さんの若い子達すごくよい子達で照明音響についてくれて、ものすごいよくしてもらってます^ – ^有難い。

zoom(オンライン)による出演と「生きる」っていうこと。

コロナショック以降、生活や価値観が変わってきて、対面して直接会うことが制限されていたり、心配だという場合に、「オンライン配信もあります!」が普通になって来ましたね。zoomというビデオ電話をつかった会議ツールももうだいぶ普及。(ネット環境に詳しくない私ですが、実はイラクの平和支援に関わってきたので、zoomだけはコロナ前から使っていたのでした)

なので、そのイラクの平和教育に関わるピースセルプロジェクトで4月から隔週で取り組んできたのが、zoomによるオンライン読み聞かせ。日本語、アラビア語、クルド語、英語、韓国語などの絵本をそれぞれ母語にしている読み手さんが読みます。私はもっぱら紙芝居担当。海外の人は紙芝居を見るのが珍しかったりもして、だいたいは短い可愛いお話なんですが。先日は、ちょっと重厚な物語を読みました。童心社さんから出版している小川未明さん原作の紙芝居「のばら」です。(これは私のボランティア活動なんですが、オンラインでの読み聞かせということでちゃんと許可を得ています。)

その「のばら」はどんな話かというと、ある国境の二つの国のそれぞれの兵士の交流と悲しい結末です。つまり、戦争はいけないという結論?…まぁ、そうなんだけど。でも教訓めいたことがなく、そして切ない。私はこの物語を読むのには、一人では読めないなぁ(伝えられないなぁ)と思いました。そこで、若き紙芝居師(紙芝居発祥の地で母の後を継いで活動している)三橋とらちゃんに共演してもらいました。いや、三橋とらちゃん一人で読んだ「のばら」はとても素晴らしく、とらちゃんなら一人でも伝えられる人。だけど、「のばら」は二人の兵士が出てくるので、どうしても二つの声でやりたかった私からラブコール。快く受けてくれたとらちゃん、ありがとう。

読み終わった途端に、あぁこの話を紙芝居に残してくれてありがとう童心社さん!て思いました^^そして、とらちゃんが紙芝居やこの作品にかける想いは、私なんか到底およびもしないもの、とても地に足のついたもので。私もしっかりしなければと思い直させてくれました。


話は飛びますが、この配信日が18日で、その次の次の日の20日、今度は私は、難病児のためのオンラインスマイルデー(主催は東京おもちゃ美術館さん)の撮影でした。これもなにぬの屋で30分時間をもらったのだけど、いやいやこれは、クラウンヤマちゃんとやりたいと思い、またもやラブコール。もう私って他力本願^^;


写真を見てもらえばどれだけ、私がクラウンヤマちゃんに影響を受けて楽しく芸が出来たか(あっ、ヤマちゃんのは芸だけど、私のは芸じゃないです^^;おしゃべりみたいなもの)わかってもらえる。で、最後は、サイレント紙芝居「シルクハット」を!サイレントだからセリフはないけど、二人で反応してお客さんと共有しながら、音楽や効果音をけんけんくじらとただじゅんさんに入れてもらうというぜいたくな撮影でした。これはオンラインスマイルデーの9日のプログラムになります。ぜひ、障がいを持つ方とそのご家族で興味をもった方いたら申込みくださいませ。

https://home-from-home.jp/systems/wp-content/uploads/2012/10/2020smileday-web.pdf

クラウンヤマちゃんは、「空の村号」という舞台作品で共演した俳優さんだけど本業はクラウンでその技と心は超一流。
https://www.youtube.com/channel/UC4JBRijb_hAB0OtvK0oJNew/featured
↑ヤマちゃんのyoutube チャンネルのタイトル「胃がんを宣告された道化師 道化師としての生き方」 で公表している通り現在闘病中なヤマちゃんのつぶやきにこんなのがあった。「人生は楽しむものだ」

私の中で「のばら」となにぬの屋と なぜ 子どもたちへ届けるのか?何を届けるのか?つながったような気がした。
私は普段からちょっと性格卑屈な人で^^「人生は楽しむもの」ってそんな言えるような境地へはなかなかいけない。人生最大の困難にあってもそう思えるのか。はたまた人間は、誇りやアイデンティティや尊厳や色々譲れないものが他にあるかもしれない。けど、まわりまわって「人生は楽しむもの」ってほんとうにそう思えたら、そう伝えることができたら…
戦争やいじめや自殺しなきゃいけないくらいの生きづらさ…が世界からなくなるかもしれない…

人間の力ではどうしようもできないことを前にして、あ~~~て思う事もいっぱいある最近ですが。そのくらい、この二日間の出来事は大きかった。とらちゃん。ヤマちゃん。みんな。ありがとう×1000^^

なにぬの屋の近況とこれからの公演について 

(2021年2月加筆)

はじめまして!の方やなにぬの屋さん今どうしてるかな?とか
または、福島県の保育園の方で、「今度うちの園で公演する人どんな人なのかしら?」と調べてこのブログにたどり着いた方もいらっしゃると思います^^

最近、新たにお問い合わせがあり、「県内のパフォーマーさんなら安心だと思って」と公演依頼が・・・
「ありがとうございます。あの、正直に申し上げますと、私は2015年に福島県郡山市に拠点をおきましたが、今も首都圏含め全国あちこち公演に行っています…」

これを電話で伝えると絶句されてしまう事も^^;ありました。

「せっかく安心だと思って頼んだのに、それはうちの園に来るのは心配」という方がいたら、その気持ちはとてもわかるので、私に直接か、依頼者の方に不安を伝えてください。

私も、自分が感染源になってはいけないと、移動はすべて車、人口が多いところから少ないところへ行くときには十分気を付けて、検温や体調管理、郡山の自宅に帰ってから数日様子を見てから人に会う、会食は避けるなど今も気をつけています。

それでも、私はあちこち頼まれたところで公演するのが仕事。また表現者として紙芝居を演じるときに本当はマスクしないで表現したい。だって、喜怒哀楽を伝えることが仕事。

だから、客席最前列までは約3メートルあけて公演。距離が2メートル以上とれない時は透明のマウスシールド。準備の時はマスク。
そして、二週間に一度を目安に、自費でPCR検査を受けています。
(2021・2・19陰性)

でも、でも、陰性だったというのは検査した日までのこと、擬陽性や偽陰性も数%あるので信憑性はどうでしょう…過信してはいけない、と言い聞かせています。

だからだから、ちょっとここまで読んで不安な方は、すべて落ち着いたあとに見送りましょうと提案してくださいね。私からも、少しでも体調が悪いときはこちらから見送らせて頂きます。

それでも、なぜ活動しようとするか?
「今年は楽しい行事が全部なくなってしまって・・」
「マスク姿の大人の顔ばかりみて育つ子どもが心配」
そんな声を聞くからです。

子どもの成長は著しく、子どもの「今」は今しかない…表現や感情の種が育っていく「今」届けたい。

また、感染することも怖いけど、「感染した人」と周りから言われるのが怖いという大人の声。

あ~~その窮屈さや困難を乗り越える子どもになってほしい、いや、子どもを取り巻く大人や社会が窮屈じゃダメじゃん。

確かに敵は「新型コロナ」軽視してはいけないと思っています。高齢の方と暮らす家族、持病を持った方など。インフルエンザなどとレベルが違う怖さの敵なんだと思います。

またコロナで色々気にやむ生活の中、先日13日には大きな地震がありましたね。建物の被害があったり、片付けが大変だったりと聞きます。(私の家も色々倒れたり割れましたがなんとかなりました)

 早くこの心配な状況がなくなるとよいと心から思います。ただ、まだもう少し混乱が続きそうです。
なので、どうしたら私のような小さな公演でも、いや小さな公演だからこそ、少しでも安心して見てもらえるかを考えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

なにぬの屋 渋沢やこ




7月26日15時から!オンラインなにぬの屋です!!

もう一度ごあんないします!!
コロナ禍で、対面した直接の仕事が4月からいったんすべて無くなりました。が、それは私だけでなくほぼ皆同業のパフォーマーがそうでした。切り詰めて暮らしながら、新作を準備したり、前回ご案内したYouTubeをあげたり。

7月の今、対面の公演や親子遊びなど復活してきました。感染拡大防止の万全な対策をして、主催者さんと相談しながら。

それと並行して、zoom(ビデオ会議のアプリ)を使った企画には積極的に参加しています。それは、もちろんコロナ禍でまだまだ外出が心配な方がいるからですが。小さい兄弟姉妹が具合が悪くて観劇には行けないという親子だったり、身体に障がいがあって出かけることは困難だったり、世界各地からつながりたい!だったりそんな今までつながり切れなかった人とつながれる可能性のあるツールだからです。

YouTubeと違うのはzoomはライブなので、ハプニングもあり^^;直接対面しているときに大事にしている「温度」も伝えていきたい!そんな気持ちで私が動いていたら!!!同じ考えを持った!!熱血紙芝居師のたっちゃんから
誘って頂きました。ほぼ無料のものが続く昨今ですが、有料のシステムを作ってくれてこうやってどんどんパフォーマーをゲストに呼んでくれる意気込みだそうです。たっちゃんの紙芝居も見て、なにぬの屋もあってお得?と考えてくださ~~い^^

zoom初の方も、もう駆使している方も、親子で参加の方は参加チケットの方が双方向で突っ込みも入れあえる(笑)ので面白いですよ。観覧の方はビデオオフなので、私たちから突っ込まれることはなく(笑)安心してみるだけ(笑)です。

ぜひぜひ!私に直接問い合わせてくれてもOK!! info@naninunoya.net

7/26(日) 「たっちゃんのリモート紙芝居ライブ3」 を開催します! 今回のスペシャルゲストは、福島県から出演してくれます 『なにぬの屋・渋沢やこ』さんです! やこちゃんファンのみなさま、お待たせしました~♪ \(^O^)/ 日時:7/26(日) 15:00〜16:00 (14:30から「zoom」のミーティングルームを開場します) チケット代金: 「参加」1,500円(15組限定) 「観覧」1,000円(80組限定) 詳細および、チケットの購入は、 https://kamishibai.stores.jp/ 「紙芝居屋さんドットコム」 をご覧下さい♪

画像に含まれている可能性があるもの:2人、渋沢 やこ 康子さんを含む、テキスト

郡山 カルチャーパークでなにぬの屋!!

さて、19日日曜日は、郡山市のカルチャーパーク(屋内遊び場)にて、「布で作った体験型紙芝居!?なにぬの屋のやこちゃんとあそぼー」午前と午後2ステージでしたー。コロナ対策で、カルチャーパークでも入場制限もありややこしいので、ついにWEBでは宣伝せず^_^

しかも今日から夏の暑さと天気の良さで隣のプールが朝から満員!そんな中よく、なにぬの屋に来てくれましたー

なにぬの屋をカルチャーパークさんに繋いでくれたのは、NPO法人ココネット・マムさん。ありがとうございました。内容は前半は体動かしてシマウマのしっぽを探す?ワークショップ。後半は「カメのこうらはひびだらけ」のnewバージョン!ちなみに、来週26日はこのnewバージョンをさらにオンラインzoomバージョンにしてやります!

7/26(日)15:00〜「たっちゃんのリモート紙芝居ライブ3」ゲスト出演 なにぬの屋渋沢やこ詳細および、チケットの購入は、「紙芝居屋さんドットコム」https://kamishibai.stores.jp/#なにぬの屋#なにぬの屋渋沢やこ#紙芝居#かみしばい#マーガレット一家#紙芝居屋さんドットコム#紙芝居のたっちゃん

なにぬの屋zoom公演!!(紙芝居のたっちゃんのリモートライブにゲスト出演)

ごあんないします!!
コロナ禍で、対面した直接の仕事が4月からいったんすべて無くなりました。が、それは私だけでなくほぼ皆同業のパフォーマーがそうでした。切り詰めて暮らしながら、新作を準備したり、前回ご案内したYouTubeをあげたり。

7月の今、対面の公演や親子遊びなど復活してきました。感染拡大防止の万全な対策をして、主催者さんと相談しながら。

それと並行して、zoom(ビデオ会議のアプリ)を使った企画には積極的に参加しています。それは、もちろんコロナ禍でまだまだ外出が心配な方がいるからですが。小さい兄弟姉妹が具合が悪くて観劇には行けないという親子だったり、身体に障がいがあって出かけることは困難だったり、世界各地からつながりたい!だったりそんな今までつながり切れなかった人とつながれる可能性のあるツールだからです。

YouTubeと違うのはzoomはライブなので、ハプニングもあり^^;直接対面しているときに大事にしている「温度」も伝えていきたい!そんな気持ちで私が動いていたら!!!同じ考えを持った!!熱血紙芝居師のたっちゃんから
誘って頂きました。ほぼ無料のものが続く昨今ですが、有料のシステムを作ってくれてこうやってどんどんパフォーマーをゲストに呼んでくれる意気込みだそうです。

zoom初の方も、もう駆使している方も、親子で参加の方は参加チケットの方が双方向で突っ込みも入れあえる(笑)ので面白いですよ。観覧の方はビデオオフなので、私たちから突っ込まれることはなく(笑)安心してみるだけ(笑)です。

ぜひぜひ!私に直接問い合わせてくれてもOK!!

info@naninunoya.net

7/26(日)

「たっちゃんのリモート紙芝居ライブ3」
を開催します!
今回のスペシャルゲストは、福島県から出演してくれます
『なにぬの屋・渋沢やこ』さんです!
やこちゃんファンのみなさま、お待たせしました~♪
\(^O^)/
日時:7/26(日) 15:00〜16:00
(14:30から「zoom」のミーティングルームを開場します)
チケット代金:
「参加」1,500円(15組限定)
「観覧」1,000円(80組限定)
詳細および、チケットの購入は、
「紙芝居屋さんドットコム」
をご覧下さい♪
画像に含まれている可能性があるもの:2人、渋沢 やこ 康子さんを含む、テキスト

期間限定ですがなにぬの屋 ユーチューブでご覧ください!

先日は、のざわテットーひろばさんで、オンライン公演をさせてもらいました。

参加してくれた親子の皆さんありがとうございました。

私は楽しく挑戦していたつもりでしたが、子どもをキュと引きつけるまではいかなかったかも知れず、それでも最後まで手を振りご参加下さりありがとうございました。

zoomの文字機能を使うと聴覚障害のある方にも、司会の言葉が伝わりやすくなるなど、のざわテットーひろばさんの対応に、ふむふむと勉強になりました。

なにぬの屋の布芝居は、普段は私の身体の動きとしゃべりでストーリーを進めていくので、場面も3場面しかなく、しかもカメラ固定となると

これはzoomや、動画配信は工夫がいるなぁと思い

自粛期間の4月、誰もいない公園で(笑)動画を撮り練習していました。

 

これは、パフォーマンス仲間のクラウンヤマちゃんに感銘を受けたのです。ヤマちゃんは3月から、毎日稽古してそれを編集して見ている人も楽しいようにユーチューブにあげていました。

私も!とは思ったけど、私はあげる段階ではないので

、ユーチューブチャンネルはずっと自分専用(笑)一人で練習動画をアップして見ていました。^ ^

 

さて。オンライン公演では、デザイン画の松本美穂さんにお願いして、場面を追加し、チクチク縫い、その日を迎えました。だから新バージョン。その動画は撮っていないので。

 

旧バージョンの、4月に撮っていた練習動画を素人編集でつないで字幕をつけたものをユーチューブにアップしたので、

布芝居何はじめて見るという方、オンライン公演見られなかった方、もう一度見たい方、ずいぶん前に見た方、ぜひ一度見てみてください。

10分あるのでお手すきな時に^ ^

7月末まで公開します。

https://youtu.be/g7i51SSNi5Y

なにぬの屋 オンライン公演あります!6月27日㈯10:30~11:30!!

お知らせが間際になりました!!

最近は、多言語読み聞かせの活動でオンラインづいていたなにぬの屋ですが、

布芝居のお話を、オンライン(今回はzoomを使用します)公演は、はじめて!
です。

 

実は、4月の初めに、もう仲間がみんな動画配信に頑張っているのに影響を受けて、近所の誰もいない公園へ

行き、一人で撮影をしていました。その時には、英語字幕をつけてユーチューブ配信は?という話もあり、英訳も頼んだりしていやのですが、

挫折^^;

というか。動画でみると、ふだん、こどもたちとの 掛け合いでやっている部分とか、まったく覇気がなく(笑)

のったりした間ができていて最高につまらない・・。じゃ、ちょっと編集なんてすると・・今度は、演出方法?が気になる^^;

固定カメラですからね。そして、それはzoomでも同じく一人で撮影、カメラは固定なので^^;

ずっと、ためらっていました。

なにぬの屋の代表作「カメのこうらはひびだらけ」実は、場面が3場面しかないので、絵が変わらないつまらなさも

相当ありました・・・・そこをなんとかして!オンライン公演に挑戦しようと思います。
お話の前にはちょっと体を動かしたりしたいと思います。
どうぞ親子でゆる~~くご参加ください。

20組までなので、ご予約をお願いします。

以下

【参加者募集:2020.06.27 布で作った紙芝居!?「なにぬの屋」オンライン公演】

布で作った紙芝居(布芝居)にあわせて、パフォーマーの渋沢やこさんが物語を演じます。
手ぬぐいや帽子といった身近な小道具による仕掛けや全身を使った迫力ある表現の世界に引き込まれます。
オンラインイベントで、子どもたちと一緒に素敵なひとときを過ごしましょう。

◆「Zoom」を利用したオンライン開催といたします。
事前申し込みが必要になりますので、申し込みフォーム(下記リンク)からお申し込みください。

◆チラシはこちらからダウンロードできます!
https://bit.ly/3dZgenT

■日時:6月27日(土)10:30~11:30
■場所:オンライン会議室「Zoom」
■定員:20組(先着)
■参加費:無料

■パフォーマー:渋沢やこさん(布芝居「なにぬの屋」主宰)
世田谷区の「駒沢はらっぱプレーパーク」でプレーワーカーを2年間務めた後、児童演劇を専門に活動する「劇団風の子」に入団して全国各地で公演。退団後、フリーの俳優として舞台出演しながら、2006年より「なにぬの屋」を始める。現在も全国を飛び回りながら活動している。

■お申し込み:申し込みフォーム(https://bit.ly/30fX4X1)からお願いいたします

■お問い合わせ:
のざわテットーひろば
東京都世田谷区野沢3-14-22
Tel 03-3418-9950 / Mail tettohiroba@gmail.com

■主催:NPO法人野沢3丁目遊び場づくりの会

★オンラインイベントに参加するには?★
このイベントは、ビデオ会議サービス「Zoom」を利用して開催します。
「オンラインって難しそう…」と思われるかもしれませんが、実はとっても簡単!専門的な知識・技術を必要としません。

詳しい参加方法については、事前にお送りするメールにて詳細をご連絡します。
また、ブログでも「オンラインイベント参加のトリセツ」を公開していますので、よろしければこちらからご覧ください。
http://tetto.jugem.jp/?eid=1904