Monthly Archives: 3月 2013

2013
03/28

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
No Comments »

3月は卒園式(*^^*)卒会式(^-^)/

毎年2月から3月が忙しいなにぬの屋!!

3月はとくに、卒園前にお別れ会やお楽しみ会をした時の出し物として(*^^*)

また卒園式当日の出し物に呼ばれることもあります

ちょっと晴れやかな服装の新一年生は保育園ではすごく大人っぽく見えるけれど、小学校に行くと一番小さな一年生
劇団風の子時代は小学校の体育館でやる作品が多かった私は、3月と4月はそんな事を感じる時期でした
4月に行った小学校では1年生がマジで(>_<)迷子になっていたり…
お昼ごはん後にこっくりこっくりしていたり…

頑張れ1年生(^-^)/

そして、卒会式…というのは聞きなれない言葉だと思いますが
「自主保育」という主に野外活動を中心とした園舎のない保育で基本は預けあい。何人かの子どもたちに対し二人か三人の当番。当番でない親は家の事や仕事をしたり
でも当番の親御さんは自分の子ども以外の子も面倒を見る

学生が終わった後たまたま世田谷区の自主保育グループに出会った私はこんな保育の発想があるんだ~(^-^)/と目からうろこでした

そんな自主保育、野毛風の子さんの卒会式にも、なにぬの屋行ってきました。手作りの卒会証書が渡される、心のこもったプレゼントの数々
私は「なにぬの屋さんはリボンもついてない、箱にも入ってない、形に残らないプレゼント持ってきたんだけど…いいかな?」と聞いたら
4人の卒会児が「いいよ~」と声をそろえて言ってくれた!!

子どもは宝…と気仙沼の寺谷の方が言っていたなぁ

被災地の遊び場の話もする時間をとってくれました

親御さんたちが、たくさん話を聞きに来てくれた

3月はいいなぁ

2013
03/24

Category:
「なにぬの屋」

COMMENTS:
No Comments »

3/22浦和の仲本児童センターでなにぬの屋

22日は2ステージ♪
午前中は乳幼児の母子と児童センターと併設の高齢者ディケアの方々

午後は隣の保育園の年長さん、近くの学童クラブの子どもたち、そして児童センターに来ている子ども、もちろん乳幼児の母子も

打ち合わせから丁寧に対応して頂き
私が近くまで来たのに道に迷ってはまっていたら、大きな道まで迎えに来てくれるし
とにかく職員の方の雰囲気がよい

当日も地域とのつながりや若いおかあさん達が来やすい雰囲気をとても感じました

また反応も午前と午後でだいぶ違い
楽しかった~\(^-^)/

乳幼児の反応はその場で目に見えるものだけではないので不思議~

保育園児さんは元気がいい(*^^*)必ず立ち上がっちゃう男の子たち先生に注意されてたけど興味津々なんだろうな~可愛い

学童クラブさん…私は自分が学童っ子なので、こんな風に合流してくれることだけでもう嬉しい

カメのこうらはひびだらけ
へたれよめご

館長さんがおならの話に大爆笑
高齢の方もニコニコ

口々によかったと言ってもらえて…私の方が行ってよかった~(*^^*)

また是非ぜひ会えますように
sivyakko @gmail.com

なにぬの屋
やこ

2013
03/23

Category:
「なにぬの屋」

COMMENTS:
No Comments »

3月20日ありがとうございました!!

3、11を忘れない 命の尊さを謳う

ご来場頂いたお客様本当にありがとうございました!!

19日のドラマリーディング「空の村号」は戯曲賞の授賞式もありましたように
素晴らしい戯曲でした
劇作家の篠原久美子さんが福島県飯館村に足を運びできた作品です

空というフィクションの子どもの心に映した飯館村の風景、現実、子どもを村を思う大人の姿が描かれ…深く多角的に真に迫る作品でした

さっそくFacebookに紹介したところ…福島、南相馬に住む友人が「見てみたい」とコメントをくれました…見てほしい…本当にそう思う作品です

さて20日はメインホールでは、素敵な劇団が目白押し
仙台のほうねん座さんの大漁唄いこみは惚れ惚れ

人形劇のかわせみ座は以前客演させてもらった事があり、ものすごく精巧で操作の難しい愛すべき人形たちと再会(もちろんかわせみ座の方にも)できて嬉しかったです

私はロビー公演!!

けんけんくじらさんとのコラボ!!「アフリカ!!」が大好評でした(^.^)あんまり「よかったよかった」と言われまた是非やろうということになりました

なにぬの屋の布芝居はまだまだ無名ですので…今回初めて見た方(演劇関係者の諸先輩にも)に「へぇ~」と言ってもらえてまずよかったです
他にも面白いお芝居たくさんあるよ~という入口になれたら嬉しい

ただじゅんさんが会場のみんなの分を折ってくれたぱくぱくお獅子\(^-^)/ただじゅんさんにの被災地支援活動には頭さがります
仙台のてんたん人形劇さんもあたたかい素敵な作品でした

ご来場頂いたお客様本当にありがとうございました

2013
03/19

Category:
舞台出演!!

COMMENTS:
3 Comments »

3/30土曜日には布芝居と朗読

なにぬの屋の布芝居、実はまだ見る機会がないよ。見てないよ。という大人の方!今月末に飯田橋の駅近くにあるカフェでの公演にいらっしゃいませんか?

 

らたかるた公演「語りつぐことばvol6」

3/30(土)15時~  16時30分~

飯田橋カフェラブリコ 各回25名まで チケット2000円

お問い合わせ 直接、渋沢やこまでどうぞ

sivyakko@gmail.com

09035338509

 

早乙女勝元さんの「東京大空襲」の朗読は去年に続き2度目です

私は劇中の6歳の女の子にもなります

先日の稽古では身震いがしました

やはり怖いのです、命の危険にさらされた場面はたとえ活字を読むのでも辛い、怖い。それが実際に本当にあったことであるということも重い。

 

身近な人を亡くした友達が被災地の話を聞いているだけでフラッシュバックを起こしてしまった事があるので・・辛くて思い出したくないことは思い出さないように生きるのは本能かもしれないと思いました。

なので、やめておく方もいてよいのです

俳優も身体を通して声を出すということは実は危険な作業、簡単ではないことだってあります。感性だけでなく訓練がいるのはそのためでもあります

 

去年の私のお客さんの感想

 

その日は「あぁ昔あったことだよねぇ」という気持ちで聞いていたのが、次の日の朝起きた時なぜか「命、大切にしよう」と思った・・あれ、生の舞台の力だよねー何か押してくるものがあったよ

 

今回も一番最初に私の布芝居「かめのこうらはひびだらけ」

そして、南三陸の詩人 須藤洋平さんの詩の朗読あり

早乙女勝元さん「東京大空襲」

お国言葉で語る詩もあります

http://www.facebook.com/#!/events/497598443632501/

 

 

 

 

 

2013
03/18

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

3/20(水・祝)新宿全労済ホールスペースゼロにて

「3・11を忘れない 命の尊さを謳う」が開催されます

児童・青少年演劇の各劇団や音楽団体、人形劇、パントマイム・・と様々なジャンルの劇団が一挙に上演するスタイル。

被災地に子どものための舞台芸術を届ける「支援室」

私はここから何度か交通費を出してもらい被災地公演に向かいました

 

今回の収益もチャリティー(被災地からの要請に応えるための資金)ですが

それよりも大きいのは、「忘れない」ことと「命を謳う」ということ

 

この「謳う」は実に演劇人、音楽をやる人が使うに深みのある言葉です

歌う唄う謳う

今だからこそ「謳う」のさ

企画を聞いた時に演劇界の先輩に熱く語られました。即、出演することにしました・・が今から思えば私の周りの人はみんな語り口調が熱いんだった。

 

福島の警戒区域から避難している友達からメールが来て、「ありがたいなぁ忘れずにいてくれて」とありました。

彼女は今は「ひっそりと」くらしていると。

 

高らかにう「謳う」だけではだめです「命について考え続け・・命を脅かす現状には声を上げ続ける大切さをかみしめて」おなかの底から謳わなければ

 

なにぬの屋は普段通り「布の紙芝居」をします^^ほかの出演者もどれもおすすめです。どうぞお出かけください

http://www.jienkyo.or.jp/pfc2011/pdf/20130319_20.pdf

 

 

 

 

 

 

2013
03/18

Category:
プレーパーク

COMMENTS:
2 Comments »

劇団そら、今年の台本・・完成!!

1月からずっと宿題として預かった、劇団そらの中1女子2人、小6女子1人の書いた台本

(劇団そらは世田谷区のプレーパークに遊びに来る子どもたちの中で「演劇やりたい」という子たちで集まり毎年オリジナルストーリーを発表しています)

劇団そらは・・・とにかく集まれば遊ぶ遊ぶ遊ぶ・・・

鬼ごっこが一番多いですが^^たまに!?劇ごっこもします。おでんの具になって会話する(笑)とか、ざっくり言えば「即興」とか「エチュード」

劇団そら・・・というか私の特徴として・・

即興で遊ぶんだけど発表すると決めたら、一度台本に起こします。私は大脚本家ではないけれど、劇ごっこして遊んだり、うだうだ雑談している時に出てきた会話の記憶力がめちゃめちゃいい!という特技があります^^

今年はどんな劇がいい?と聞くと中学生たちは「学園ものがいい制服が着たい」と言い、小2、3年ちゃんは「動物がやりたい」と言い張る(笑)

 

なので、私が「制服」「動物」というキーワードだけで書いた物語3ページを見せて続きを劇ごっこしたの・・・が10月。そうしたら、女の子3人が次々と続きの台本を書いてきた!!多い子は15ページも!!

小2から6年目の付き合いで中1になった子が台本渡してくれた時は涙出そうになりました。

 

そう、子どもたちだけで発表するくらいのそんな表現の欲の種を育ててほしい・・と思っていたから。

 

でも、劇団そらの難点であり長所であり悩みどころは、気まぐれ小学生たちと突然やりたいと言った子も拒まず受け入れる・・・去年なんて1日前にメンバー増えて台本も変わった・・・柔軟性!?鍛えられます

 

だからこれがパズルみたいで、女の子たち3人の台本をつなぎ合わせるだけでは成り立たない。難航するわ訳です

 

1月からどこにいくにもみんなの台本を持って、3月に入ってからは夜な夜な旅先でも台本書き、彼女たちの言葉を変えてしまうことはしない、のだけど。彼女たちの表現したいものは何?をひたすら探す探す探す

彼女たちが影響されたという本や映画を見たり、個人面談とかいってごはん食べに行ったり

 

出来上がった台本は、大人である「私が手を加えた」というより、むしろ、何度か却下(笑)されたあとのもの

 

先日の練習で「やっこ、劇団そらの台本って毎回感動するよね」と言ってもらえたのが嬉しい。「やっこが書いた台本」と言われなかったことも、「毎回」ってひいき目だろうと思いながらも、嬉しかったぁ

 

さてさて、これからが一山、ふた山あります。毎年直前に熱出る子、恥ずかしくなっちゃう子、そして、突然出たい!も大歓迎^^もちろんお客さんとしてはお楽しみにしていてください

発表の詳細は後日ですが、4月4日木曜日

三軒茶屋のボランティアセンターにて夜公演を考えています。無料。会議室をお借りしてやる小さな公演です

 

2013
03/15

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

3月14日仙台市若林区にて、3月15日世田谷区上町で

3月14日木曜日、仙台市若林区上荒井公会堂出前遊び場「ちびひろ」にてなにぬの屋!!やってきました♪
前回見て覚えてくれていた人もいましたね

有り難いことです

前回見てくれた子が家へ帰るなり「なにぬの屋~♪」と歌ってると情報を寄せてくれたところです(2歳なるかならないか…の子)
その子はまた、今回は一段と神妙に聞いていました(*^^*)半年で随分成長したんだな~お話もうなずきながら聞いてくれました

 

そして15日金曜日は
東京に戻り、世田谷区上町児童館でなにぬの屋!!です!

客席スペースに対して、きつすぎず、ゆるすぎず母子がそれぞれ座ってよく見えるくらいの理想的な人数で

とてもやりやすかったです

「あめのひかくれんぼ」をやりました

終わったあと、ずっと「りんごちゃん」「りんごちゃん」と言っている子がいました(*^^*)まだお話の中に入っているんだなぁ

子どもってすごいですよね!!そして児童館の職員さんも(先生とは呼ばずにみんな「なりちゃん」と呼んでいます)本番中に歩き回っている子をみて「かくれんぼしたくなっちゃったのねぇ」と優しい。

なりちゃんとは劇団そらで上町児童館をお借りしたころから徐々にお話し、今は子どもを取り巻く現状にも話がおよんでいく仲になった心強い存在です。こうやってひとつひとつの公演でがっつり話し込める関係は嬉しいです。終わった後も何人かのお母さんとお話できました。

たくさんの発見に満ちているであろう幼児期が豊かに過ごせるように^^

あぁ上町児童館でなにぬの屋が実現してよかった^^

2013
03/15

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

3月11日からの3日間

去年の3月11日も過ごした気仙沼あそびーばー

今年も…というか…2年目というのは3回忌

10日の夜行バスに飛び乗りやはり気仙沼あそびーばーで過ごしました

だからと言って、遊び場に来る子どもたちと厳かに「今日は静かにさ」などと過ごすわけではなく、いつも通り

小学生は午前は震災の日として式があり、短縮できる午後には下校
久しぶりの子もあそびーばーにやってきました

私は一人の子と一緒にいたので、2時46分サイレンが鳴ると二人で手を合わせましたが、他の子はお喋りを楽しんでいました
どの子も午前中手を合わせてきたはず、遊び場の中では、もうそれぞれ…自由です

あそびーばーを支える側に立って下さっている地元の振興会の美和子さんの言葉は印象的

「子ども達には3月11日をずっと忘れず大事に思い返してほしい…」「それと相反するけれど3月11日の事を忘れてしまうくらいの時間をここあそびーばーで過ごしてほしい」
地元の方の言葉は重く深いです

11日から3日間
去年から気仙沼に移り住み常駐プレーリーダーをしているかんぺーや他NGOスタッフと語り合った3日間、かと思えば、町の灯りや港の灯りを見て黙って想いを巡らせた3日間、ふと見上げた星空が綺麗だった3日間でした

14日は仙台へ移動…被災した冒険広場の復旧はまだまだ先…そこで、出前遊び場を始めた仲間のところでなにぬの屋!!

でも交通費は申請して出して頂きました、有り難いことですね

被災地で頂いたお金(助成金で出して頂く交通費など)はまた被災地で帰そうと思っています…でも、長く応援し続けるために…私も無理せず(^_^)いきますね

何回、北上しても、私は何をやっているんだか…と想いは残りますが
静かに胸に手を当てて

やっぱり、子どものいるとこどこへでも\(^-^)/

2013
03/11

Category:
未分類

COMMENTS:
2 Comments »

浅草に来て下さりありがとうございました(^-^)/

10日は午前中の足立区から移動、久しぶりに車でなく、カートでゴロゴロ(>_<)日曜日の浅草寺前を行くのを甘く見てたー大変だった!!

大江戸城という普段は無料休憩所で屋台で注文する形式のお食事処に着くと
私達より前の団体さんのステージが終わっていなくて(手違いがあったらしいです)お待たせしたお客さますみませんでした~(>_<)

私の所属劇団京楽座の同期が2歳の息子くんを連れて見に来てくれた!!けど、外はすごい煙霧で気分転換も難しい中、ありがとう(^-^)/本番になってからは私の演目より、手品を見てる時の表情が可愛かった。2歳くらいって手品見てもぽかんとしちゃう時が多いです(*^^*)そういうもの…と思って見ちゃうからね
でも、回りの人が「あれ!?」とかいうのでだんだん不思議さが増していく!!子ども本来の感受性と人との関わりで味わうものとどっちもあるのが、文化、芸能なのね(^-^)/と思う
同期の彼女が「ほら見て」と何回ものせてくれてたのも嬉しいですね

私の演目は「なにぬの屋のいっすんぼうし」

途中いつも鬼の役をお客さまにやって頂きます

今回も突然の振りに快く出てきてくださったお客さま!!ありがとうございました(^-^)/優しそうなあたたかい鬼さんでした(^-^)/

このブログの情報を見て見に来てくださったお客さま!!本当にありがとうございました(^-^)/

浅草で近かったからとふじやさんの手拭いを頂きました
目くじら…という柄
縦にむすんじゃいけないよ
目くじらをたてる…事になっちゃうからね…

粋ですね~

特に私はドジな自分にイライラしちゃうことが多く…目くじら立てずに日々いきたいと思います

さて、忙しい1日。10日の夜行バスで気仙沼へ
ずっと関わってきた気仙沼の遊び場へ行きます。2年といえば三回忌。静かな気持ちで。
そして、2年の間も日々成長している子どもたちに会いに。

2013
03/11

Category:
未分類

COMMENTS:
No Comments »

3/10日曜日足立区保塚地域学習センターでなにぬの屋!

さて10日は忙しい日です。午前中は11時30分から足立区で公演!

午後は14時から浅草で被災地復興支援チャリティーライブ出演!

 

保塚地域学習センターでは「赤ちゃんとキッズのイベントワールド」

初めての試みということです。

後になってお聞きしたところ、つくばエキスプレスの開業に伴い若い親子が増えている地域なんです・・来場者も予想を上回ったようです。イベントだけではなくて、日常から集いやすい場所にしていきたい・・とも話していました。

イベントの中のベビーマッサージなど一部の講座は予約で一杯のようでした。人気ありますよね。なにぬの屋は?というと

奥のメイン会場へいく前のロビー、そんなに足をとめてもらえるかなー?逆にたくさん来すぎると細長いので通り道がなくなっちゃうし・・というところ。

 

いつものように歌を歌って、ハンカチで色々作っていると・・たくさん集まってきてくれました。どうしても見にくかった方たちはごめんなさいでしたが、いい空間になったと思います。終わったあと何回もにこにこ私の前を通りすぎる子もいて可愛かった^^

ダッシュで片づけ、つくばエキスプレスで浅草へ!!近いのでできるスケジュールでした^^;

保塚地域学習センターのみなさんありがとうございました。