Monthly Archives: 10月 2012

2012
10/29

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

長野県高遠(たかとう)虹の市でなにぬの屋!

前日、埼玉から移動して高遠に着いたのは、夜10時!!途中の山道は真っ暗で一人で運転している・・と思うと怖いので「怖くない怖くない」と言い聞かせながら運転。すると、出るわ出るわ(笑)  鹿!!狸!?もっと小さいのなんだあれ?^^

考えたら急に出てくるのが、鹿でよかった。ああいう道では急に人が出てきた方が怖いですよね(笑)

泊めてもらったのは、世田谷の冒険遊び場(プレーパーク)で15年プレーリーダーをしていたのりたけこと横山紀子ちゃん^^と旦那さんの横山晴樹(よっさん)さんの新居。

新居と言っても築100年の古民家!!を直しながら住んでいるという・・・実は8月にも行っていてその時は壁がなかった

今回壁はできているもののその下に空洞あるし(笑)めちゃ寒いので、寝袋持ってきて!!って^^;極寒キャンプか

先に到着していた5人の、やはりプレーパークせたがやのメンバーと超豪華に楽しく寒~い夜を過ごしました。

さて28日の虹の市は朝から雨模様。でも「晴れさせる」というのりたけの言葉どおり、なんとかお天気持ちました。昨日に引き続きなサプライズで、古くからの友人で今は山梨に住むその名も紀子ちゃんが、中央道を飛ばして見に来てくれた。しかも、場所はネットで調べて・・・本当にありがたいな~

去年の夏に1回、今年の夏に2回目、今回3回目なのですが、「投げ銭」を回してくれて毎回励ましの言葉をくれて、心あたたまる時間を逆に私がもらえる。そんな公演を今日は2回も。私も張り切って、午前午後作品を変えて登場。

 

ずっと私のそばにいて、ずっと布芝居に出てきた場面をずっとごっこ遊びしている幼児ちゃんが可愛かった。

あと私の口真似をする小学生「なにがなんだかなにぬのや~」

私、なにが「なんだか」なんて言ってないけど(笑)勝手にイメージでやってて可笑しかった。

帰りは、中央道を甲府で降りて紀子ちゃんと食事。放浪芸人の醍醐味。各地で色々な人と会い、美味しいものを食べる^^紅葉もきれいでしたよ~

 

2012
10/29

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

10/27(土)さいたま市でなにぬの屋!!

さいたま市西区子育て支援フェア大盛況!!でした。
まず、大道芸(バルーンなど)のオープニングから、児童センターや幼稚園さんによるゲームや変装コーナー大盛り上がり!!そして、似顔絵は整理券が配られ抽選になるほど大盛況!!
今年で2回目ということですが、乳幼児親子が来やすいイベントになっているのですね。

私、なにぬの屋は今年初めての参加。ホールの横のお部屋「おはなし広場」にて。また地下の部屋でもコンサートをやっている。お客さんは好きなところに見に行く感じ。最初、なにぬの屋の部屋に人が入っていないという事で、何回も放送を入れてくれました。が、まあこじんまりやるのもいい^^と10人くらいのお客さんで始めて、ドアは開けたままやっていると・・・途中から増えてきました。自分でいうのもなんですがお家でくつろいでいるように見てもらう・・事ができたと思います^^
2回目はびっくりしたのですが、部屋に入りきらないくらい満員!!立ち見のお客さんまで!!おかげでちょっと部屋が暑くなっちゃいましたが楽しかった。2回みてくれた子も!!

今回、先輩けんけんくじらさんが見に来てくれて少しアドバイスも頂けた^^
それからお知らせしてなかったのに、ブログをチェックしてくれて!?大学時代の友人が見に来てくれました。地元だから^^と言って2回とも見てくれて片づけまで手伝ってくれた。それから、この日埼玉から長野へ移動^^;と知って差し入れのクッキーも・・・これ美味しかったし、助かりました(移動でお腹空いちゃっって^^;)

企画・運営のNPO法人子ども文化ステーションの皆様お世話になりました!!

2012
10/27

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

明日(もう今日)は埼玉でなにぬの屋

10月27日土曜日はこちらです

1時からと2時から、どちらも30分くらい

http://www.city.saitama.jp/www/contents/1311665211559/index.html

2012
10/27

Category:
未分類

COMMENTS:
1 Comment »

南相馬市、高見公園オープニングセレモニー

伊達市の次の日に行った南相馬。着いたとたん、「やっこちゃ~ん」「ぬのしばいやさ~ん」と両手をひろげて迎えてくれた。実はハグが苦手な私^^;(性格です)でも、思わず両手を広げて抱き合っちゃいました。南相馬のみんな共和国のメンバーは高校生もいるのだけど、こんなふうに先に両手を広げてくれたり、とにかく体当たりしても大丈夫!?という空気を感じる素敵な集団です。それぞれがそれぞれでもあるところもいい^^

東京にいると除染についてや線量の高さについて色々意見があるけれど、みんな共和国の活動は徹底的に除染をしたり、大人も!子どもも念頭において遊具を設置したりなにより色々な人が関わって、その地域の人がその地域を考える強さを感じます。私は支援に行っているという感覚はなく、学びに行っている気持ちです。

様子は私が説明するよりこちらを

http://yumesoso.jp/yutadosa/archives/6672.html

 

南相馬の夜は地域の「おかあさん」的存在のKさんのお宅に泊めてもらいました。家族の中に入ってお喋りして、美味しいお鍋食べて、テレビも一緒に「ビフォーアフター」を見て、しかも最後テレビ見て泣いちゃうという(笑)超リラックス~ちゃっかりしてきました。夏に会ってたくさん喋った浪江町から避難しているおばあちゃんにも再会できた。第2の故郷いくつあるんだ?という感じ。

私みたいな放浪芸人は、何ができるって?その地域で頑張っている人たちを心から尊敬することからだよな。とすとんと胸に落ちた南相馬でした。

2012
10/27

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

福島県伊達市「だてな復魂祭」

早く報告をと思ったけど、色々なことを想ってどう表せばいいのだろうと迷ったのが福島県の特に今回初めて行った伊達市の事。

 

去年も行われたという地域のお祭り「だてな復魂祭」の中で、乳幼児や小学生が遊んで行ける室内の遊び場「ちびっこひろば」を開催するということで、そこに、冒険遊び場つながりの元横浜のプレーリーダー「のりえもん」が関わっていてつながった・・・ざっくり言えばそうなんですが、これはなんか不思議な縁を感じる・・本当に急に決まって仲間がみんな「おう!行くよ」と駆けつけた。なんでだろう・・・ずっと考えている・・・

 

伊達市や福島市は南相馬市などよりも放射線量が高く、子どもたちは時間を決めてしか外では遊べない状態、遊びは室内。いつも室内。だとストレスもたまるし、「最近はちょっと走っても息切れする子も出てきて・・」と社会福祉協議会の方が言っていました。

だから、室内でも思いっきり遊べる場所を!!と公民館の72畳の和室に段ボールをどどーん!どんぐりや木の輪切りなどでものつくりコーナー、静岡のNPO法人ゆめ・まち・ねっとさんによる地域の取り組みの紹介、のんびりまったりスペースなど。その中に「布でつくった紙芝居なにぬの屋」も11時頃と1時半頃!登場。遊び場でやるときは時間は流動的な方がいいと思うと私が言って「頃」とお知らせしてもらった^^なので布芝居した後はずっと遊んでました

 

印象に残ったのは「どんぐり」の事。JIMNETのまりりん(福島市で活動、私は新たに出会った)と話していて彼女から聞いた・・・「東京で集めたどんぐり、よかったら持って帰っていいですよ」と言ったら「じゃぁお友達の分も」と言ってもらわれ、とうとう全部なくなった現実。おかあさんの「あと何年近くのどんぐりは拾えないのだろう」という遠い目。しばらく、胸がしゅんとした。

去年知り合いの福島市の保育士さんから聞いた現状(落ち葉も拾えない、今までしていた体験ができないんですよ)が今年も・・と思うと。私何すればいいんだろう??

 

でもその保育士さんは言っていた、「なんとか工夫してやっていきます」強い信念だった。

私も保育士として働いていたこともあって、とにかく子どもと関わってきた中で、感じている事がある。子どもから遊ぶこと、自然に触れることを奪ってしまったら・・・それは子どもの「いのち」にかかわるという危機感。「いのち」って生命維持だけの事ではなくて、その子どもの生きる力になるような「いのち」・・輝いていてほしい「いのち」・・樹だったら幹になるところ、幹の中にある水のような。例えがなかなかできてないかな。

 

きっと「わかった飛んでいくよ!」と駆けつけた人も、「ここでがんばる」「なんとか工夫してやる」と言った人も、子どもに向き合えば向き合うほど危機感と「何が大事か」を考えさせられているそんな人たちだと感じました。これから私は具体的に何をしたらいいのか、わからないし、ぜんぜん報告になってないけど、線量の高い地域では、室内の遊び場と線量の低い地域の野外で活動する保養プログラム両方が求められているようです。

また行きます・・・必ず

(放射線量について・・南相馬市より高い・・と書いたくだりについて、「同じ市の中でも場所によって相当違う」ので一概に市で比べられないものだというのが書ききれていなくてすみません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012
10/27

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

気仙沼あそびーばーと東北を回るあそぼっかー

ここ1年半の私のブログには何回も登場する、私の第2の故郷のようになった

気仙沼、そして画像を見ると元気になるし、実物を見ても!元気になるあそぼっかー^^

 

数ある支援の中の一つではありますが、被災地で子どもに寄り添う支援をしています。

これもシェア

http://www.facebook.com/shinsaiasobiba

石巻の様子などもわかります。このあとあそぼっかーとは、福島県伊達市でも一緒になりました

http://www.facebook.com/asobiba.kesennuma

こちらはあそびーばー。去年10月からスタッフが気仙沼にひとり、仙台にひとり移り住んでいます。

 

http://www.playpark.jp/asobibasien/

支援金のご協力本当にありがとうございます

2012
10/27

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

仙台若林区ちびひろ!にてなにぬの屋

仙台に住む仲間で3日間快く泊めてくれた「おかん」は、若林区の海岸公園冒険広場のプレーリーダー。震災で津波をかぶり、今は閉鎖中。働く場所がない賃金もカット・・と思いきや、また別の震災復興の助成金などで、仮設住宅近くの公園に遊び場を出前する活動を行っている。

 

その名も「ちびひろ!」

海岸公園冒険広場は「ぼうひろ」って呼ばれている^^

今回のなにぬの屋の報告はちょっと楽して。。。おかんのブログ「出戻りおかんの玉手箱」を見てください!!

http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fkaigankouen.bouken-asobiba-net.com%2F&h=XAQGEWP4Q

2012
10/27

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

なにぬの屋・・山元町にて

日曜日の夜、郡山から仙台まで下道で移動。お金も節約だけど下見も兼ねて^^宿は仙台に住む仲間の家にお世話になる。月曜日は、震災後石巻で始まった「うらやまでプレーパーク」へ付いて行く。本当に学校の裏山。落ち着く・・・・

さて16日火曜日は、被災地へ舞台を届ける「支援室」からの派遣ということで山元町の幼稚園へ。

100名ほどの園児たちは可愛らしく明るくみてくれた。私の布芝居の後に「では園児からプレゼントです」と歌のプレゼントをしてくれた素敵な歌「ひまわり~おやくそく~」

この幼稚園は津波被害にあったのだけれど、10月には新園舎完成!!移ったばかりというところでした。

 

↑こう報告すると「被災地もだんだん復興が進んでいるのね」という印象を受ける、東京人な私を、仙台に住む冒険遊び場(プレーパーク)づくりをしている仲間がその幼稚園の仮住まいだった園舎と津波をかぶってしまった園舎に案内してくれた

 

元の園舎には、亡くなった園児と職員の方へのお花が供えてあり、そこにあったノートには・・・毎日のように訪ねてくる子どもが書いたのか「今日はキャンディ持ってきたよ。食べてね。」「自転車に乗れるようになった!」「明日運動会だよ」などが書かれありました。そして元園庭にはひまわりとコスモスが咲いていました。

また、1年ほど過ごした仮住まいの園舎にも案内してもらいました。壁には「ようちえんかしてくれてありがとう」などのメッセージが残してありました。聞けば職員室はとれないので先生の机は廊下だったとか。でも「だんごむしたのしかった」などの文をみると楽しかったこと、ほっとしたことなどが伺えます。先生がたも大変でしたね。

 

私たち演劇をするものは毎回毎回心をこめて演じる・・・に尽きるのですが。まだまだ感じたりない事がある。

案内してくれた冒険遊び場の仲間に感謝

 

最後に「ひまわり・・おやくそく」の歌は、亡くなった園児のご両親の作詞。園長先生の作曲だそうです。訴訟問題が起きている園や学校もある中で、このことはどんなことか・・・歌を聞いたら伝わって来ました。胸にしみました。子どもたちは元気よく可愛かった。調べたらネットで聞けるそうですが、なんとなく私はペタッと貼り付ける気持ちにならず、もしよかったら調べてみてください。

 

 

 

 

 

郡山ポコフェスタ!!

13日(土)14日(日)は郡山市のNPO法人ポコ連人(れんと)さん主催の子どものための人形劇、パフォーマー、太鼓・芸能・音楽など16組が集まった催しがありました。一日ずつ別会場。休日の過ごし方に劇を選んでくれた親子連れ。それぞれ楽しんでくれたようです。
私も楽しかったです。なぜって、同業者ではありますが、普段は見合うことができない例えば、名古屋から来ていたひと組さんとか、くすのき燕さん、げきだんはてなのうそまことさん、だるま森さん、ヘルシー松田さん!そんな方たちにいっぺんに会えてお芝居も見ることができるんですもの。全児演関東のただじゅんさんがまとめてくれた関東勢がまじめに見えるくらい?個性的な面々でした。

写真は手廻しオルガンのシェフいとうさんが撮ってくれました

 

 

 

 

郡山は実は3回目。震災後すぐの8月。そして、3月。で、今回10月。毎回、前ノリと言って前日には郡山入りしてきた・・のは、主催者さんと飲む・・いえいえ話をするため。ほとんどは面白い話で盛り上がっていますが、震災時の話やその後の状況などの話をして・・やっぱり最後は、子どもの話、文化の話。

 

 

印象に残った言葉は、当日お手伝いにきていた係りの女性の一人が、「たくさん笑って声出して笑ったり、ほっこりしたり、心がほぐれるわ。福島に住んでいる人は無意識で「私は平気」と思っていてもやっぱり相当のストレスがかかっているもの」と言っていたこと。

先輩方ともたくさん話した。芸の事、その他・・・。兵庫からいらしたフォークソングの「リピート山中」さんとは、たくさん話していたら、最後にCDもらっちゃいました^^郡山から仙台への移動で聞きました。ありがとうございます。
福島と神奈川どちらにもお家があるというラテンのチャボさんともたくさん話しました。それから地元の読み聞かせグループの方とも!

あっそうだ!!気仙沼で一緒になったボランティアの鈴木くんともばったり再会!?向こうは私が衣装来ていたんで驚いていました。(笑)

2012
10/13

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

郡山へ出発!!

なにぬの屋が最近手に入れた軽バンなにぬの屋号!!大活躍しているのでオイル交換と思ったら
オイルカラカラですよ!!って

「え~」

って事で紹介してもらった修理屋さんへ入院(軽バンがですよ)

修理屋さんがいい人すぎ(涙)で積んであった自転車ちゃんにまで!!空気を入れてパンクしてないか見てくれた(*^^*)

相変わらずの満載…何故かキャンプ用品、寝袋、銀マット入ってます(笑)

郡山から→石巻→仙台→気仙沼→伊達→南相馬と行ってきます

安全運転で (^-^)/